フェリックス・シュトルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェリックス・シュトルム
Felix Sturm 2012-03-30.JPG
フェリックス・シュトルム(2012年3月)
基本情報
本名 アドナン・チャティッチ
通称 The Fighter(ファイター)
Leonidas
階級 スーパーミドル級
身長 181cm
リーチ 185cm
国籍 ドイツの旗 ドイツ
誕生日 1979年1月31日(37歳)
出身地 レーヴァークーゼン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 49
勝ち 40
KO勝ち 18
敗け 5
引き分け 3
無効試合 1
テンプレートを表示
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
男子 ボクシング
ヨーロッパボクシング選手権
2000 タンペレ ライトミドル級

フェリックス・シュトルムFelix Sturm、男性、1979年1月31日 - )は、ドイツプロボクサー。本名はアドナン・チャティッチ (Adnan Ćatić)。第14代WBO世界ミドル級王者。元WBA世界ミドル級スーパー王者。第12代IBF世界ミドル級王者。現WBA世界スーパーミドル級スーパー王者。世界2階級制覇王者。愛称はThe Fighter(ファイター)。鋭いジャブを中心に試合を組み立てる技巧派アウトボクサー。ドイツでは絶大な人気を誇る。プロモーターとしても活躍しており、シュトルム・ボクシングを主催している。

来歴[編集]

ドイツ、レーヴァークーゼン出身。ボスニア・ヘルツェゴビナから戦乱を逃れて移住した難民を両親にもつボスニアドイツ人である。

アマチュア時代[編集]

1997年11月、ドイツ選手権にライトミドル級(71kg)で出場し、決勝でユルゲン・ブリーマーに敗れ2位で終えた[1]

1998年10月、ドイツ選手権にライトミドル級(71kg)で出場し、優勝した[2]

1999年5月、ドイツ選手権にライトミドル級(71kg)で出場し、2連覇を果たした[3]

1999年8月、ヒューストンで開催された世界ボクシング選手権にライトミドル級(71kg)で出場し、カザフスタンイェルマハン・イブライモフ英語版に敗れ2回戦で敗退した[4]

2000年5月、タンペレで開催されたヨーロッパアマチュアボクシング選手権にライトミドル級(71kg)で出場し、優勝した[5]

200年9月、シドニーオリンピックにライトミドル級(71kg)で出場し、3回戦でジャーメイン・テイラーアメリカ合衆国)に敗れた。

アマチュア通算戦績は122戦113勝[6]

プロ時代[編集]

オリンピック後の2001年1月27日に、ユニベルスム・ボックス・プロモーションと契約を交わしてフェリックス・シュトルムのリングネームでプロデビューした。「シュトルム」はドイツ語で「嵐」の意味。

アマチュアで培った技術をベースに、守備を堅めつつジャブを中心とした攻撃でポイントを取るアウトボクシングで勝利を重ねた。

2003年3月8日、IBF世界ミドル級ユース王座を獲得。

2003年7月12日、WBOインターコンチネンタルミドル級王座を獲得した。

2003年9月13日、当初予定されていた挑戦者が負傷したために代役として初の世界挑戦。ベルリンのエストレル・コンベンションセンターでWBO世界ミドル級王者ハビエル・ベラスコアルゼンチン)と対戦し、12回2-1(115-113、116-112、113-115)の判定勝ちを収め初挑戦にして王座獲得に成功した。

2004年6月5日、MGMグランド・ガーデン・アリーナオスカー・デ・ラ・ホーヤアメリカ)と対戦し、プロ初黒星となる12回0-3(3者共に113-115)の判定負けを喫し2度目の防衛に失敗、王座から陥落した。なお、デラホーヤはこの勝利により史上初の6階級制覇を達成した。

デラホーヤ戦後、2004年9月18日にWBOインターコンチネンタルミドル級王座を獲得し[7]

2005年6月18日、WBOインターコンチネンタル王座の2度目の防衛戦とWBA世界ミドル級挑戦者決定戦を兼ねた試合でホルヘ・センドラ(スペイン)に3-0の判定で勝ちを収め挑戦権を獲得した[8][9]

