スターバレリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スターバレリーナ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1990年5月8日
死没 2011年2月28日(21歳没)
Risen Star
ベリアーニ
母の父 ヌレイエフ
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 (有)社台レースホース
調教師 長浜博之栗東
競走成績
生涯成績 中央競馬17戦4勝
獲得賞金 1億8050万9000円
テンプレートを表示

スターバレリーナ日本競走馬繁殖牝馬。おもな勝ち鞍は1993年のローズステークス。産駒に中日新聞杯の優勝馬グランパドドゥ、重賞2勝のアンドゥオールなどがいる。

※戦績の馬齢は旧表記(数え年)とする。

戦績[編集]

スターバレリーナは、母ベリアーニがリズンスターの仔を宿した状態で輸入され、日本で出産された持込馬である。父リズンスターは、アメリカ三冠馬セクレタリアトが晩年に生み出した代表産駒で、プリークネスステークスベルモントステークスなどの優勝馬。

アグネスフローラ等、牝馬の活躍馬を数多く輩出した長浜博之厩舎に入厩したが、デビューは4歳(1993年)4月と遅れ、春のクラシックレースには間に合わなかった。2戦目で初勝利を挙げると、4戦目からは2連勝し、さらにGIIローズステークスでも、上がり3ハロン34秒3という末脚で、ケイウーマン以下に3馬身差をつける圧勝。 「秋の上がり馬」として一気にエリザベス女王杯の有力馬となった。レース当日は、春に桜花賞優駿牝馬(オークス)を制し、史上2頭目の牝馬三冠がかかるベガを押しのけて一番人気に支持されたが、ホクトベガの9着に終わる。

5歳(1994年)は中距離路線を選ぶ。緒戦の大阪杯こそ8着と凡走したが、その後は京阪杯ネーハイシーザーの2着、高松宮杯(当時は芝2000メートルのGII)では、マーベラスクラウンアイルトンシンボリウイニングチケット等を抑えてナイスネイチャの2着と、牡馬の強豪相手に善戦。秋も朝日チャレンジカップツルマルガール[1]の3着、毎日王冠でもネーハイシーザーの3着[2]と善戦したが、秋のGIシーズンを前に故障のため長期の休養を強いられる。

6歳(1995年)は高松宮杯から始動したが、レースで折り合いを欠き、短距離路線に転じるもセントウルステークス[3]2着が目立つ程度で、自身2度目のGI挑戦となったマイルチャンピオンシップ7着を最後に現役を引退した。

騎手は、長浜厩舎の主戦騎手である河内洋が全17戦中15戦で手綱を取り、残りの2戦[4]中舘英二が騎乗した。

競走成績[編集]

通算17戦4勝

  • 4歳:7戦4勝 ローズS (GII) 、野分特別(900万下特別)、日田特別(500万下)
  • 5歳:5戦0勝 高松宮杯 (GII) 2着、京阪杯 (GIII) 2着
  • 6歳:5戦0勝 セントウルS (GIII) 2着

繁殖牝馬として[編集]

1996年より生まれ故郷の社台ファームで繁殖生活を送る。繁殖成績は優秀であり、初産駒(1997年生)のグランパドドゥ(父フジキセキ)が母の果たせなかったオークス出走を果たし(5着)、2001年中日新聞杯を制する。 第2子のスパルタクス(1998年生、父サンデーサイレンス)もオープンに昇格し、第3子アンドゥオール(1999年生、父ブライアンズタイム)はマーチステークス東海ステークスを勝つなどダート路線で活躍。まずまずの活躍馬を輩出している。2011年2月28日に死亡[5]。その後2012年になってグランパドドゥの仔パドトロワアイビスサマーダッシュキーンランドカップを制して孫世代から重賞勝ち馬を輩出。さらに、第5子ステレオタイプの仔ロゴタイプが2012年の朝日杯フューチュリティステークス2013年皐月賞を制し、孫世代からGI競走・クラシックレース優勝馬が輩出された。

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
第1子 グランパドドゥ 1997年 鹿毛 フジキセキ 栗東・長浜博之 サンデーレーシング 24戦3勝(引退・繁殖)
第2子 スパルタクス 1998年 鹿毛 サンデーサイレンス 社台レースホース 38戦5勝(引退)
第3子 アンドゥオール 1999年 黒鹿毛 ブライアンズタイム 29戦9勝(引退)
第4子 パドカトル 2000年 鹿毛 サンデーサイレンス 18戦3勝(引退)
第5子 ステレオタイプ 2002年 鹿毛 栗東・長浜博之
西脇田中道夫
→栗東・長浜博之
社台レースホース
吉田照哉
→社台レースホース
22戦2勝(引退・繁殖)
第6子 フレンチウォリアー 2003年 鹿毛 フレンチデピュティ 門別成田春男
美浦加藤征弘
→美浦・水野貴広
川崎内田勝義
吉田千津
→社台レースホース
吉田千津
27戦3勝(引退)
第7子 トーセンカリスマ 2004年 鹿毛 ダンスインザダーク 美浦・大久保洋吉
大井村上頼章
島川隆哉 8戦0勝(引退)
第8子 バレドクール 2008年 青鹿毛 タニノギムレット 美浦・大江原哲 社台レースホース 8戦1勝(引退・繁殖)

血統表[編集]

スターバレリーナ血統ボールドルーラー系ナスルーラ系) / Bold Ruler3×4=18.75%、Nearco5×5=6.25% (血統表の出典)

Risen Star
1985 黒鹿毛
父の父
Secretariat
1970 栗毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Somethingroyal Princequillo
Imperatrice
父の母
Ribbon
1977 鹿毛
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Break Through Hail to Reason
Quaheri

*ベリアーニ
Berliani
1985 鹿毛
Nereyev
1977 鹿毛
Northern Dancer Neactic
Natalma
Special Forli
Thong
母の母
Eleven Pleasures
1970 栗毛
What a Pleasure Bold Ruler
Grey Flight
Eleven Keys Royal Union
Aphrodite F-No.8-k

脚注[編集]

  1. ^ 2004年安田記念勝ち馬ツルマルボーイの母。
  2. ^ この年の毎日王冠は出走馬11頭が全て重賞勝ち、うち3頭がJRAGI勝ちという好メンバーで、サクラバクシンオー、マチカネタンホイザ、ナイスネイチャ、マイシンザンセキテイリュウオー、ホクトベガらに先着した。
  3. ^ 当時は芝1400メートルGIII。1995年のセントウルステークスは阪神競馬場阪神淡路大震災の影響による修復のため、京都競馬場で行われた。
  4. ^ 5歳時の毎日王冠(河内は同日に阪神競馬場で行われた京都大賞典でインターシュプールに騎乗)と6歳時の京王杯オータムハンデキャップ(河内は同レースでヒシアケボノに騎乗)の2戦。
  5. ^ 競走馬のふるさと案内所 - スターバレリーナ”. 競走馬のふるさと案内所. 2014年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]