シェーン・レイノルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シェーン・レイノルズ
Shane Reynolds
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州モアハウス郡バストロップ英語版
生年月日 (1968-03-26) 1968年3月26日(51歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 MLBドラフト3巡目
初出場 1992年7月20日
最終出場 2004年6月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・シェーン・レイノルズRichard Shane Reynolds, 1968年3月26日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州モアハウス郡バストロップ英語版出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1989年MLBドラフト3巡目(全体73位)でヒューストン・アストロズから指名され、プロ入り。1992年7月20日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー[1]

1994年途中より先発ローテーションに加わり、1996年からは5年連続で開幕投手に起用されている。1996年には16勝(ナショナルリーグ5位)と204奪三振、1998年には自己最多の19勝(リーグ2位)と209奪三振(リーグ4位)を記録している[2]2001年には通算100勝を達成したが、アストロズの選手としての通算100勝はノーラン・ライアン以来であった。

その後、2003年にはアトランタ・ブレーブス2004年にはアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍、その後、引退した。

引退後[編集]

2013年からは母校であるワシタ・クリスチャン高等学校英語版で野球部のコーチ補佐を務めている[3]

投球スタイル[編集]

速球とスプリッターの組み合わせと、打者の弱点を丹念に突いていくクレバーな投球が売り。制球にも優れ、1999年は231.1回で37四球を与えただけだった[2][4]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38(1992年)
  • 37(1993年 - 2004年)

脚注[編集]

  1. ^ Pittsburgh Pirates at Houston Astros Box Score, July 20, 1992” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年1月21日閲覧。
  2. ^ a b 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視舎、2013年、686頁。ISBN 978-4-905369-67-7
  3. ^ James Summerlin (2013年8月26日). “Monroe-Alexandria notebook: Ouachita Christian baseball sends two to all-star game” (英語). The Times-Picayune. 2019年1月21日閲覧。
  4. ^ 「シェーン・レイノルズ」『パンチョ伊東のメジャー・リーグMLB選手名鑑2000』ベースボール・マガジン社 219頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]