2006年3月11日にハンブルクカラー・ライン・アレーナマセリノ・マソー英語版ニュージーランド)と対戦し、12回3-0(2者が117-111、115-113)の判定勝ちを収め王座を獲得した[10]

2006年7月15日にハンブルクのカラー・ライン・アレーナでハビエル・カスティリェホ(スペイン)対戦し10回2分47秒TKO負けを喫し、王座から陥落した[11]

2006年12月2日に復帰戦としてミドル級10回戦を行い、この試合を6回TKOで勝利した[12]

2007年4月28日にオーバーハウゼンケーニッヒ・ピルスナー・アレーナでカスティリェホと再戦して12回3-0(2者が116-112、115-114) の判定勝ちを収め王座返り咲きに成功した[13]

2007年6月30日、ノエ・トゥリオ・ゴンザレス・アルコバ(ウルグアイ)と対戦し、一人のジャッジ者がフルマークを付ける12回3-0の判定で快勝し初防衛に成功した[14]

2007年10月20日、ランディ・グリフィン(アメリカ)と対戦し、12回1-1(115-114、114-117、114-114)の判定で引き分けたが2度目の防衛に成功した[15]

2008年4月5日、ジェイミー・ピットマン(オーストラリア)と対戦し、7回TKO勝ちで3度目の防衛に成功した。またピットマンはプロ初黒星となった。

2008年7月5日、ランディ・グリフィンと再戦を行い、12回3-0(116-112、116-113、118-110)の判定勝ちを収め4度目の防衛に成功した[16]

2008年11月1日、ドイツ・ノルトラインオーバーハウゼンケーニッヒ・ピルスナー・アレーナセバスチャン・シルベスターと対戦し、12回3-0(119-109、2者が118-110)の判定勝ちを収め5度目の防衛に成功した[17]

2009年4月25日、クレーフェルトケーニッヒ・パラストでWBA世界ミドル級14位の佐藤幸治日本帝拳)と対戦し、7回2分46秒TKO勝ちを収め6度目の防衛に成功した[18]

2009年7月11日、ニュルブルクリンクのニュルブルクリンク・レーストラックでコーレン・ゲボル英語版アルメニア)と対戦し、12回3-0(117-111、2者が115-113)の判定勝ちを収め7度目の防衛に成功した[19]。この後、WBAによりスーパー王座認定を受けた。

2010年9月4日、ケルンランクセス・アレーナでWBA世界ミドル級7位のジョバンニ・ロレンゾ(ドミニカ共和国)と対戦し、12回3-0(118-111、2者が117-111)の判定勝ちを収め8度目の防衛に成功した[20]

2011年2月19日、シュトゥットガルトポルシェ・アレーナトーマス・ハーンズの息子でWBA世界ミドル級12位のロナルド・ハーンズ(アメリカ)と対戦し、7回48秒TKO勝ちを収め9度目の防衛に成功した[21]

2011年6月25日、ケルンランクセス・アレーナでWBA世界ミドル級2位のマシュー・マックリンイギリス)と対戦し、12回2-1(2者が116-112、113-115)の判定勝ちで10度目の防衛に成功した[22][23]

2011年9月24日の試合を最後に所属していたユニベルスム・ボックス・プロモーションズが崩壊。ザウアーランド・イベントにプロモートを全て譲渡する形で吸収合併し、シュトルムは独立してシュトルムボクシングを設立した。

2011年12月2日、マンハイムSAPアレーナでWBA世界ミドル級3位のマーティン・マレー(イギリス)と対戦し、12回1-1(116-112、114-114、113-115)の判定で引き分けたが11度目の防衛に成功した[24]

2012年4月13日、ケルンランクセス・アレーナでWBA世界ミドル級4位で元WBC世界ミドル級王者のセバスチャン・ズビク(ドイツ)と対戦し、ズビクの9回終了時に棄権した為12度目の防衛に成功した。試合後、秋にWBO世界ミドル級王者のディミトリー・ピログとの王座統一戦を希望する意向を表明した[25]

