ネオマイシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネオマイシン
ネオマイシンの構造式。
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制 OTC
識別
CAS登録番号 1404-04-2
ATCコード A01AB08 A07AA01

, B05CA09 , D06AX04 , J01GB05 , R02AB01 , S01AA03 , S02AA07 , S03AA01

KEGG D08260
別名 ソフラマイシン
フラミセチン
化学的データ
化学式 C23H46N6O13 

ネオマイシン(neomycin)は1948年ウクライナ出身のセルマン・ワクスマンにより発見されたアミノグリコシド抗生物質である。分子量614.65。 放線菌の一種、Streptomyces fradiaeが生産する。そのためフラジオマイシン(fradiomycin)とも呼ばれる。日本薬局方収載医薬品としては硫酸フラジオマイシン(FRM)と呼ばれ[1]、別名はソフラマイシン、フラミセチン。CAS登録番号は1405-10-3 (Neomycin sulfate)。

作用機序[編集]

ネオマイシンの作用機序はカナマイシンのそれと類似しているが、30Sリボソームに結合することにより細菌タンパク質合成を阻害する[2]

臨床応用[編集]

比較的広範な抗菌スペクトルを有し、グラム陰性菌グラム陽性菌ともに強く阻害する。

副作用[編集]

ネオマイシンには強い急性毒性および腎毒性が認められる。そのため、経口剤外用剤として使用される。

その他[編集]

分子生物学の研究においてネオマイシン耐性遺伝子は、選択マーカーとして形質細胞の分離に利用される。

参考文献[編集]

生化学事典(第4版)東京化学同人

註・出典[編集]

  1. ^ 医薬品インタビューフォーム 硫酸フラジオマイシン貼付剤(サノフィ・アベンティス社)
  2. ^ アミノグリコシド系抗細菌薬の多くは70Sリボソームと結合する。