オーストラリア森林火災 (2019年-2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーストラリア森林火災
(2019年-2020年)
2019-12-07 East Australian Fires Aqua MODIS-VIIRS-LABELS.png
NASAの衛星画像(2019年12月7日)
現場 オーストラリアの旗 オーストラリア全域
発生日 2019年6月より継続中
類焼面積 18,600,000ヘクタール以上
原因 記録的猛暑[1]
記録的旱魃[1]
落雷[2]
ダイポールモード現象[1]
放火[3][4]
事故[5]
被害建築物 6,500棟以上
死者 29名(2020年1月11日現在)

オーストラリア森林火災 (オーストラリアしんりんかさい)は、2019年9月より多発化し、2020年1月においてもなお継続中のオーストラリアの大規模森林火災

概要[編集]

オーストラリアではほぼ毎年のように森林火災が発生しているが、特に2019年は、平均降水量が観測史上最も少なく空気が乾燥していたのに加え、平均気温も過去最高を記録し、12月には記録的な熱波が到来するなど、火災が発生・拡大しやすい条件が整っていた[6][7][8][9]。2019年9月ごろから南東部のニューサウスウェールズ州を中心に頻発するようになった森林火災は[10]、乾燥・高温・強風の条件が重なり全国的に猛威を振るった。夏季のピークとなる1月・2月を前にして既に被害は甚大であり、2020年1月11日現在、類焼面積10,700,000ヘクタール(107,000平方キロメートル[注 1])以上、建物被害5,900棟以上(うち住宅2,204棟以上)、死者29名にまで拡がった[11][12][13][要出典]

の害も深刻であった。森林火災から発生した大量の煙が都市部を覆い、呼吸困難の訴える患者が続出した[14][6]。煙は海を越えてニュージーランドに到達し、上空を煙霧で覆った[15]。さらに煙は太平洋を越え、12,000キロメートル離れた南アメリカチリアルゼンチンに到達し、ブラジルでも観測された[16][17]

また、大規模な森林火災は、オーストラリアに生息する貴重な野生動物にも深刻な影響をもたらしている。2020年1月8日に発表されたシドニー大学のクリス・ディックマン教授の試算によれば、既に哺乳類鳥類爬虫類など10億以上の生命が失われたと推定されている[18][10]。大規模森林火災の影響は長く続くと予想され、生息地が焼失しの確保が困難になることから、生き残った動物たちの絶滅が危惧されている[19]

地域別の被害では、特にオーストラリア南東部での被害が大きい。ニューサウスウェールズ州では、2019年9月頃から大きな被害が出始めた。100件以上の森林火災が州内を席巻し、ノースコースト英語版ミッドノースコースト英語版ハンター・リージョンシドニー西端部のホークスベリー英語版及びウロンディリー英語版ブルーマウンテンズ英語版イラワラサウスコースト英語版リベリナ英語版スノーウィー・マウンテンズ英語版など多くの地域が大打撃を受けた。南隣のビクトリア州では、北東部英語版から東部英語版にかけての森林火災が手の付けられない状態となり、4週間にわたって燃え続け、広大な地域が焼き払われた。12月末、ついに火災は森林から出て犠牲者を生み、多くの町を脅かし、コリヨング英語版マラクータ英語版を孤立させた。州政府は、イースト・ギプスランド英語版について非常事態を宣言した[20]南オーストラリア州では、アデレード・ヒルズ英語版カンガルー島で大規模な森林火災が発生した。クイーンズランド州南東部西オーストラリア州南西部でも森林火災が発生しているが、ニューサウスウェールズ州やビクトリア州ほどの規模にはならなかった。タスマニア州首都特別地域(ACT)でも一部の地域で森林火災が発生しているものの、少ない被害で済んでいる。

災害対策[編集]

オーストラリア国防省はこの火災に対応する為、統合任務部隊を編成。陸海空軍が合同で各地消防当局と共に被災者救援に当たる「ブッシュファイア(原野火災)・アシスト」作戦を発動した。

オーストラリア空軍は各地消防当局が保有する消防機の運用のサポートや物資の輸送。陸軍は各地消防当局と連携して消防活動。同軍ヘリコプター部隊は空軍同様物資の輸送を。海軍からはドック型揚陸艦チョールズ強襲揚陸艦アデレード、キャンベラ、航空訓練艦シカモアマラクータ沖に派遣し、被災者の救援に当たった。

各地域の状況[編集]

首都特別地域(ACT)[編集]

ニューサウスウェールズ州[編集]

サウスコースト[編集]

