エリク11世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリク・エーリクソン / エリク11世
Erik Eriksson
スウェーデン王
Erik-eriksson-laspe.gif
エリク11世の印章
在位 1222年 - 1229年1234年 - 1250年
出生 1216年
死去 1250年2月2日
配偶者 カタリーナ
王家 エリク家
父親 エリク10世
母親 リヘザ
テンプレートを表示
エリク11世の墓石 (ヴァーンヘム修道院)
13世紀に損傷を受けたエリク11世と思われる胸像

エリク・エーリクソン舌もつれのエリクまたは跛者のエリク[1] (スウェーデン語: Erik Eriksson, Erik läspe och halte、古ノルド語: Eiríkr Eiríksson、1216年 - 1250年2月2日)は、エリク家最後のスウェーデン王エリク11世、在位:1222年 - 1229年1234年 - 1250年[2])。

家系[編集]

エリク・エーリクソンはスウェーデン王エリク・クヌートソン(エリク10世英語版)とデンマーク王ヴァルデマー1世の娘リヘザとの間の子である。1320年代前半に書かれたエリクの年代記によれば、エリクは足が部分的に不自由であった。生まれた時にはすでに父エリク10世は死去しており、エリクが15歳になるまではエリク家のライバルスヴェルケル家ヨハン1世がスウェーデン王位についていた。この状況について、ローマ教皇パスカリス2世はエリク・エーリクソンの即位を希望していた。

治世[編集]

1222年にヨハン1世が死去すると、エリク・エーリクソンは6歳の若さでエリク11世として王位に就いた。幼少の王に代わり、司教やクヌート・ホルムイェルソンウルフ・フォースら一部の大貴族が後見人会(後の王国参事会の起源)を構成して実権を握った[3]1229年、エリク11世は反乱を起こしたクヌート・ホルムイェルソンにオルストラの戦いスウェーデン語版で敗れ、叔父のヴァルデマー2世が支配するデンマークへ亡命した。クヌート・ホルムイェルソンは1231年クヌート2世として即位したが、間もなく1234年に死去した。

クヌート2世の死後、エリク11世は復位し、ヤールスーネ・フォルカソンスウェーデン語版スヴェルケル家の女性の間の娘であるカタリーナと結婚した。一般にはエリク11世には子供がなかったとされるが、一部の資料によれば2人の娘が生まれたが程なく死んだという。

エリク11世は1250年に死去し、ヴェステルイェートランドヴァーンヘム修道院英語版に葬られた。

エリク11世の末妹インゲボーは、1236年フォルクング家の出身でスヴェルケル家の血をも母方から受けるビルイェル・ヤールの最初の妻となっていた。そしてその長男ヴァルデマール1世英語版は、エリク11世の死後スウェーデン王に即位した。ビルイェル・ヤールは、1266年に死去するまで摂政として王国を支配した。

詩人一覧』は、エリク11世の宮廷詩人(スカルド)の一人としてオラヴ・トールズソン英語版の名を挙げている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Lagerqvist, Lars O. ; Åberg, Nils Litet lexikon över Sveriges regenter (Boda kyrkby: Vincent förlag. 2004) ISBN 91-87064-43-X
  • Harrison, Dick Jarlens sekel - En berättelse om 1200-talets Sverige ( Stockholm: Ordfront, 2002) ISBN 91-7324-999-8
  • Lindström, Henrik; Lindström, Fredrik Svitjods undergång och Sveriges födelse (Stockholm: Albert Bonniers förlag. 2006) ISBN 91-0-010789-1.
  • 熊野聰、「第3章 内乱と王権の成長」、百瀬宏, 熊野聰, 村井誠人編 『北欧史』 (新版) 山川出版社〈世界各国史21〉、1998年ISBN 978-4-634-41510-2 
先代:
ヨハン1世
スウェーデン王
1222年 - 1229年
次代:
クヌート2世
先代:
クヌート2世
スウェーデン王
1234年 - 1250年
次代:
ヴァルデマール1世