2012年9月1日、オーバーハウゼンケーニッヒ・ピルスナー・アレーナでIBF世界ミドル級王者ダニエル・ゲールオーストラリア)と王座統一戦を行い、12回1-2(116-112、2者が112-116)の判定負けを喫し王座統一に失敗、WBA王座は13度目の防衛に失敗し王座から陥落、IBF王座獲得に失敗した[26]

2013年2月1日、デュッセルドルフISSドームでIBF世界ミドル級1位のサム・ソリマン(オーストラリア)とIBF世界ミドル級挑戦者決定戦を行い、2回にダウンを奪ったものの12回0-3(111-116、113-114、113-114)の判定負けを喫した[27]。しかしソリマンは試合後のドーピング検査で陽性反応となり、指名挑戦権も剥奪され試合結果がノーコンテストに変更された[28]

2013年7月6日、ドルトムントヴェストファーレンハレンでIBF世界ミドル級4位のプレドラッグ・ラドセビッチ(モンテネグロ)とIBF世界ミドル級挑戦者決定戦を行い、3回に1度、4回に2度のダウンを奪い4回2分17秒TKO勝ちを収め挑戦権を獲得した[29]

2013年12月7日、シュトゥットガルトのポルシェ・アレーナでIBF世界ミドル級王者ダレン・バーカーと対戦し、2回2分9秒TKO勝ちを収め、4度目の王座獲得と共にWBA、WBOに続きIBFでの王座獲得に成功した[30]

2014年5月31日、クレーフェルトケーニッヒ・パラストでIBF世界ミドル級1位のサム・ソリマンと指名試合で対戦。1年3か月振りの再戦だったが12回0-3(111-117、2者が110-118)の判定負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[31]

2014年6月1日、WBAは最新ランキングを発表し、シュトルムをWBA世界ミドル級6位にランクインした[32]

2014年6月22日、IBFは最新ランキングを発表し、上述のソリマン戦で王座から陥落したシュトルムをIBF世界ミドル級5位にランクインした[33]

2014年10月10日、スーパーミドル級に転向し、WBA世界スーパーミドル級5位にランクインした[34]

2014年11月8日、シュトゥットガルトのポルシェ・アレーナでロベルト・ステイグリッツと75.5kgのキャッチウェイトながらスーパーミドル級進出12回戦で対戦し、12回1-1(115-113、113-115、113-113)の判定で引き分けとなった[35]

2014年11月12日、WBAは最新ランキングを発表し、シュトルムはWBA世界スーパーミドル級5位のまま変動はなかった[36]

2014年12月18日、WBCは最新ランキングを発表し、シュトルムはWBC世界スーパーミドル級11位にランクインした[37]

2015年2月5日、ジャーメイン・テイラーの王座剥奪に伴い、元WBO世界ミドル級王者でIBF世界ミドル級1位のハッサン・ヌダム・ヌジカムとIBF世界ミドル級王座決定戦を行うよう指令を受けた[38][39]

2015年2月9日、スーパーミドル級を主戦場にしていることを理由にIBF世界ミドル級王座決定戦の出場を辞退した[40][41]

2015年3月18日、WBAは最新ランキングを発表し、シュトルムはWBA世界スーパーミドル級2位にランクインした[42]

2015年5月9日、フランクフルト・アム・マインフェストハレでWBA世界スーパーミドル級暫定王者ヒョードル・チュディノフとWBA世界スーパーミドル級王座決定戦を行い、12回1-2(110-118、112-116、116-112)の判定負けを喫し2階級制覇に失敗した。

2015年5月16日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のチュディノフ戦に敗れたシュトルムをWBA世界スーパーミドル級4位にランクインした[43]

2015年12月5日、ハンブルグ州ウィルヘルムスバーグのインセルパークハーレでWBA世界スーパーミドル級王者ヒョードル・チュディノフとリマッチを行い2階級制覇を目指していたが、理由不明ながら延期となった[44]

