ステンキル (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステンキル
Stenkil
スウェーデン王
在位 1060年 - 1066年

死去 1066年
配偶者 エンカリム
子女 エリク7世?
ハルステン
インゲ1世
エリク8世?
王家 ステンキル家
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

ステンキル(Stenkil, 古ノルド語: Steinkell, ? - 1066年)は、スウェーデン王(在位:1060年 - 1066年)。ステンキル家最初の王[1]

ヴレンタ修道院のステンキル王朝によって作成された窓。

生涯[編集]

ユトランドの貴族出身。エームンドの娘エンカリムと結婚した。1060年にエームンドが嫡男を残さず死ぬと、ステンキルが王位を継いだ。その治世はノルウェーハーラル3世と争いつつ、国内のキリスト教化を図った。ステンキルの子孫が半世紀ほどスウェーデン王位を継いだ[2][3][4]。エームンドの後継者、敬虔なクリスチャンとして称賛され、また古い異教の宗教に対する寛容な姿勢を持っていたが、短い治世の間にノルウェーとは武力紛争があった[5]

脚注と参考文献[編集]

  1. ^ Lagerqvist, Lars O. (2001), “Stenkilska ätten”, Medeltidens ABC, Swedish Museum of National Antiquities, ISBN 91-518-3926-1, オリジナルの2007-09-30時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070930031540/http://histvarld.historiska.se/histvarld/sok/artikel.asp?id=21592 
  2. ^ Odelberg, Maj (1995), “Stenkil”, Vikingatidens ABC, Swedish Museum of National Antiquities, ISBN 91-7192-984-3, オリジナルの2007-09-30時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070930030952/http://histvarld.historiska.se/histvarld/sok/artikel.asp?id=11101 
  3. ^ Tunberg, Sven (1917), Stenkil, Nordisk familjebok, http://runeberg.org/nfcf/0664.html 
  4. ^ “Stenkil”, Nationalencyklopedin, http://www.ne.se/jsp/search/article.jsp?i_art_id=314981 
  5. ^ Hans Gillingstam, "Stenkil", Svenskt biografiskt lexikon
先代:
エームンド
スウェーデン王
1060年 - 1066年
次代:
エリク7世
エリク8世