デビルクラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デビルクラッシュ
ジャンル コンピュータピンボール
対応機種 PCエンジン
開発元 コンパイル
発売元 ナグザット
音楽 迫田敏明
塚本雅信
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 3メガビットHuCARD[1]
発売日 日本 199007201990年7月20日
アメリカ合衆国 1990年
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:日本 NX90004
アメリカ合衆国 TGX030038
テンプレートを表示

デビルクラッシュ』(DEVIL CRUSH) は、1990年7月20日ナグザットが発売したPCエンジンピンボールゲームである。

概要[編集]

エイリアンをモチーフにしたピンボールゲームの『エイリアンクラッシュ』(1988年)の続編。

後にメガドライブに移植され、その他に1991年のAMショーで『デビルショック』というタイトル名でアーケード版が出展されていたが、発売中止になっている。

ハドソン(現・KONAMI)が登録商標などの権利を取得しており、2007年6月19日よりWiiバーチャルコンソールで、2009年7月15日よりゲームアーカイブスPSPPS3)で、2015年3月18日よりWii Uのバーチャルコンソールで、それぞれ配信されている。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本の旗デビルクラッシュMD
アメリカ合衆国の旗Dragon's Fury

日本 199110101991年10月10日
アメリカ合衆国 1991年
ヨーロッパ 199209241992年9月24日
メガドライブ テクノソフト 日本 テクノソフト
アメリカ合衆国 テンゲン
ヨーロッパ テンゲン
4メガビットロムカセット[2] 日本 T-18053
アメリカ合衆国 301034-0150
ヨーロッパ 301034-0150
-
2 デビルクラッシュ
バーチャルコンソール
日本 200706192007年6月19日
アメリカ合衆国 200707232007年7月23日
ヨーロッパ 200707272007年7月27日
Wii コンパイル ハドソン ダウンロード - -
3 デビルクラッシュ
PCエンジンアーカイブス
日本 200907152009年7月15日
PlayStation Portable
PlayStation 3
(PlayStation Network)
コンパイル ハドソン ダウンロード - -
4 デビルクラッシュ
バーチャルコンソール
日本 201503182015年3月18日
Wii U コンパイル KDE ダウンロード - -
メガドライブ版

テクノソフトよりメガドライブへ『デビルクラッシュMD』 の名で移植された。海外では『Dragon's Fury』のタイトルでテンゲンから発売されている。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Computer and Video Games 93%[3]
Electronic Gaming Monthly 27/40点 (PCE)[4]
Eurogamer 5/10点 (Wii)[5]
ファミ通 34/40点 (PCE)[6]
(ゴールド殿堂)
27/40点 (MD)[7]
GameSpot 7.5/10点 (Wii)[5]
NintendoLife 9/10stars[5]
月刊PCエンジン 85/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン 31/40点 (PCE)
PC Engine FAN 23.30/30点 (PCE)[1]
(総合70位)
Raze 93% (PCE)[4]
メガドライブFAN 23.39/30点 (MD)[2]
MegaTech 91% (MD)[8]
Mean Machines 92% (MD)[3]
受賞
媒体 受賞
MegaTech Hyper Game (MD)
PCエンジン版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では9・8・9・8の合計34点(満40点)でゴールド殿堂入りを獲得[6]、レビュアーの意見としては「このピンボールゲームはけっこう完成度が高い」、「ボーナスステージやいろんな仕掛けが盛りだくさんで、ホントに楽しい」、「『エイリアンクラッシュ』と比較してもよく練り込まれているし、動きもよい」などと評されている[9]

その他、『月刊PCエンジン』では80・80・95・80・90の平均85点、『マル勝PCエンジン』では8・7・9・7の合計31点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.30点(満30点)となっている[1]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で70位(485本中、1993年時点)となっている[1]。同雑誌1993年10月号特別付録の「PCエンジンオールカタログ'93」では、「『エイリアンクラッシュ』の続編。グロテスクな雰囲気と豊富な仕掛けがさらにパワーアップされた。フィールド上には常にモンスターが動いていて、それにボールを当てると得点が入る。ボールの動きが非常にリアル」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.87 3.72 4.12 4.09 3.73 3.78 23.30
メガドライブ版『デビルクラッシュMD』

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計27点(満40点)[7]、「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.39点(満30点)となっている[2]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.80 4.15 4.07 3.97 3.76 3.64 23.39

続編[編集]

日本国内としての続編はスーパーファミコンで発売された『邪鬼破壊(じゃきクラッシュ)』(1992年)があるが、日本国外ではテンゲンから発売された日本国外版『Dragon's Fury』の直接的な続編である『Dragon's Revenge』(1993年)がGenesisで発売されている。この作品には海外で製作された作品の為、ナグザットやコンパイル、そしてテクノソフトのスタッフは全く関わっていない。なお、この『Dragon's Revenge』は後に日本のメガドライブでも1993年12月10日に発売されているが、デビルクラッシュとの繋がりはオミットされ、単体の作品という扱いになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 140頁。
  2. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 99頁。
  3. ^ a b Devil's Crush for Genesis (1990) - MobyGames”. Blue Flame Labs. 2018年5月12日閲覧。
  4. ^ a b Devil's Crush for TurboGrafx-16 (1990) - MobyGames”. Blue Flame Labs. 2018年5月12日閲覧。
  5. ^ a b c Devil's Crush for Wii (2007) - MobyGames”. Blue Flame Labs. 2018年5月12日閲覧。
  6. ^ a b デビルクラッシュ まとめ [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月18日閲覧。
  7. ^ a b デビルクラッシュMD まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月18日閲覧。
  8. ^ MegaTech review, EMAP, issue 1
  9. ^ 「6月16日増刊号特別付録 クロスレビュー優良ソフトパーフェクトカタログ 上巻」、『ファミ通』、エンターブレイン2005年6月16日、 22頁。

外部リンク[編集]