クリスティーナ・インゲスドッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティーナ・インゲスドッテル
Kristina Ingesdotter
Christina Ingesdotter of Sweden in her deathbed, with her husband (Mstislav I) next to her; Death of Daniil Yureviski; March of courtesans and bishops.jpg
死の床にあるクリスティーナ(左上)
死去 1122年1月18日
ベルゴロド?
配偶者 ノヴゴロド公ムスチスラフ
子女 一覧参照
父親 スウェーデン王インゲ1世
母親 ヘレナ
テンプレートを表示

クリスティーナ・インゲスドッテルスウェーデン語: Kristina Ingesdotter、? - 1122年1月18日[1])はスウェーデン王インゲ1世とその妻ヘレナ(en)との間の娘であり、ノヴゴロド公(クリスティーナの死後キエフ大公ムスチスラフの1人目の妻となった人物である。

生涯[編集]

クリスティーナに関する史料はわずかであり、その誕生年は不明である。出自と結婚に関しては、1194年もしくは1195年の、フランス王フィリップ2世とその2人目の妻インゲボーとの離婚に関する文章の中の記述に基づいている[2]。具体的な結婚年に関しては、ヴァシリー・タチシチェフ(ru)1095年であると論じたが、ポーランドの歴史家Dariusz Dąbrowskはこれに異を唱え、1090年から1096年の間であるとした[1]

ムスチスラフとの間に複数の子をなした後、1122年に死亡した。おそらく没地はベルゴロドであるが、その埋葬地に関する史料はない。

子女[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Dąbrowski, Dariusz (2008). Genealogia Mścisławowiczów. Pierwsze pokolenia (do początku XIV wieku). Kraków: Avalon. pp. 78–79
  2. ^ Diplomatarium Suecanum, Svensk Diplomatarium, 101 / Liljegren J. G. (ed.). — Stockholm, 1829. — Т. 1, 817—1285. — P. 125.

参考文献[編集]