インゲ1世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インゲ1世(Inge den äldre 、生年不詳 - 1105年/1112年)は、スウェーデン王(在位:1079年 - 1084年、1087年 - 1105年)。スウェーデン王ステンキルの息子。母はスウェーデン王エームンド老王の娘エンカリム。兄にスウェーデン王ハルステンがいる。

生涯[編集]

キリスト教徒であったインゲは、歴代の王が行ってきた、異教の神事であるガムラ・ウプサラの大犠牲祭の司祭役を拒否し、1084年にウプサラから追放され[1]、代わりに妻の兄弟ブロット=スヴェンが王位についた。1087年にブロット=スヴェンを殺害し復位[2]。 1100年頃、ノルウェー王マグヌス2世と領土争いをしていたが、1101年にデンマーク王エーリク1世によってコヌンガヘラ(クンガヘラ)で和解した[2]

息子ラグンヴァルドはインゲに先立って死去しており、インゲの死後、王位は兄ハルステンの息子フィリップが継承した[3]

子女[編集]

ブロット=スヴェンの姉妹ヘレナと結婚し、4人の子をもうけた。

  • クリスティーナ(? - 1120年) - 1095年にキエフ大公ムスチスラフ1世と結婚。
  • ラグンヴァルド - 娘イングリッドは初めデンマーク王族ヘンリク(デンマーク王スヴェン2世孫)と結婚し、スウェーデン王マグヌス2世(在位:1160年 - 1161年)を産む。のち、ノルウェー王ハーラル4世妃となる。
  • マルグレーテ(? - 1130年) - 1101年にノルウェー王マグヌス3世と結婚、のち1105年にデンマーク王ニルスと結婚。デンマーク王ニルスとの子マグヌス1世は一時スウェーデン王(在位:1126年 - 1130年)となる。
  • カタリーナ - デンマーク王子ビョルン(デンマーク王エーリク1世の孫)と結婚。スウェーデン王エリク9世妃クリスティーナの母。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 百瀬 他、p.53
  2. ^ a b The article Inge in Nordisk familjebok (1910).
  3. ^ N. Kershaw, "The Saga of Hervör and Heithrek" in Stories and Ballads of the Far Past, translated from the Norse (Icelandic and Faroese), Cambridge at the University Press, 1921. [1]

参考文献[編集]

  • 百瀬宏 他 編 『新版 世界各国史21 北欧史』 山川出版社、1998年
  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little, Brown & Company, 1981.
先代:
ホーコン
スウェーデン王
1079年 - 1084年
次代:
ブロット=スヴェン
先代:
ブロット=スヴェン
スウェーデン王
1087年 - 1105年
次代:
フィリップ