マリムフリダ・ムスチスラヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリムフリダ・ムスチスラヴナ
Мальмфрида Мстиславна
ノルウェー王妃
デンマーク王妃
出生 1095/1102年
死去 1137年以降
配偶者 ノルウェーシグル1世
  デンマークエーリク2世
子女 クリスティン
父親 キエフ大公ムスチスラフ1世
母親 クリスティーナ・インゲスドッテル
テンプレートを表示

マリムフリダ・ムスチスラヴナ / マウムフリード・ムスティスラヴスダッティル[訳語疑問点]ロシア語: Мальмфрида Мстиславна / ノルウェー語 (ブークモール): Malmfrid Mstislavsdatterデンマーク語: Malmfrid Mstislavlsdatter1095/1102年[1] - 1137年以降)はノルウェー王シグル1世(en)の妻、ついでデンマーク王エーリク2世の妻となった人物である。

生涯[編集]

幾つかのサガ(『ヘイムスクリングラ』、『モルキンスキンナ』、『クヌートの子孫のサガ(en)[注 1]』)には、マリムフリダは、ガルダリキ(ru)ルーシのスカンジナヴィア名)のコヌング(ru)(ルーシではクニャージ)であるハラルドと、スウェーデンのクリスティーナとの間の娘と記されている。ハラルドはキエフ大公ムスチスラフ1世と解されるが、ルーシの資料にはスラヴ語によるマリムフリダの名に関する言及はない。

1111年、ノルウェー王シグル1世と結婚するが、それは不幸な結婚だったと叙述されている。シグルとの間には、後のノルェー王マグヌス5世の母となる娘・クリスティン(en)[訳語疑問点]が生まれた。シグルと離婚後、マリムフリダはデンマークへと渡り、1133年にエーリク(1134年に即位しデンマーク王エーリク2世となる)と結婚した。シグルとの離婚についてはスノッリ・ストゥルルソンの著述に言及されている。

1137年にエーリクが殺された以降の、マリムフリダに関する史料は残されていない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「クヌートの子孫のサガ」はロシア語: Сага о потомках Кнутаの直訳による。古ノルド語:Knýtlinga saga 。

出典[編集]

  1. ^ Dąbrowski, Dariusz (2008). Genealogia Mścisławowiczów. Pierwsze pokolenia (do początku XIV wieku). Kraków: Avalon. p. 92

参考文献[編集]