9月6日、州北部がすさまじく燃え上がる火災の脅威に見舞われた。ドレイク英語版周辺のロング・ガリー・ロード(Long Gully Road)の火災は10月末まで燃え続け、2人が死亡、43棟の家屋が全焼・半壊した[21]。マウント・マッケンジー・ロード(Mount McKenzie Road)の火災は、テンターフィールド英語版郊外の南部にも燃え広がり、重傷者を1人出したほか、家屋5棟が全焼・半壊した。エボール英語版周辺のビーズネスト(Bees Nest)の火災は、11月12日まで燃え続け、7棟の家屋を焼き尽くした[22]

ミッドノースコースト[編集]

火災による白煙、アワバ英語版にて撮影

ヒルビル(Hillville)では、高温・強風という悪条件が重なったために火災が拡大し、北部の町のタリーで混乱が生じた。当地では、火災の脅威が一層高まる前に、児童や生徒を家へ送り届ける通学バスが早めに運航した。11月9日には、火災がオールドバー英語版とワラビ岬(Wallabi Point)に達し、数多くの建物が脅威にさらされた。さらにその2日後にはティノニー英語版やタリーサウスにまで到達し、タリーサービスセンター(Taree Service Centre)目前まで炎が迫った。消防飛行機は本サービスセンターを防護するために施設に水を投下した。その後、火災はわずかな間、ナビアック英語版の方に燃え広がったが、風にあおられてフェイルフォード(Failford)の方に転進した。そのほか、レインボーフラット(Rainbow Flat)・KhappinghatKooringhatパーフリート英語版が被害を受けた。最終的に、313平方キロメートル(日本の自治体に置き換えると群馬県前橋市一個分)を燃やし尽くした[23][24]

ディンゴトップス国立公園(Dingo Tops National Park)では、小火が非常事態宣言を発布する大火までになり、小さな村のボビン英語版では、多数の家屋と公立学校が火災で焼損する被害が出た [25]

2019年の世界ラリー選手権の最終ラウンドとして設けられていたラリー・オーストラリア英語版は、11月14日から17日にかけて、コフスハーバーで開催される予定だった[26]が、開催日の1週間前から火災が周辺地域に悪影響を与え始めた。状況の悪化に伴い、主催者は大会縮小に動き出した[27]が、更なる状況悪化を受けて出場チームらから競技の中止を繰り返し求められ、開催目前の11月12日に開催中止が発表された[28][29]

ブルーマウンテンズとホークスベリー[編集]

ゴスパーズ山(Gospers Mountain)の火災(2019年12月撮影)

11月にウォレマイ国立公園英語版のゴスパーズ山で大規模な火災が発生し、4970平方キロメートル(日本の自治体に置き換えると福岡県一個分)が焼き尽くされ、ホークスベリー英語版リスゴー英語版地域の家屋が火災の脅威にさらされた。この火災は、セントラル・コースト・カウンシル英語版方向に燃え広がり、ワイズマンズフェリー英語版をはじめとする家屋が火災に巻き込まれるのではないかと予想された。

ブルーマウンテンズ英語版をゴスパーズ山の山火事から守るため、消防隊は12月14日にマウント・ウィルソン英語版マウント・アーバイン英語版で計画的な野焼きを敢行した。しかし、過剰な燃料と不安定な気象条件がために、計画的だったはずの野焼きは急速に管理できなくなり、マウント・ウィルソンとマウント・アーバインの家屋を火災の危険にさらすこととなってしまった。火災は最終的にマウント・アーバイン・ロード(Mount Irvine Road)を12月15日に飛び越えて、マウント・トーマ英語版ベランビング英語版ビルピン英語版に燃え移った。この火災により、これらの地域の多くの家屋や建造物が焼失した[30]

ベルズ・ライン・オブ・ロード(Bells Line of Road)沿いの焼損した道路標識

ビクトリア州[編集]

クイーンズランド州[編集]

南オーストラリア州[編集]

西オーストラリア州[編集]

タスマニア州[編集]

ノーザンテリトリー[編集]

国外の反応[編集]

日本[編集]

この火災に対し防衛省は、2020年1月15日、航空自衛隊C130を2機派遣すると発表した。同日に隊員約80名が小牧基地(愛知県)を出発し、既に現地に派遣された隊員8名と共に人員や物資の輸送に当たる。自衛隊幹部は「オーストラリア軍には東日本大震災の際、輸送支援してもらっており、今回は恩返しの意味も込めて支援したい」と話した。

影響[編集]

全豪オープンテニス[編集]

