ガンヘッド (PCエンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガンヘッド
GUNHED
(Blazing Lazers)
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 PCエンジン
開発元 コンパイル
ハドソン
発売元 日本の旗ハドソン
アメリカ合衆国の旗NEC-HE
プロデューサー 遠藤英俊
青山英治
ディレクター 植山幹郎
川田忠之
仁井谷正充
デザイナー JANUS寺本
末吉公道
中島和之
プログラマー 広野隆行
POCHI NAKAMORI
音楽 宮本昌知
J.T.S
塚本雅信
井上志純
OZONO
竹内啓史
人数 1人
メディア 3メガビットHuCARD
発売日 日本の旗1989年7月7日
アメリカ合衆国の旗1989年11月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他
テンプレートを表示

ガンヘッド』(GUNHED) は、1989年にハドソンより発売されたPCエンジン用縦スクロールシューティングゲーム

概要[編集]

同年夏に東宝より配給されたSF映画『ガンヘッド』と同じタイトルを冠するが繋がりは無く[1]、海外版では版権上の都合で『Blazing Lazers』(ブレイジングレーザーズ)と改題されている。

4種のメイントショットと4種のサブウエポン、ボムを駆使しながら敵を倒していく。全9面で構成され、1周クリアでエンド。派手で多彩なパワーアップや撃ちまくる爽快感は、発売当時のゲーム雑誌から高い評価を受けた[2]

1989年に行われた第5回ハドソン全国キャラバン公式ソフトであり、ゲームの3面をベースにしたものがキャラバンステージとなっている。なお、キャラバンステージをプレイできる『ガンヘッド Special Version』はキャラバン入賞者への賞品やゲーム雑誌懸賞の賞品としてのみ取り扱われ、一般には市販されていない。

海外版の『Blazing Lazers』が2008年6月17日よりWiiバーチャルコンソールで、2010年7月21日にはゲームアーカイブスPSPPS3)で、2014年6月11日にはWii Uのバーチャルコンソールで、それぞれ配信された。

ゲーム内容[編集]

アイテム[編集]

アイテムキャリーを破壊する他、地上物を破壊すると出現。メイン武器はI-IVの数字、サブ武器はS・M・F・Hのアルファベットで表示され、それぞれ同じアイテムを取り続けることにより1段階ずつ強化されていく。

どのメイン武器でも2段階以上になると自機にシールドが装備され、敵や敵弾を防げるようになる。ただし、サブ武器のS以外を装備した状態でダメージを受けると自機の装備は1段階レベルダウンする。また、自機のメインショットは紫色のジェルを一定数取得するごとにパワーアップする。

メイン武器[編集]

I フォトンプラクター
自機の標準装備。ミスした場合はこの装備になる。最大5方向に弾を発射でき、他装備では一度に4発までしか発射されないホーミングミサイルが8発まで発射される。
II ディスラプト・ウェーブ
前方に三日月状のウェーブ弾を発射。パワーアップすると斜め前方にも弾を撃ち最大3方向に発射される。自機を動かすことにより、発射角度をある程度操作できる。
III フィールドサンダー
敵を貫通するレーザーを放つ。パワーアップすると一度に発射されるレーザーの本数が増えて軌跡がより複雑なものになり、最強時には画面全体を覆えるようになる。
IV リング・プラスター
自機のショットが脆弱となるが(Iの2段階目に固定される)、機体周囲を球体のバリアが回転して耐久力の無い敵機を破壊し、ほぼ全ての敵弾を防ぐことができる。パワーアップするとバリアの数や回転速度が増す。

サブ武器[編集]

F フル・ファイヤー
装備中のメインショットを強化した特殊武器が装備される。
H ホーミング・ミサイル
誘導弾。パワーアップすると追尾性能が高くなる。
M マルチ・ボディ
自機の動きをトレースするオプションが最大2個まで装備され、援護射撃を行う。パワーアップすると敵機や敵弾を防げるようになる。
S シールド
標準装備されるシールド(上記参照)よりも強力なシールドを装着し、ダメージを受けてもその耐久力が無くなるまで武器のパワーダウンを防ぐことが可能。

隠し装備[編集]

8方向ショット
IかIVのメインショットを、最強や残ボム数0の状態で他のアイテムを取らず紫色のジェルのみ30個連続で取得すると自機と同形のアイテムが出現するので、それを取得すると自機のショットが8方向に発射されるようになる。製品版未収録のスコアアタックモードでは、10000点の配点がされている。出現条件を満たしていれば何度でも出現する。自機のダメージによるパワーダウンは前方ショットのみ。また、8方向ショット使用中に他のメイン武器に切り替えるとキャンセルされる(サブ武器は切り替えてもよい)。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 Blazing Lazers
アメリカ合衆国の旗2007年5月21日
欧州連合の旗2007年5月25日
日本の旗2008年6月17日
Wii
バーチャルコンソール
コンパイル ハドソン ダウンロード - -
2 Blazing Lazers
日本の旗2010年6月21日 PlayStation Portable
PlayStation 3
ゲームアーカイブス
コンパイル ハドソン ダウンロード - -
3 Blazing Lazers
日本の旗2014年6月11日 Wii U
(バーチャルコンソール)
コンパイル ハドソン ダウンロード - -

スタッフ[編集]

  • プログラマー:JEMINO HIRONO(広野隆行)、POCHI NAKAMORI
  • デザイナー:JANUS寺本、ZASH.PRI.PRI(末吉公道)、NAKASHIMA PUPPY(中島和之)
  • コンポーザー:MIYANO(宮本昌知)、J.T.S、MATS(塚本雅信)、SYDON(井上志純)、OZONO、TAKEUCHI(竹内啓史)
  • ディレクター:植山幹郎、川田忠之、MOO NIITANI(仁井谷正充)
  • プロデューサー:遠藤英俊、青山英治
  • スペシャル・サンクス:BEST FRIENDS IN SAPPORO、ジョン・グレイナー、ライス・グランズ、MIZUTAN(水田浩司)、HEALTHY TOYAMA(外山雄一)

評価[編集]

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では7・8・8・7の合計30点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得[3]、ゲーム誌「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、24.1点(満30点)となっている[4]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.0 4.1 3.9 4.2 4.1 3.8 24.1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、ゲームソフトCMには映画内のシーンが使われ、同作品の登場人物も出演している。
  2. ^ ファミコン通信オールゲームカタログ1991[要ページ番号]月刊PCエンジン編集部コメント[要ページ番号]
  3. ^ ガンヘッド(VC版タイトル:ブレイジングレーザーズ) [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年5月17日閲覧。
  4. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 575頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]

下記は現在リンク切れ。