スヴェルケル家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スヴェルケル2世王女ヘレナの紋章[1]

スヴェルケル家: Sverkerska ätten)は、12世紀前半から13世紀前半までの間、エリク家と競合しつつ断続的にスウェーデン王を出した王家である。家名は最初の王であるスヴェルケル1世にちなんでいる。本拠地はエステルイェートランドもしくはヴェステルイェートランドであったと考えられている[2]1222年ヨハン1世の死により同家は断絶、エリク家の王が続いた後、王位はフォルクング家に移った。

歴代スウェーデン王[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロット・スヴェン
スウェーデン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ステンキル家
 
 
 
 
 
コル
 
 
 
 
 
ステンキル家
 
セシリー
 
イェドヴァルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インゲ2世
スウェーデン王
 
ウルヴヒルド
 
スヴェルケル1世
スウェーデン王
 
リクザ
(ポーランド大公ボレスワフ3世娘)
 
マグヌス1世
スウェーデン王
 
 
 
エリク9世
(聖王)
スウェーデン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスティナ
(スティグ・ビデ娘)
 
カール7世
スウェーデン王
 
ヘレナ
 
クヌーズ5世
デンマーク王
 
 
 
 
 
エリク家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベングタ
(エッベ・スネッソン・ビデ娘)
 
スヴェルケル2世
スウェーデン王
 
インゲヤード
ビルイェル・ブロサ娘)
ビェルボ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インゲボルグ
(ノルウェー王スヴェレ娘)
 
カール
 
スネ・フォルケッソン
ビェルボ家
 
ヘレナ
 
ヨハン1世
スウェーデン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カタリーナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリク11世
スウェーデン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

出典[編集]

  1. ^ Ättartal för Swea och Götha konungahus J. F. Peringskiöld, Stockholm 1725
  2. ^ 百瀬 他、p.64

参考文献[編集]

  • 百瀬宏他 編『新版 世界各国史21 北欧史』山川出版社、1998年
  • 下津清太郎編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年
  • Jiří Louda、Michael Maclagan、Lines of Succession、Little、Brown & Company、1981.