2016年2月20日、オーバーハウゼンのケーニッヒ・ピルスナー・アリーナで延期となっていたWBA世界スーパーミドル級スーパー王者ヒョードル・チュディノフとリマッチを行い12回2-0(114-114、2者が115-113)の判定勝ちを収め2階級制覇に成功した[45]。しかし、試合中に繰り出したパンチの手数がシュトルムの605発に対して、チュディノフは1022発と圧倒的に上回り、パンチのヒット数でもシュトルムの184発に対して、チュディノフは297発と大きく上回った[46]。このためチュディノフ陣営は判定を不服として、試合結果をノーコンテストとすること及びシュトルムとの再々戦を義務付けるよう、WBAに提訴した[47]

試合後の同月22日、チュディノフは試合でグラント製のグローブを着用したが、試合中にグローブのマークが剥がれ落ち、グローブ自体の色も1試合使用しただけではありえない色の落ち方をした事、及び、グローブは握りにくく強いパンチが打てなかったと主張。試合までの間に、計量後に選んだグローブから不正が施されたグローブにすり替えられたのではないかと疑惑を持ったことから、グローブを調査中であることを、チュディノフ陣営が公表した[48][49]

2016年4月16日、上述のチュディノフ戦後の薬物検査でシュトルムから違反薬物のスタノゾロールの陽性反応が出たとのニュースがもたらされた。シュトルムは薬物使用疑惑を否定しているし、ドイツボクシング協会のトーマス・ペウツ会長も「薬物使用が明らかになるまでは彼は潔白だ。必死になって否定しているとも思っていない。」と語ったが、薬物使用が明らかになればチュディノフ戦の勝利が取り消され、シュトルムは長期の出場停止処分になるかもしれないとのこと[50]

獲得タイトル[編集]

