ハビエル・カスティリェホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカスティリェホ第二姓(母方の)はロドリゲスです。
ハビエル・カスティリェホ
基本情報
本名 フランシスコ・ハビエル・カスティリェホ・ロドリゲス
通称 El Lince de Parla(パルラの山猫)
階級 ミドル級
身長 178cm
リーチ 183cm
国籍 スペインの旗 スペイン
誕生日 (1968-03-22) 1968年3月22日(48歳)
出身地 マドリード州パルラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 72
勝ち 62
KO勝ち 43
敗け 8
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ハビエル・カスティリェホFrancisco Javier Castillejo Rodríguez、男性、1968年3月22日 - )は、スペインプロボクサーマドリード州パルラ出身。第31代WBC世界スーパーウェルター級王者。第27代WBA世界ミドル級王者。世界2階級制覇王者。闘争心溢れるボクシングを展開し、前へと相手を押し込みながら力強いパンチで仕留める。「El Lince de Parla(パルラの山猫: Linceは英語のLynx)」の異名を持つ。

来歴[編集]

マイナー王座時代[編集]

1988年7月22日、20歳でプロデビュー。デビュー当時はウェルター級であり、1990年10月19日にはスペインウェルター級王座を獲得した。その後階級をスーパーウェルター級に上げ1993年4月24日にはフリオ・セサール・バスケスの持つWBA世界スーパーウェルター級王座に挑戦するが失敗する。その後、マイナー王座獲得を目指し、1994年1月11日にEBU欧州スーパーウェルター級王座を獲得した。同王座は4度防衛した後、1995年1月3日にローランド・ブーデュアニに9回TKO負けで王座から陥落した。しかし、スペインスーパーウェルター級王座を獲得した後、1998年7月2日にEBU王座に再度挑戦し、12回TKOで勝利し、2度目の戴冠を果たした。

メジャー王座時代[編集]

地域王座を長く守った後の1999年1月29日にカスティリェホは2度目のメジャー王座挑戦を行いキース・ムリングスを2-0判定で下しWBC世界スーパーウェルター級王座を獲得した。同王座は5度防衛し大東旭と対戦する話も浮上したが、2001年6月23日にオスカー・デ・ラ・ホーヤの挑戦を受ける。このタイトルマッチはデ・ラ・ホーヤの5階級制覇[1]を賭けた試合となり、圧倒的大差の判定で敗れ王座から陥落した。

しかし、敗れた後2002年1月11日には空位のEBU欧州ミドル級王座を獲得し、同年7月12日にローマン・カルマジンを3-0判定で下し、WBC世界スーパーウェルター級暫定王座を獲得した。同王座は1度防衛したあとに返上し、階級をミドル級に上げた。

既に30代後半になっていたが、経験を活かした新たなボクシングスタイルを身に付け、2006年7月15日にフェリックス・シュトルムとシュトルムの本拠地ドイツでタイトルマッチを行い、10回TKOで勝利してWBA世界ミドル級王座を獲得し2階級制覇を成し遂げた。

2006年12月2日のWBA世界ミドル級王座の初防衛戦でマリアノ・カレラアルゼンチン)に11回TKOで敗れた[2]。しかし、ドーピング検査で違反薬物のクレンブテロールがカレラから検出された為、カレラは王座を剥奪され、カスティリェホに王座が差し戻された[3][4]。WBA世界ミドル級王座は2007年4月28日に行われた前王者のフェリックス・シュトルムとの再戦で、12回0-3判定で敗れて王座から陥落した[5]

獲得タイトル[編集]

  • スペインスーパーウェルター級王座
  • スペインミドル級王座
  • EBU欧州スーパーウェルター級王座
  • EBU欧州ミドル級王座
  • 第31代WBC世界スーパーウェルター級王座(防衛5度)
  • WBC世界スーパーウェルター級暫定王座(防衛1度=返上)
  • 第27代WBA世界ミドル級王座(防衛0度)

脚注[編集]

  1. ^ オスカー・デ・ラ・ホーヤは最終的に2004年6月5日にミドル級も制覇することにより、史上初の6階級制覇を成し遂げる。
  2. ^ カスティジェホ防衛失敗 カレーラTKO戴冠 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2006年12月4日
  3. ^ カレーラ王座はく奪 カスティジェホ返り咲き ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年2月25日
  4. ^ インターナショナルヘラルドトリビューン 2007年2月23日より
  5. ^ シュトゥルム復活 ドイツの2大世界戦はいずれも王座交代 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年5月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
キース・ムリングス
第31代WBC世界スーパーウェルター級王者

1999年1月29日 - 2001年6月23日

次王者
オスカー・デ・ラ・ホーヤ
暫定王座決定戦 対戦者
ローマン・カルマジン
WBC世界スーパーウェルター級暫定王者
2002年7月12日 - 2003年(返上)
次暫定王者
返上により消滅
前王者
フェリックス・シュトルム
第27代WBA世界ミドル級王者

2006年7月15日 - 2007年4月28日

次王者
フェリックス・シュトルム