全豪オープンテニスの練習セッション(2020年1月14日)にて、スロベニアダリア・ジャクポビック選手がスイスシュテファニー・フェーゲレ選手との試合途中、大気汚染の影響で胸を抑えて屈みこみ、途中棄権した。ジャクポビック選手はCNNに対し、「試合全体を通じて、呼吸するのがとても難しかった。20分後にはすでに厳しくなっていた」と述べた。[31]

大会主催者は「今後の対応は医療チームと気象当局、州政府と緊密に協議して決める」とした。[32]

ラクダの大量虐殺[編集]

BBCニュースをはじめ複数のメディアがオーストラリア政府がラクダの大量虐殺 (Culling)を行ったと報じた[33][34][35]。発端は南オーストラリア州の先住民保護地区であるアナング=ピチャンチャチャラ=ヤンクニチャチャラ英語版 (ウルルの近く、マスグレイヴ山脈付近に居住するオーストラリアの先住民)で、野生のラクダの群れが水を求めて彼らの町に侵入しようとしていたところを彼らの代表が政府に報告し[34]、南オーストラリア州の環境省から派遣されたプロのスナイパーらがヘリコプターに乗り込みラクダの大量虐殺を行った。2020年1月8日に5日間に渡る掃討作戦が実行され、これは南オーストラリア州史上最大規模のラクダ掃討作戦となった。虐殺されたラクダの数は4,000頭から5,000頭に上り、動物福祉の最大限の規範に則って実行したという[36][37][38]。もっとも、乾期が長引くと在来種の野生生物には問題がなくても、野生のラクダにとっては極度の苦痛に繋がる[39][33]為安楽死の目的もありラクダを虐殺したのであると推測できる。 カンピ英語版に住んでいるマリタ・ベーカー (Marita Baker)はBBCニュースのインタヴューに対し"ラクダが水を求めて通りをうろついていたのよ。幼い子供たちの安全が心配だわ。"と応じた[34]。なお、野生のもこの掃討作戦の巻き添えを食らう恐れがあるとBBCニュースは報じた[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 焼失面積107,000km2は、日本本州(227,942 km2)の半分に迫り(「日本の島の一覧」参照)、国ではグアテマラ(108,889 km2)にほぼ匹敵する(「国の面積順リスト」参照)。

出典[編集]

