ビコーペガサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビコーペガサス
Biko-pegasasu.jpg
2004年8月22日撮影(日高スタリオンステーション)
欧字表記 Biko Pegasus
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1991年2月8日(27歳)
Danzig
Condessa
母の父 Condorcet
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州
生産 Robert Steven Stable
馬主 (有)レジェンド
調教師 柳田次男栗東
競走成績
生涯成績 27戦4勝
獲得賞金 3億5785万4000円
テンプレートを表示

ビコーペガサスアメリカ合衆国で生まれ日本で調教された競走馬である。短距離戦での追い込みを特徴とし、追い込んで届かないレースも多く、重賞勝ちはGIII2勝にとどまったが、GIレースでも2着に3回入線している。

※現役時代における馬齢は当時の表記(数え年)で統一する。

戦績[編集]

3歳となった1993年11月6日京都競馬場の新馬戦(ダート1200m)で上村洋行が騎乗しデビュー。2着トロナラッキーに9馬身差をつけて圧勝。続くさざんか賞(500万下・ダート1400m)でも後のダート王ライブリマウントに5馬身差をつけて連勝した。

4歳となった1994年初戦で京成杯(当時は芝1600m)に的場均が騎乗し出走。芝初挑戦で、8頭立ての3番人気と、評価はそれほど高くなかったが、圧倒的一番人気であった阪神3歳牝馬ステークス勝ちのヒシアマゾンに2馬身差をつけて勝ち、デビュー3連勝を収めた。この年ヒシアマゾンに土をつけたのは本馬と、有馬記念ナリタブライアンの2頭のみであった。

その後骨折で休養し、復帰初戦となったニュージーランドトロフィーはヒシアマゾンの3着に終わって初の敗北を喫し、続く中日スポーツ賞4歳ステークス(当時は芝1800m)では単勝1.2倍の支持に応えられず、イナズマタカオーの2着に敗れた。古馬相手となってスワンステークスマイルチャンピオンシップは7着、5着に終わったが、スプリンターズステークスでは、サクラバクシンオーが1分7秒1の当時としては破格のレコードで勝つ中、追い込んで2着に健闘した。

しかし、1995年年明けに再び骨折。5歳春は3戦し、栗東ステークス7着、安田記念4着、阪急杯は一番人気で12着と大敗に終わった。放牧を経て、秋になって武豊が騎乗し、初戦のセントウルステークス(GIII・芝1400m[1])で1年9か月ぶりの勝利を収めた。この勝利で、マイルチャンピオンシップでは1番人気に支持されるが、トロットサンダーの4着に敗れる[2]。スプリンターズステークスでは横山典弘が初騎乗でヒシアケボノの2着に入線し、2年連続2着となった。

6歳(1996年)春はダービー卿チャレンジトロフィーで復帰し3着となり、短距離のGIに昇格した高松宮杯に出走。中団から脚を伸ばすも早めに先頭に立ったフラワーパークに届かず、三たび2着に終わる。安田記念は直線やや前が狭くなる不利もあり、5着に終わった。秋にはスワンステークスで始動し2着。2番人気のマイルチャンピオンシップはジェニュインの9着と惨敗。GI制覇の悲願達成を期したスプリンターズステークスでは、4コーナー手前で致命的な不利[3]があり、7着に敗れる。

7歳初戦にはJRA初のダートGIに昇格したフェブラリーステークスで3年ぶりにダートに出走も4着。シルクロードステークスでは日本レコードで駆けたエイシンバーリンの2着に入り、高松宮杯では2番人気に支持されたが10着。以後は、5戦して着順掲示板に載ることはなく、8歳の安田記念(13着)を最後に引退。1995年のセントウルステークス以降は勝ち星を挙げられないままでの引退となった。

最大でも442キロの小柄な馬体で、同レースに出走したことのある1歳下の大型馬ヒシアケボノとは100kg以上の差があった。

年齢別成績[編集]

  • 3歳(1993年):2戦2勝 (さざんか賞500万下)
  • 4歳(1994年):6戦1勝 2着2回 (京成杯、スプリンターズステークス2着)
  • 5歳(1995年):6戦1勝 2着1回 (セントウルステークス、スプリンターズステークス2着)
  • 6歳(1996年):6戦0勝 2着2回 (高松宮杯2着)
  • 7歳(1997年):4戦0勝 2着1回
  • 8歳(1998年):3戦0勝

騎手[編集]

  • 上村洋行:11戦2勝 2着2回(さざんか賞)
  • 的場均:8戦1勝 2着2回(京成杯)
  • 武豊:4戦1勝(セントウルステークス)
  • 横山典弘:4戦0勝 2着2回
    • 3度のGI2着は、4歳時のスプリンターズステークスは的場。5歳時のスプリンターズステークスと高松宮杯は横山典。

引退後[編集]

引退後は種牡馬となり、良血と潜在能力を期待されて当初はそこそこの人気を集めたが、目立った産駒はいない。2001年に腰の骨折のため1年間種付けを休養するアクシデントに見舞われたこともあって、以後ほとんど産駒は送り出せなかった。2006年に種牡馬を引退。現在は功労馬管理施設Rolling eggs clubに繋養されている。

血統表[編集]

ビコーペガサス (Biko Pegasus)血統ノーザンダンサー系 / 5代までアウトブリード) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダンジグ系ノーザンダンサー系
[§ 2]

Danzig
1977 鹿毛
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Pas De Nom
1968 黒鹿毛
Admiral's Voyage Crafty Admiral
Olympia Lou
Petitioner Petition
Steady Aim

Condessa
1978 栗毛
Condorcet
1972 鹿毛
Luthier Klairon
Flute Enchantee
Pan American Pan
Visibility Good
母の母
Varinessa
1970 鹿毛
Varano Darius
Varna
Silken Princess Arctic Prince
Silken Slipper F-No.5-h
母系(F-No.) 5号族(FN:5-h) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ビコーペガサス 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ビコーペガサス 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ビコーペガサス 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ビコーペガサス 5代血統表2017年8月31日閲覧。


脚注[編集]

  1. ^ この年は阪神・淡路大震災の影響で京都で開催。
  2. ^ マイルチャンピオンシップは1984年の創設以来、この前年の1994年まで一番人気馬が11回連続して連対(2着以内)を果たしていたが、本馬がレース史上初めて連対を外した。
  3. ^ 第3 - 4コーナー中間で、目の前でニホンピロスタディが故障し、逃げ場をなくした本馬は他の馬から完全に取り残される不利を受けた。

外部リンク[編集]