  • IBF世界ミドル級ユース王座
  • WBOインターコンチネンタル[ミドル級王座
  • 第14代WBO世界ミドル級王座(防衛1)
  • 第26代WBA世界ミドル級王座(防衛0)
  • 第28代WBA世界ミドル級(防衛7→スーパー王座認定)
  • WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛5)
  • 第12代IBF世界ミドル級王座(防衛0)
  • WBA世界スーパーミドル級スーパー王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ 75.German National Championships - Schwerin - November 26-30 1997”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年4月10日閲覧。
  2. ^ 76.German National Championships - Cuxhaven - October 21-24 1998”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年4月10日閲覧。
  3. ^ 77.German National Championships - Wolfenbuettel - May 26-29 1999”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年4月10日閲覧。
  4. ^ 10.World Championships - Houston, USA - August 20-27 1999”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年4月10日閲覧。
  5. ^ 33.European Championships - Tampere, Finland - May 13-21 2000”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年4月10日閲覧。
  6. ^ Boxing.de Felix Sturmより。
  7. ^ Felix Sturm defeats Frazier, Dimitrenko beats Sample EAST SIDE BOXIG 2004年9月18日参照
  8. ^ Fight Felix Sturm W UD 12 (12) Jorge Sendra BOXNEWS.com.ua 2005年6月19日参照
  9. ^ 試合結果2005年 【2005年6月の試合結果】参照
  10. ^ <ボクシング>シュトルム WBA世界ミドル級新王者に 「AFPBB News」 2006年3月12日
  11. ^ <ボクシング>カスティジェホ 王者を破りベルトを獲得 - ドイツ 「AFPBB News」 2006年7月16日
  12. ^ <ボクシング>シュトルム G・トップに6ラウンドTKO勝ち - ドイツ 「AFPBB News」 2006年12月3日
  13. ^ <ボクシング>シュトルム WBA世界ミドル級タイトルを奪還 - ドイツ 「AFPBB News」 2007年4月29日
  14. ^ シュトルム 初防衛に成功 「AFPBB News」 2007年7月1日
  15. ^ シュトルム グリフィンと引き分け2度目の防衛 「AFPBB News」 2007年10月21日
  16. ^ シュトルム グリフィンを判定で下し4度目の防衛成功 「AFPBB News」 2008年7月6日
  17. ^ シュトルム シルヴェスターを判定で下し5度目の防衛に成功 「AFPBB News」 2008年11月2日
  18. ^ フェリックス・シュトルムVS佐藤幸治〜ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ スポニチ Sponichi Annex 2009年4月27日
  19. ^ シュトゥルム際どくV7 WBAミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月12日
  20. ^ シュトゥルム、8度目の防衛 WBAミドル級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月5日
  21. ^ シュトゥルム、ヒットマン息子を撃退 V12 WBAミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月20日
  22. ^ シュトゥルム「V10」 WBA世界ミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年6月27日
  23. ^ シュトゥルムが10度目防衛/ボクシング nikkansports.com 2011年6月26日
  24. ^ ボクシング・マガジン』2012年1月号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌08033-1、58頁。
  25. ^ シュトゥルムV12 ズビックをストップ ボクシングニュース「Box-on!」 2012年4月15日
  26. ^ ゲール、シュトゥルム攻略 WBA&IBF2冠王 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月2日
  27. ^ ダウン挽回 ソリマン番狂わせでシュトゥルム下す ボクシングニュース「Box-on!」 2013年2月3日
  28. ^ Soliman's banned substance identified THE RING 2013年3月5日
  29. ^ シュトルムがIBFタイトル挑戦権獲得 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月7日
  30. ^ シュトゥルム4度目の王座獲得 ベーカーを2回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月8日
  31. ^ ソリマン、シュトゥルム攻略 IBFミドル級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月1日
  32. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年6月1日
  33. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2014年6月22日
  34. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年10月10日
  35. ^ 藤岡奈穂子が判定負け、3階級制覇ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月9日
  36. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年11月12日
  37. ^ RATINGS WBC公式サイト 2014年12月18日
  38. ^ Jermain Taylor stripped of his IBF middleweight title USATODAY.com 2015年2月6日
  39. ^ テイラーのIBFミドル級王座はく奪 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月7日
  40. ^ Felix Sturm To Pass On Vacant Title Fight With N'Dam Boxingscene.com 2015年2月9日
  41. ^ ヌダムvsルミューで決定戦 IBFミドル級 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月17日
  42. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年3月18日
  43. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年5月16日
  44. ^ Notes: Spence-Barrera now a title eliminator”. ESPN.com (2015年11月25日). 2015年11月26日閲覧。
  45. ^ シュトゥルム5度目の王座獲得、チュディノフに辛勝 Boxing News(ボクシングニュース)2016年2月21日
  46. ^ Felix Sturm-Fedor Chudinov II - CompuBox Punch Stats”. Boxing Scene.com (2016年2月20日). 2016年3月7日閲覧。
  47. ^ Chudinov Camp asks WBA to change Chudinov-Sturm result to no contest and order rematch”. Fight News.com (2016年2月27日). 2016年3月7日閲覧。
  48. ^ Sturm-Chudinov glove controversy erupts; WBA to review scoring; rematch clause in effect fight news.com 2016年2月22日
  49. ^ Chudinov Camp asks WBA to change Chudinov-Sturm result to no contest and order rematch”. Fight News.com (2016年2月27日). 2016年3月7日閲覧。
  50. ^ Felix Sturm Fails Drug Test WBA公式サイト 2016年4月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ハビエル・ベラスコ
第14代WBO世界ミドル級王者

2003年9月13日 - 2004年6月5日

次王者
オスカー・デ・ラ・ホーヤ
前王者
マセリノ・マソー
第26代WBA世界ミドル級王者

2006年3月11日 - 2006年7月15日

次王者
ハビエル・カスティリェホ
前王者
ハビエル・カスティリェホ
第28代WBA世界ミドル級王者

2007年4月28日 - 2010年2月

空位
次タイトル獲得者
ゲンナジー・ゴロフキン
前スーパー王者
N/A
WBA世界ミドル級スーパー王者
2010年2月 - 2012年9月1日
次スーパー王者
ダニエル・ゲール
前王者
ダレン・バーカー
第12代IBF世界ミドル級王者

2013年12月8日 - 2014年5月31日

次王者
サム・ソリマン
前スーパー王者
ヒョードル・チュディノフ
WBA世界スーパーミドル級スーパー王者
2016年2月20日 - 現在
次スーパー王者
N/A