スルバクタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スルバクタム
Sulbactam.svg
Sulbactam ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
MedlinePlus a693021
法的規制
投与方法 注射
薬物動態データ
生物学的利用能 1
排泄 腎臓 ?
識別
CAS番号
68373-14-8 チェック
ATCコード J01CG01 (WHO)
PubChem CID: 130313
ChemSpider 115306 チェック
UNII S4TF6I2330 チェック
KEGG D08533  チェック
ChEBI CHEBI:9321 チェック
ChEMBL CHEMBL403 チェック
化学的データ
化学式 C8H11NO5S
分子量 233.243 g/mol

スルバクタム(Sulbactam)は、β-ラクタマーゼ阻害剤である。β-ラクタム系抗生物質とともに投与され、細菌が生産し、抗生物質を分解してしまうβ-ラクタマーゼの働きを阻害する[1]

メカニズム[編集]

スルバクタムは、β-ラクタマーゼの可逆的酵素阻害剤であり、酵素に結合して、抗生物質を分解できなくする。

利用[編集]

スルバクタムは、一般的な形の大部分のβ-ラクタマーゼを阻害できるが、AmpCセファロスポリナーゼとは相互作用できない。そのため、しばしばこの遺伝子を発現させる緑膿菌シトロバクター属エンテロバクター属セラチア属等にはほとんど効果がない。

アメリカ合衆国では、アンピシリンと共にアンピシリン/スルバクタムという形でまとめて処方される。これは、単独でもある程度の抗細菌活性は持つものの、臨床的な効果を得るためには弱すぎる。イギリスでは、その利用は病院内に限られる。

最近では、アシネトバクター敗血症の治療への利用に興味が保たれている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Sulbactam forms only minimal amounts of irreversible acrylate-enzyme with SHV-1 beta-lactamase”. Biochemistry 46 (31): 8980–7. (2007年8月). doi:10.1021/bi7006146. PMC 2596720. PMID 17630699. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2596720/. 

関連文献[編集]