ヒョードル・チュディノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒョードル・チュディノフ
基本情報
本名 フョードル・アレクサンドロヴィチ・チュディノフ
通称 The Classic
階級 スーパーミドル級
身長 177cm
リーチ 183cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 (1987-09-15) 1987年9月15日(32歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国イルクーツク州ブラーツク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 14
KO勝ち 10
敗け 2
テンプレートを表示

ヒョードル・チュディノフ英語: Fedor Chudinov, 1987年9月15日 - )は、ロシアプロボクサーイルクーツク州ブラーツク出身。元WBA世界スーパーミドル級スーパー王者。兄は元WBA世界ミドル級暫定王者ディミトリー・チュディノフで、兄と同じように攻撃的なスタイルだが、連打型の兄とは違い一発のカウンターで仕留めるカウンター型の選手。

来歴[編集]

2009年7月10日、アメリカ合衆国ネバダ州リノリノ・イベンツ・センターでデビュー戦を行い、初回33秒TKO勝ちを収めた。

2014年3月23日、ロシアモスクワ州ノギンスクステパン・ボジッチと独立国家共同体およびスロベニアボクシング事務局(CISBB)スーパーミドル級王座決定戦を行い、5回にボジッチからダウンを奪うと5回終了後にボジッチが棄権を申し出た為、王座獲得に成功した[1]

2014年6月28日、ドミニカ共和国サントドミンゴのシェラトン・サントドミンゴホテルでアンディ・ペレスとWBAフェデカリブスーパーミドル級王座決定戦を行い、1回、2回、3回と初回からペレスをノックダウンさせる展開となり、3回1分4秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年7月12日、WBAはWBA世界スーパーミドル級1位でWBA世界スーパーミドル級暫定王者スタニスラフ・カシュタノフとWBA世界スーパーミドル級2位のヒョードル・チュディノフとの間での指名試合指令を出した。交渉期間は30日間とし、同年8月10日までに対戦交渉で合意できなければ入札になる明かした[2]

2014年8月18日、スタニスラフ・カシュタノフとヒョードル・チュディノフとの間で行われる指名試合は同年10月にモナコで行われるとの報道がなされた[3]

2014年9月2日、スタニスラフ・カシュタノフが現役引退を発表し暫定王座を返上した為、カシュタノフとの間で行われる予定だった指名試合は中止となった[4]

2014年12月11日、モスクワダイナモ・スポーツ・パレスでWBA世界スーパーミドル級4位のベン・マカロックとWBA世界スーパーミドル級暫定王座決定戦を行い、2回2分1秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した[5][6]

2015年1月17日、WBAはチュディノフを暫定王者としてWBA世界スーパーミドル級1位にランクインした[7][8]

2015年5月9日、ドイツのフランクフルト・アム・マインフェストハレで元ミドル級3冠王者でWBA世界スーパーミドル級2位のフェリックス・シュトルムとWBA世界スーパーミドル級王座決定戦を行い、12回2-1(118-110 、116-112 、112-116)の判定勝ちを収め正規王座に昇格した(記録上は暫定王座の初防衛)。

2015年5月16日、WBAはチュディノフをWBA世界スーパーミドル級正規王者にランクインした[9]

2015年7月24日、ウェンブリーウェンブリー・アリーナでWBA世界スーパーミドル級13位のフランク・ブグリオーニと対戦する予定だったが、試合の2週間前にチュディノフがスパーリング中に鼻を骨折し延期となった[10][11]

2015年9月26日、イギリスのウェンブリーのウェンブリー・アリーナでWBA世界スーパーミドル級4位のフランク・ブグリオーニと対戦し、12回3-0(120-106、118-108、117-109)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[12][13]

2015年12月5日、ハンブルグ州ウィルヘルムスバーグのインセルパークハーレでミドル級2冠王者フェリックス・シュトルムと対戦し、3度目の防衛を目指していたが、理由不明ながら延期となった[14]

2016年1月5日、WBAは、正規王者のチュディノフをスーパー王座に認定し、暫定王者のビンセント・フェイゲンブッツとWBA世界スーパーミドル級14位のジョバンニ・デ・カロリスとの間で行われる一戦を正規王座決定戦として行うことを決定した。また、WBAはスーパー王者になったチュディノフとシュトルムとの再戦で勝った選手はフェイゲンブッツとの統一戦を5月20日までに行うように指令を出した[15][16]

2016年2月20日、オーバーハウゼンのケーニッヒ・ピルスナー・アリーナで延期となっていたミドル級2冠王者フェリックス・シュトルムと対戦し、プロ初黒星となる12回0-2(2者が113-115、114-114)の判定負けを喫し3度目の防衛に失敗、王座から陥落した[17]。しかし、試合中に繰り出したパンチの手数がシュトルムの605発に対して、チュディノフは1022発と圧倒的に上回り、パンチのヒット数でもシュトルムの184発に対して、チュディノフは297発と大きく上回った[18]。このためチュディノフ陣営は判定を不服として、試合結果をノーコンテストとすること及びシュトルムとの再々戦を義務付けるよう、WBAに提訴した[19]

試合後の同月22日、チュディノフは試合でグラント製のグローブを着用したが、試合中にグローブのマークが剥がれ落ち、グローブ自体の色も1試合使用しただけではありえない色の落ち方をした事、及び、グローブは握りにくく強いパンチが打てなかったと主張。試合までの間に、計量後に選んだグローブから不正が施されたグローブにすり替えられたのではないかと疑惑を持ったことから、使用したグローブを調査中であることを、チュディノフ陣営が公表した[20][21]

2016年3月21日、WBAはチュディノフをWBA世界スーパーミドル級2位にランクインした[22]

