バド・ノリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バド・ノリス
Bud Norris
フリーエージェント
Bud Norris.jpg
オリオールズ時代(2013年8月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州マリン郡ノバト英語版
生年月日 (1985-03-02) 1985年3月2日(31歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト6巡目(全体189位)でヒューストン・アストロズから指名
初出場 2009年7月29日
年俸 $1,297,832(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デビッド・ステファン・“バド”・ノリスDavid Stefan "Bud" Norris , 1985年3月2日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州マリン郡ノバト英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。フリーエージェント

経歴[編集]

プロ入りとアストロズ時代[編集]

カリフォルニア・ポリテクニック州立大学・サンルイスオビスポ校英語版出身。2006年MLBドラフトヒューストン・アストロズから6巡目(全体189位)指名され、プロ入り。

2009年7月29日シカゴ・カブス戦で2番手として登板し、メジャーデビューを果たした。アストロズ時代はこの試合以外は全て先発として登板しており、この年は10先発で6勝を挙げた。奪三振率が高く、先発投手では2010年から3年連続でチームトップの奪三振率をマークした。

2013年には、開幕投手を務め[2]、チームのア・リーグ移籍後初の勝ち投手となった[3]

オリオールズ時代[編集]

2013年7月31日L.J.ホーズジョシュ・ヘイダー英語版とのトレードで、ボルチモア・オリオールズへ移籍[4]。翌日の8月1日には古巣・アストロズ戦で移籍後初登板し、勝ち投手となった[5]

2014年1月17日にオリオールズと530万ドルの1年契約に合意した[6][7]。この年は28試合に登板して15勝8敗・防御率3.65の成績を残し、勝利数はチーム2位だった。

2015年は前年と一転して絶不調に陥り、マイナー降格も経験。メジャーでは18試合に登板して2勝9敗・防御率7.06の成績で、7月31日にDFAとなり[8]8月8日自由契約となった[9]

パドレス時代[編集]

2015年8月11日サンディエゴ・パドレスと契約[10]。パドレスではリリーフ専業となり、20試合に登板したが、防御率5.40・1勝2敗という成績で不振からの脱却はならなかった。特筆すべき点としては、16.2イニングで21個の三振を奪って11.3という高い奪三振率を残した事がある。オリオールズとの通算では、38試合に登板(うち11試合で先発登板)し、3勝11敗・防御率6.72・WHIP1.58という成績で、大炎上した恰好となった。オフの11月2日FAとなった[11]

ブレーブス時代[編集]

2015年11月25日アトランタ・ブレーブスと1年契約を結んだ[12]

2016年、ブレーブスでは22試合(うち10試合で先発登板)に登板して3勝7敗・防御率4.22の成績を残した。

ドジャース時代[編集]

2016年6月30日ケイレブ・ダークス英語版フィル・フェイファー英語版とのトレードで、ディアン・トスカーノ(+ 後日発表選手、金銭)と共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[13]。9月20日にDFA、9月28日に自由契約となった[9]

投球スタイル[編集]

89~95マイルのフォーシーム、80~88マイルのスライダーの2球種が中心で、合わせて全投球の約8割を占める。その他にはツーシームカットボールチェンジアップを投げる[14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 HOU 11 10 0 0 0 6 3 0 0 .667 249 55.2 59 9 25 1 3 54 3 0 29 28 4.53 1.51
2010 27 27 0 0 0 9 10 0 0 .474 683 153.2 151 18 77 3 6 158 5 2 94 84 4.92 1.48
2011 31 31 0 0 0 6 11 0 0 .353 795 186.0 177 24 70 7 5 176 3 2 93 78 3.77 1.33
2012 29 29 0 0 0 7 13 0 0 .350 733 168.1 165 23 66 2 8 165 8 0 90 87 4.65 1.37
2013 21 21 0 0 0 6 9 0 0 .400 541 126.0 135 11 43 0 4 90 3 0 62 55 3.93 1.41
BAL 11 9 0 0 0 4 3 0 0 .571 232 50.2 61 6 24 0 1 57 1 0 27 27 4.80 1.68
'13計 32 30 0 0 0 10 12 0 0 .455 773 176.2 196 17 67 0 5 147 4 0 89 82 4.18 1.49
通算:5年 130 127 0 0 0 38 49 0 0 .437 3233 740.1 748 91 305 13 27 700 23 4 395 359 4.36 1.42
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 20 (2009年 - 2013年途中、2015年途中 - 2016年途中)
  • 25 (2013年途中 - 2015年途中)
  • 28 (2016年途中)

脚注[編集]

  1. ^ Bud Norris Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年9月29日閲覧。
  2. ^ Brian McTaggart (2013年3月28日). “Opening Night start next step in Norris' growth” (英語). MLB.com. 2015年11月26日閲覧。
  3. ^ Rangers' new AL West rival delivers opening blow” (英語). MLB.com (2013年3月31日). 2015年11月26日閲覧。
  4. ^ Norris heads to Orioles in Deadline deal” (英語). MLB.com (2013年7月31日). 2015年11月26日閲覧。
  5. ^ Bud Norris guides O's to win over former team” (英語). ESPN (2013年8月2日). 2015年11月26日閲覧。
  6. ^ “Orioles agree to terms with Davis, Hunter, Matusz, Norris and Patton” (英語) (プレスリリース), MLB.com (, (2014年1月17日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/66803730 2015年11月26日閲覧。 
  7. ^ Andrew Simon (2014年1月17日). “Davis' breakout season nets massive pay raise” (英語). MLB.com. 2015年11月26日閲覧。
  8. ^ Roch Kubatko (2015年7月31日). “Bud Norris: "I was looking way too much into distractions this year"” (英語). MASN. 2015年11月26日閲覧。
  9. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2016年9月29日閲覧。
  10. ^ Jeff Todd (2015年8月11日). “Padres Sign Bud Norris”. MLB Trade Rumors. 2015年11月26日閲覧。
  11. ^ Transactions | padres.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  12. ^ Mark Bowman (2015年11月25日). “Braves bolster young rotation with vet Norris” (英語). MLB.com. 2015年11月26日閲覧。
  13. ^ Ken Gurnick (2016年6月30日). “Dodgers acquire righty Norris from Braves” (英語). MLB.com. 2016年7月1日閲覧。
  14. ^ Bud Norris > Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2016年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]

MLBstats