ジェイコブ・ファリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェイコブ・ファリア
Jacob Faria
タンパベイ・レイズ #34
Jacob Faria.jpg
2017年6月30日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州オレンジ郡ラ・パルマ英語版
生年月日 (1993-07-30) 1993年7月30日(25歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト10巡目(全体330位)でタンパベイ・レイズから指名
初出場 2017年6月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイコブ・ダニエル・ファリアJacob Daniel Faria, 1993年7月30日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡ラ・パルマ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBタンパベイ・レイズ所属。

経歴[編集]

2011年MLBドラフト10巡目(全体330位)でタンパベイ・レイズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レイズでプロデビュー。6試合(先発2試合)に登板して0勝1敗・防御率2.87・14奪三振の成績を残した。

2012年アパラチアンリーグのルーキー級プリンストン・レイズ英語版でプレーし、13試合(先発5試合)に登板して3勝4敗・防御率5.14・34奪三振の成績を残した。

2013年もルーキー級プリンストンでプレーし、12試合に先発登板して3勝3敗・防御率2.02・71奪三振の成績を残した。

2014年はA級ボーリンググリーン・ホットロッズ英語版でプレーし、23試合に先発登板して7勝9敗・防御率3.46・107奪三振の成績を残した。

2015年はA+級シャーロット・ストーンクラブズとAA級モンゴメリー・ビスケッツでプレーし、2球団合計で25試合(先発23試合)に登板して17勝4敗・防御率1.92・159奪三振の成績を残した。オフの11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[1]

2016年はAA級モンゴメリーとAAA級ダーラム・ブルズでプレーし、2球団合計で27試合に先発登板して5勝10敗・防御率3.99・157奪三振の成績を残した。

2017年は開幕をAAA級ダーラムで迎え、6月7日にメジャー初昇格を果たした[2]。メジャーデビューとなった同日のシカゴ・ホワイトソックス戦では先発して6.1回を1失点と好投し、初登板初勝利を挙げた[3]

2018年タンパベイ・レイズの先発3番手として迎えた。2018年5月23日に、外腹斜筋で60日間の故障者リストに入り、怪我前の成績は47回と2/3回を投げて防御率5.48だった[4]。8月1日にメジャーに復帰し、ロサンゼルス・エンゼルス戦でリリーフとして3回と2/3回を投げ、勝ち投手となった。8月16日に、トミー・ファムに代わって、AAA級ダーラム・ブルズに降格した[5]。9月5日に、メジャーに昇格した[6]。レギュラーシーズンでは、初めは先発ローテーションだったものの、外腹斜筋で故障者リストに入ってからは低迷したシーズンだった[7]。17登板12先発で65回を投げ、4勝・4敗・防御率5.40を残した。

投球スタイル[編集]

平均92.1mph(約148.2km/h)のフォーシームを中心とし、変化球ではスライダーの割合が高く、他にはチェンジアップカーブを投げる[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 TB 16 14 0 0 0 5 4 0 0 .556 357 86.2 71 11 31 0 5 84 6 0 35 33 3.43 1.18
2018 17 12 0 0 0 4 4 0 0 .500 281 65.0 60 9 33 1 3 50 2 0 39 39 5.40 1.43
MLB:2年 33 26 0 0 0 9 8 0 0 .529 638 151.2 131 20 64 1 8 134 8 0 74 72 4.27 1.29
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2017 TB 16 4 8 0 0 1.000
2018 17 3 6 1 1 .900
通算 33 7 14 1 1 .955
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 34(2017年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]