ゴルビーのパイプライン大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルビーのパイプライン大作戦
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ(FC)
MSX2
FM TOWNS
開発元 コンパイル
発売元 徳間書店(FC)
コンパイル(MSX2)
発売日 1991年4月12日(FC)
テンプレートを表示

ゴルビーのパイプライン大作戦』(-だいさくせん)は、1991年4月12日徳間書店より発売された、任天堂ファミリーコンピュータ対応コンピュータゲーム。いわゆる落ちものと呼ばれるパズルゲームのひとつである。また同年コンパイルよりMSX2版が発売されたほか、FM TOWNS版も存在する。

MSX・FAN誌に投稿されたゲームプログラム「水道管」「水道管II」が原案。

概要[編集]

「落ちもの」に分類されるとおり、落ちてくるブロックを組み合わせるゲームの一種であるが、このゲームの場合ブロックに該当するのはさまざまな形のパイプ管である。このパイプのブロックは2個で構成されており、横向きにして片方を接地させると、もう片方が切り離される。

画面内の枠の左右に水を流すための穴が無数に開いており、落ちてくるパイプ管の断片をつなぎ合わせることによってパイプラインを造り、右側の穴から左側の穴へと水を流せるようにする。パイプラインが完成すると、それより下にあるブロックは消去及び、水のブロック(ブルーブロック)に変わる。ブルーブロックは、パイプライン完成時に隣接していると得られる得点が上昇する。

水は右側の壁の一番下からパイプ管に流され、水を流しているパイプ管がブロックで塞がれると、右側の壁のパイプ管のうち「ブロックで塞がれていない一番下のパイプ管」から再度水が流される。右側の壁のパイプ管が全てふさがれるか、ブロックが投下される位置まで積み上げてしまうとゲームオーバーとなる。出口となる左のパイプ管は、ステージを進めるごとに少なくなっていく。

アイテムとして、ブロックを削るドリルや、落下地点がパイプラインの先端(水の出ているところ)が隣にある場合に発動する「水滴(発動した時点で1つのパイプラインが繋がった扱いになる)」と「水の瓶(ブルーブロックが4段分せりあがってくる)」がある。また、特定の条件で画面下からロケットが飛び出す。

落下するブロックを使ってパイプラインを造るという特性上、パイプの先端をふさぐとドリルで削らない限りやり直しになるため、難易度はシビアな部類に入る。また、使われているBGMは、クラシック音楽が使用されている。

ゴルビーとパイプラインの関係について[編集]

ペレストロイカで名を馳せ、日本でもアイドル的人気があった当時のソビエト連邦大統領ソビエト共産党書記長)、ミハイル・ゴルバチョフ(愛称ゴルビー)の名を冠していたことである。そのため、(建前上の)ゲームの目的は日ソ間の友好関係強化であり、東京モスクワ間をパイプラインでつなぐ必要があるのである。確かに政治外交の世界でも「パイプ」という言葉は用いられるが、「顔が利く」といった意味であり、水道管そのものというわけではない。

なお、このゲームを開発する際にゴルバチョフの肖像権の許可を当時のソ連大使館に申請して使用している。