ニューエスト・モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニューエスト・モデル
出身地 日本の旗 日本 関西
ジャンル ミクスチャー・ロック
ソウル・パンク
活動期間 1985年 - 1993年
レーベル インディーズ
キング・レコード
公式サイト SOUL FLOWER OFFICIAL SITE
メンバー 中川敬(ヴォーカル、ギター)
髙木基弘(ベース/結成 - 1987年12月)
田中“ベン”勉(ドラムス/結成 - 1992年12月)
奥野真哉(キーボード/1986年10月 - 解散)
鈴木友之(ベース/1988年4月 - 1991年8月)
河村博司(ベース/1991年10月 - 解散)
大木正博(ドラムス/1992年6月 - 解散)

NEWEST MODEL(ニューエスト・モデル)は、1985年に中川敬を中心に結成された日本のミクスチャー・ロック・バンド。ソウル・フラワー・ユニオンの前身。

略歴[編集]

大阪のロックンロール・バンド、レモン・スクイーザーやセクシャルなどのギタリストであった中川敬が、自らが歌うバンドとして1985年に結成。

最初期はノーザン・ソウルやモッズ・ミュージック、60'sガレージ・バンドの影響下にある、ザ・ジャムストラングラーズのようなストレートなパンク・ロックを指向していたが、徐々にサイケデリック・ロックセカンド・ラインザディコアイリッシュ・トラッド、ニュー・ソウル、ファンクヒップ・ホップカリプソ、スワンプ・ロックなど広汎な世界音楽を取り入れ、日本のミクスチャー・ロック・バンドの先駆けとして支持を受けた。

反原発運動やアイヌ民族運動に関わるなど反体制的な立場を明確にしながらも、中川敬による風刺的な歌詞による「ソウルサバイバーの逆襲」「雑種天国」などの一連のシングルや、アルバム『ユニバーサル・インベーダー』(オリコン・チャート10位)などがヒット。

また、大半が日本語にリワードされたカバーソングの選曲はミーターズの「ヘイ・ポッキー・アウェイ」、ボブ・ディランの「嵐からの隠れ家」、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「おもろのきわみ(リアル・グッド・タイム・トゥゲザー)」、ヴァン・モリソンの「杉の木の宇宙(レッドウッド・トゥリー)」、スタイル・カウンシルの「ストレングス・オブ・ユア・ネイチャー」、Pファンクの「ゲット・オフ・ユア・アス・アンド・ジャム」、ビクトル・ハラの「平和に生きる権利」、ビートルズの「クライ・ベイビー・クライ」、ジャックスの「堕天使ロック」などであり、その大半は作品化もされている。

1985年の結成から1993年までの8年間活動し、解散後、ソウル・フラワー・レーベルの盟友メスカリン・ドライヴと共にソウル・フラワー・ユニオンを結成。ソウル・フラワー・ユニオンのセカンド・アルバム『ワタツミ・ヤマツミ』(1994年)は、過半数の楽曲が後期ニューエスト・モデルのライヴ・レパートリーである。

中川敬は今後永久にニューエスト・モデルの再結成がないことを明言しているが、ニューエスト・モデルの代表的な楽曲はソウル・フラワー・ユニオンのライヴで今も聴ける(2014年までに「こたつ内紛争」「雑種天国」「もぐらと祭」「もっともそうな二人の沸点」「杓子定木」「エンプティ・ノーション」「デイズ」「秋の夜長」「ソウルサバイバーの逆襲」「ディスコ・アームド・ピース」「乳母車と棺桶」「外交不能症」「報道機関が優しく君をつつむ」「みんな信者」「嵐からの隠れ家」「偉大なる社会」などがライヴで登場。また、中川と奥野が、西村茂樹やTHE RUDEBOYS、ニューロティカなどのライヴへ飛び入りする際、「フィーリン・ファッキン・アラウンド」がしばしば演奏される)。ソウル・フラワー・ユニオンによってライヴ音源がリリースされたニューエスト・モデルの楽曲は、『ハイ・タイド・アンド・ムーンライト・バッシュ』『満月の夕〜90's シングルズ』『極東戦線異状なし!?』『ラヴィエベル〜人生は素晴らしい!』『ルーシーの子どもたち』『アクア・ヴィテ』『死ぬまで生きろ!』『キセキの渚』などに収録されている。

曽我部恵一スピッツズボンズくるりGRAPEVINEBRAHMANTHE JERRY LEE PHANTOM、ママスタジオなど、次世代の多くのミュージシャンがニューエスト・モデルからの影響を公言している。

また、彼らが毎年開催する『年末ソウル・フラワー祭』にはゲストが呼ばれ、フリッパーズ・ギター頭脳警察近藤房之助ニューロティカ、A-MUSIK、ザ・グルーヴァーズ、フレデリックなどが出演している。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム リリース 備考
センスレス・チャター・センスレス・フィスツ 1988年1月 のちに『ソリッド・ファンデーション』(1st+初期音源集)として再発
プリティ・ラジエーション 1988年9月15日 のちにニュー・ミックス版『プリティ・ラジエーション』として再発
ソウル・サバイバー 1989年7月25日 メジャー第一弾アルバム
クロスブリード・パーク 1990年5月21日
ユニバーサル・インベーダー 1992年2月21日
コンピレーション・アルバム リリース 備考
カウンター・センサーシップ 1993年3月5日 シングルB面曲集
ソウル・フラワー・ボックス 87-93 1994年12月2日 3CDボックス・セット
ビースト・ヒッツ 1998年4月24日 ベスト・アルバム
アーリー・ソウル・フラワー・シングルズ 2009年3月25日 シングル・コレクション
ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986-1993 2016年7月6日 ベスト・アルバム
シングル リリース 備考
爆弾じかけ 1986年2月 3曲入りカセット・テープ
オモチャの兵隊 1986年8月 3曲入りソノシート
スタンディング・オン・ザ・ニュー・ファンデーション 1987年4月20日 4曲入りEP
ソウルサバイバーの逆襲 1989年6月21日 メジャー第一弾シングル
エンプティ・ノーション/こたつ内紛争 1989年10月21日 両A面
雑種天国 1990年1月21日
乳母車と棺桶 1990年4月21日
杓子定木 1990年9月21日
もっともそうな二人の沸点 1991年6月21日
知識を得て、心を開き、自転車に乗れ! 1991年9月21日
映像作品 リリース 備考
プリティー・モンキー・イン・ザ・グルーヴ 1989年4月12日 ライヴ (VHS)
グレート・ソサエティ 1990年6月10日 ライヴ (VHS)
ソウル・フラワー・クリーク 1988-1992 1992年5月2日 プロモーション・ビデオ集 (VHS/DVD)
ソウルシャリスト・パーティー 1993年4月5日 ライヴ (VHS)
LIVE 9202 2007年1月26日 ライヴ (DVD)
トリビュート・アルバム リリース 備考
ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016 トリビュート 2016年8月3日 ニューエスト・モデル結成30周年企画。参加アーティストは、大森靖子、岸田繁(くるり)、the 原爆オナニーズ、スピッツ、曽我部恵一、チャラン・ポ・ランタン、怒髪天、仲井戸麗市、中田裕二、七尾旅人、二階堂和美、BRAHMAN、フラワーカンパニーズ、MONGOL800。

関連書籍[編集]

  • 国境を動揺させるロックンロール(ブルース・インターアクションズ/1998年)
  • 中川語録 1986-2002(歌垣社/2003年)
  • ソウル・フラワー・ユニオン 解き放つ唄の轍(河出書房/2014年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]