ロメフロキサシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロメフロキサシン
(RS)-Lomefloxazcin structural formulae.png
IUPAC命名法による物質名
薬物動態データ
血漿タンパク結合10%
半減期8 時間
識別
CAS番号
98079-51-7
ATCコード J01MA07 (WHO) S01AX17 (WHO)
PubChem CID: 3948
DrugBank APRD01076
KEGG D02318
化学的データ
化学式C17H19F2N3O3
分子量351.348 g/mol
テンプレートを表示

ロメフロキサシン (Lomefloxacin, LFLX) は、アボットジャパンが創製したニューキノロン抗菌薬の一つ。塩酸塩として用いられる[1]

日本においては処方箋医薬品として販売されており、経口剤は1990年に発売開始され[2]、「バレオンカプセル100mg、同錠200mg」(アボットジャパン[3]、「ロメバクトカプセル」(塩野義製薬)がある[4]。 近年点眼剤点耳薬としても開発され、「ロメフロン点眼液、同耳科用液」(千寿製薬)等がある。またイヌ用の点眼剤(ロメワン)としても販売されている。

出典[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]