スタンリー・ノルマン・コーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スタンリー・ノルマン・コーエン(Stanley Norman Cohen, 1935年2月17日[1]-)は、ニュージャージー州パースアンボイ出身のアメリカ合衆国遺伝学者である。

コーエンはラトガース大学を卒業し、1960年にペンシルベニア大学医学部から博士号を取得した。アメリカ国立衛生研究所を含むいくつかの研究所で研究を行い、1968年にスタンフォード大学に移籍した。

そこで彼は細菌プラスミドの研究を始め、細菌が抗生物質耐性を持つ仕組みを解明しようとした。1972年、コーエンはポール・バーグハーバート・ボイヤーとともに、遺伝子を結合、移植する方法を開発した。この手法により遺伝子工学が可能になり、コーエンは1986年にアメリカ国家科学賞を受賞した。今日では、コーエンはスタンフォード大学の遺伝学と医学の教授を務め、細胞成長等の研究を行っている。

研究[編集]

コーエン、バーグ、ボイヤーは、1973年に、今日遺伝子工学と言われている最初の実験を行った。彼らはカエルリボソームRNA遺伝子を細菌の細胞に導入して発現させることができることを示した。まず彼らはプラスミドをpSC101と呼ばれるベクターに調整した。このプラスミドは、制限酵素EcoRIテトラサイクリン耐性遺伝子を含む。EcoRIはカエルの遺伝子を小さく分割するのに使われる。次に、DNA断片の付着末端は自己配列し、DNAリガーゼによってつなぎ合わされる。この時にプラスミドが大腸菌の遺伝子に取り込まれ、テトラサイクリンを含んだ培地で育つようになる。プラスミドを取り込めた細胞はテトラサイクリン耐性遺伝子を持ち、コロニーを作ることができる[2]

受賞など[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://openwetware.org/images/c/c3/RSSE2007_ImperialCollege_Biographies.pdf (page 9)
  2. ^ Thieman, W.J and Palladino, M.A., Introduction to Biotechnology, Pearson Education, Benjamin Cummings, 2024. page 55