  1. ^ a b c Special Climate Statement 71—severe fire weather conditions in southeast Queensland and northeast New South Wales in September 2019”(PDFBureau of Meteorology 2019年9月24日付, 英語, 2020年1月5日閲覧.
  2. ^ Harriet Alexander and Nick Moir “'The monster': a short history of Australia's biggest forest fireSydney Morning Herald 2019年12月20日付, 英語, 2020年1月4日閲覧.
  3. ^ Lucy Cormack and Matt Bungard “RFS volunteer charged with lighting seven firesSydney Morning Herald 2019年11月27日付, 英語, 2020年1月5日閲覧.
  4. ^ Elias Visontay “NSW bushfires: police set to charge a dozen with arsonThe Weekend Australian 2019年12月17日付, 英語, 2020年1月5日閲覧.
  5. ^ Gemma Sapwell “Cigarette butt to blame for devastating Binna Burra bushfireABC News (Australian Broadcasting Corporation) 2019年11月13日付, 英語, 2020年1月10日閲覧.
  6. ^ a b オーストラリア大規模森林火災収まらず NSW州再び非常事態宣言、煙霧シドニー覆う」 『ニューズウィーク日本版』 2019年12月19日付、2020年1月13日閲覧.
  7. ^ シャーロット・ジー 「オーストラリアの森林火災、NASA衛星画像が捉えたその被害規模」 『MITテクノロジーレビュー』 2020年1月7日付、2020年1月13日閲覧.
  8. ^ 松岡由希子 「森林火災が続くオーストラリア、干ばつの後は大雨で洪水になる恐れ」 『ニューズウィーク日本版』 2020年1月8日付、2020年1月13日閲覧.
  9. ^ オーストラリア 去年は最も暑く乾燥した年に 森林火災にも影響NHKニュース 2020年1月9日付、2020年1月13日閲覧.
  10. ^ a b 森浩 「オーストラリアの森林火災拡大、コアラなど10億匹の動物犠牲 韓国相当の面積焼失」 産経新聞 2020年1月9日付、2020年1月13日閲覧.
  11. ^ The numbers behind Australia's catastropic bushfire seasonSBS News 2020年1月5日付, 英語, 2020年1月8日閲覧.
  12. ^ Bushfires live updates: Troops prepare for emergency evacuations by seaNews.com.au 2020年1月2日付, 英語, 2020年1月3日閲覧.
  13. ^ Alex Chapman “Australian bushfires burn more land than Amazon and California fires combinedSeven News 2020年1月4日付, 英語, 2020年1月4日閲覧.
  14. ^ 豪シドニーを覆う有毒煙、「公衆衛生における緊急事態」 医師ら警鐘AFPBB News 2019年12月16日付、2020年1月13日閲覧.
  15. ^ ニュージーランドに煙霧、「不穏な空」と通報多数 豪火災の影響AFPBB News 2020年1月6日付、2020年1月13日閲覧.
  16. ^ 豪森林火災の煙霧、チリなど南米にも影響 太陽 赤み帯びるAFPBB News 2020年1月7日付、2020年1月13日閲覧.
  17. ^ 豪森林火災の煙、南米ブラジルにまで到達AFPBB News 2020年1月8日付、2020年1月13日閲覧.
  18. ^ More than one billion animals killed in Australian bushfiresUniversity of Sydney 2020年1月8日付, 英語, 2020年1月13日閲覧.
  19. ^ Eric Mack(上田裕資編集) 「オーストラリア森林火災で「種の絶滅」は必至、生物学者が指摘」 『[フォーブス (雑誌)|Forbes JAPAN]』 2020年1月12日付、2020年11月13日閲覧.
  20. ^ Victorian fires: state of disaster declared as evacuation ordered and 28 people missingThe Guardian 2020年1月3日付, 英語, 2020年1月3日閲覧.
  21. ^ Update on Northern NSW bush fires” (英語). www.rfs.nsw.gov.au. 2019年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月19日閲覧。
  22. ^ Property losses from recent NSW bush fires” (英語). www.rfs.nsw.gov.au. 2019年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月19日閲覧。
  23. ^ Major Fire Updates”. NSW Rural Fire Service. 2019年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月17日閲覧。
  24. ^ Fires Near Me”. www.rfs.nsw.gov.au. 2019年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月7日閲覧。
  25. ^ Pengilley (2019年11月10日). “'Get out': The town where the fire was so bad water bombers 'just gave up'” (英語). ABC News. 2019年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月14日閲覧。
  26. ^ “FIA announces World Motor Sport Council decisions”. fia.com (Fédération Internationale de l'Automobile). (2018年10月12日). https://www.fia.com/news/fia-announces-world-motor-sport-council-decisions-11 2018年10月12日閲覧。 
  27. ^ Howard, Tom (2019年11月12日). “Rally Australia reveals revised route proposal”. speedcafe.com (Speedcafe). https://www.speedcafe.com/2019/11/12/rally-australia-reveals-revised-route-proposal/ 2019年11月12日閲覧。 
  28. ^ “Fires cause angry teams to call for Rally Australia cancellation”. Motorsport.com. (2019年11月12日). https://www.motorsport.com/wrc/news/fires-angry-teams-australia-cancel/4595702/ 
  29. ^ Rally Australia Cancelled”. wrc.com. WRC (2019年11月12日). 2019年11月12日閲覧。
  30. ^ Thomas (2019年12月15日). “Homes believed lost in NSW 'mega blaze' as firefighters tackle 70-metre flames” (英語). ABC News. 2019年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月15日閲覧。
  31. ^ 豪森林火災、テニス全豪OPに影響 試合を途中棄権の選手も” (日本語). CNN.co.jp. 2020年1月16日閲覧。
  32. ^ 森林火災の煙害、全豪テニスで選手棄権や試合開始遅れも : その他 : スポーツ : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年1月15日). 2020年1月16日閲覧。
  33. ^ a b 豪で野生ラクダの殺処分終了、5000頭超を駆除” (日本語). afpbb.com. 2020年1月20日閲覧。
  34. ^ a b c d Australia to cull thousands of camels” (英語). bbc.com. 2020年1月20日閲覧。
  35. ^ 10,000 camels at risk of being shot in Australia as they desperately search for water” (英語). bbc.com. 2020年1月20日閲覧。
  36. ^ Bogle, Isadora (2020年1月7日). “Camel cull in South Australia's remote APY Lands to begin, following sharp increase in population”. Australian Broadcasting Corporation. https://www.abc.net.au/news/2020-01-07/camel-cull-in-apy-lands-begins/11848716 2020年1月9日閲覧。 
  37. ^ 10,000 camels in Australia are being shot due to drought
  38. ^ Australia: More than 10,000 camels to be shot because they drink too much water” (英語). independent.co.uk. 2020年1月20日閲覧。
  39. ^ 同地区に住むリチャード・キング (Richard King)の言葉:"乾期が長引くと、在来種の野生生物には問題がなくても、野生のラクダにとっては極度の苦痛につながる"

関連項目[編集]

外部リンク[編集]