モキシフロキサシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モキシフロキサシン
Moxifloxacin Structural Formulae V.1.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
  • JP: 劇薬、処方箋医薬品
  • US: -only
投与方法 経口投与, IV, 点眼
薬物動態データ
生物学的利用能 86 ~ 92%
血漿タンパク結合 30 ~ 50%
代謝 グルクロニド及び硫酸抱合
シトクロムP450は無関係
半減期 12時間
排泄 胆管及び腎臓
識別
CAS番号
354812-41-2
ATCコード J01MA14 (WHO)
PubChem CID: 152946
DrugBank APRD00281
化学的データ
化学式 C21H24FN3O4
分子量 401.431 g/mol
ベガモックス点眼薬

モキシフロキサシン (Moxifloxacin) は、第IIIa世代キノロン抗菌薬のひとつ。商品名はアベロックス、点眼薬としてベガモックスがある[1]

販売[編集]

ドイツの製薬メーカーバイエルが開発し、かつて日本では塩野義製薬が販売していた。2010年7月1日より、バイエル薬品の日本法人が製造販売している。また、富士フイルムファーマが販売元として医薬品添付文書に記載されている。

点眼薬として商品名ベガモックスで、アルコンが販売しており、日本ではノバルティスファーマ傘下アルコンファーマが取り扱っている[1]

特徴[編集]

PK/PD理論から一日一回内服投与として発売された。また、レスピラトリーキノロンとして当初発売されたが、適応症を皮膚感染症・外傷/熱傷の二次感染に対しても取得している。点眼薬としては1日3回の点眼となる。点眼薬には等張化剤、pH調節剤が添加されている。[1]

適応症[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ベガモックス点眼液0.5% 添付文書 日本アルコン株式会社 メディカル統括部 学術情報部 2016年9月9日閲覧

関連項目[編集]