トスフロキサシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トスフロキサシン
Tosufloxacin.png
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
100490-36-6
PubChem CID: 5517
KEGG D02317
化学的データ
化学式 C19H15F3N4O3
分子量 404.34 g/mol

トスフロキサシン英語: Tosufloxacin)は、富山化学工業が創製したニューキノロン抗菌薬の一つ。製剤的な安定性や溶解性を高めるためにトシル酸塩としたトスフロキサシントシル酸塩が一般に用いられる[1]

国内では処方箋医薬品として販売されている。経口剤は1990年に発売開始され、日本では経口剤としてオゼックス錠(富山化学-大正富山医薬品)、トスキサシン錠(アボットジャパン)がある。

近年点眼剤としても開発され、オゼックス点眼液(富山化学-大塚製薬)、トスフロ点眼液(日東メディック)も販売されている。

ニューキノロン系抗菌薬としては、ノルフロキサシンと同様、小児での安全性が認められる数少ない薬剤である。また、肺炎球菌等の呼吸器感染の起因菌にも強い抗菌作用を有するいわゆるレスピラトリーキノロンのひとつでもある。

適応[編集]

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、ざ瘡化膿性炎症を伴うもの) など。

脚注[編集]

関連項目[編集]