1983年オーストラリア森林火災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1983年オーストラリア森林火災(1983ねんオーストラリアしんりんかさい)は、1983年2月16日に、オーストラリアビクトリア州及びサウス・オーストラリア州で同時多発的に発生した大規模な森林火災。合わせて2000km2が焼失、75人が死亡、2600人以上が負傷した。発生した日が復活祭の46日前の灰の水曜日であったことから、Ash Wednesday bushfires(灰の水曜日の森林火災)または単に「灰の水曜日」とも呼ばれる。

概略[編集]

火災はビクトリア州の広範囲と、サウス・オーストラリア州の南東部で当時多発的に発生した。この火災で、ビクトリア州では47人、サウス・オーストラリア州では28人が死亡した。死亡した人の中には、消火に当たっていた消防士も複数含まれている。この火災により、数千戸が被害を受けた。 2009年ビクトリア州で発生した森林火災(2009年ビクトリア州森林火災)までは、オーストラリア史上最悪の森林火災であった。

関連項目[編集]