2016年4月16日、上述の試合後の薬物検査でシュトルムから違反薬物のスタノゾロールの陽性反応が出たとのニュースがもたらされた。シュトルムは薬物使用疑惑を否定しているし、ドイツボクシング協会のトーマス・ペウツ会長も「薬物使用が明らかになるまでは彼は潔白だ。必死になって否定しているとも思っていない。」と語ったが、薬物使用が明らかになればシュトルムの勝利が取り消され、長期の出場停止処分になるかもしれないとのこと[23]

2016年11月1日、WBAはチュディノフをWBA世界スーパーミドル級1位にランクインした[24]

2016年12月8日、WBAがWBA世界スーパーミドル級1位のヒョードル・チュディノフとWBA世界スーパーミドル級2位のジョージ・グローブスフェリックス・シュトルムの返上で空位となったWBA世界スーパーミドル級スーパー王座決定戦で対戦するよう指令した[25]

2017年4月21日、WBAはWBA世界スーパーミドル級1位のヒョードル・チュディノフとWBA世界スーパーミドル級2位のジョージ・グローブスに対しWBA世界スーパーミドル級スーパー王座決定戦を行うよう指令を出した。同年5月27日に予想されるチュディノフ対グローブス戦の勝者はWBA世界スーパーミドル級正規王者との対戦義務付けた[26][27]

2017年5月27日、シェフィールドブラモールレーンでWBA世界スーパーミドル級2位のジョージ・グローブスとWBA世界スーパーミドル級スーパー王座決定戦を行い、6回1分14秒TKO負けを喫し王座返り咲きに失敗した[28][29]

2017年6月17日、WBAはチュディノフをWBA世界スーパーミドル級6位にランクインした[30]

獲得タイトル[編集]

  • 独立国家共同体およびスロベニアボクシング事務局(CISBB)スーパーミドル級王座
  • WBAフェデカリブスーパーミドル級王座
  • WBA世界スーパーミドル級暫定王座(防衛1度=正規王座に認定)
  • WBA世界スーパーミドル級王座(防衛1=スーパー王座に認定)
  • WBA世界スーパーミドル級スーパー王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ Fedor Chudinov new WBC CISBB champion Fightnews.com 2014年3月23日
  2. ^ Kashtanov vs Chudinov ordered to negotiate WBA公式サイト 2014年7月12日
  3. ^ Chudinov vs. Kashtanov Possible For Monaco in October BoxingScene.com 2014年8月18日
  4. ^ Chudinov Eyes Groves, Ramirez Kashtanov Retires BoxingScene.com 2014年9月5日
  5. ^ チュディノフが兄弟そろってWBA暫定王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月12日
  6. ^ Fedor Chudinov is the new WBA super middleweight Interim champion WBA公式サイト 2014年12月13日
  7. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年1月17日
  8. ^ WBA Ratings movements as of December 2014 WBA公式サイト 2015年1月26日
  9. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年5月16日
  10. ^ Fedor Chudinov has broken nose, defense vs. Frank Buglioni postponed”. ESPN.com (2015年7月14日). 2015年7月16日閲覧。
  11. ^ チュディノフが負傷、坂井祥記が試合 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月22日
  12. ^ Chudinov Outclasses Game Buglioni WBA公式サイト 2015年9月27日
  13. ^ チュディノフ敵地で勝利、WBA・S・ミドル級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月28日
  14. ^ Notes: Spence-Barrera now a title eliminator”. ESPN.com (2015年11月25日). 2015年11月26日閲覧。
  15. ^ Fedor now super champ, Feigenbutz and De Carolis to contest vacant WBA regular world title Fightnews.com 2016年1月5日
  16. ^ チュディノフが防衛1度でWBAスーパー王者に昇格 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月6日
  17. ^ シュトゥルム5度目の王座獲得、チュディノフに辛勝 Boxing News(ボクシングニュース)2016年2月21日
  18. ^ Felix Sturm-Fedor Chudinov II - CompuBox Punch Stats”. Boxing Scene.com (2016年2月20日). 2016年3月7日閲覧。
  19. ^ Chudinov Camp asks WBA to change Chudinov-Sturm result to no contest and order rematch”. Fight News.com (2016年2月27日). 2016年3月7日閲覧。
  20. ^ Sturm-Chudinov glove controversy erupts; WBA to review scoring; rematch clause in effect fight news.com 2016年2月22日
  21. ^ Chudinov Camp asks WBA to change Chudinov-Sturm result to no contest and order rematch”. Fight News.com (2016年2月27日). 2016年3月7日閲覧。
  22. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年3月21日
  23. ^ Felix Sturm Fails Drug Test WBA公式サイト 2016年4月16日
  24. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2011年11月1日
  25. ^ WBA orders Fedor Chudinov, George Groves to fight for vacant super middleweight title”. ESPN.com (2016年12月8日). 2016年12月14日閲覧。
  26. ^ WBA addresses super middleweight division Fightnews.com 2017年4月21日
  27. ^ Super Middleweight division WBA公式サイト 2017年4月21日
  28. ^ Groves scores TKO over Chudinov Fightnews.com 2017年5月27日
  29. ^ グローブス“4度目の正直”チュディノフを6回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月28日
  30. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年6月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ベン・マカロック
WBA世界スーパーミドル級暫定王者
2014年12月11日 - 2015年5月9日
次暫定王者
正規王座決定戦により消滅
空位
前タイトル保持者
カール・フローチ
WBA世界スーパーミドル級王者

2015年5月9日 - 2016年1月5日

空位
次タイトル獲得者
ジョバンニ・デ・カロリス
前スーパー王者
N/A
WBA世界スーパーミドル級スーパー王者
2016年1月5日 - 2016年2月20日
次スーパー王者
フェリックス・シュトルム