百瀬宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

百瀬 宏 (ももせ ひろし、1932年3月1日 - )は、日本政治学者で、津田塾大学名誉教授、広島市立大学名誉教授。専攻は、国際関係学、国際関係史、フィンランド近現代史。

東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。東京大学大学院修了後、東京大学教養学部助手、北海道大学法学部助教授・教授、津田塾大学学芸学部教授、広島市立大学国際学部教授。2005年3月定年退職。この間フィンランドのオウル大学ヘルシンキ大学などで講義を行った。

元CHIR(国際関係史学会)日本代表理事。現在、北欧文化協会理事長。日本国際政治学会名誉理事。

2007年5月、フィンランド共和国よりフィンランド白薔薇勲章騎士一級章を受勲。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『東・北欧外交史序説――ソ連=フィンランド関係の研究』(福村出版、1970年)
  • 『ソビエト連邦と現代の世界』(岩波書店、1979年)
  • 『北欧現代史』(山川出版社、1980年)
  • 『小国――歴史にみる理念と現実』(岩波書店、1988年、岩波人文セレクション、2011年)
  • 『国際関係学』(東京大学出版会, 1993年)
  • 『国際関係学原論』(岩波書店, 2003年)
  • 『小国外交のリアリズム――戦後フィンランド1944-48年』(岩波書店、2011年)
  • Realism of Postwar Finland -A Japanese View-, January 2015 (This work owes very much to “Grant-in-Aid for Scientific Research(B)(24330055)”)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ヨーロッパ小国の国際政治』(東京大学出版会、1990年)
  • 『下位地域協力と転換期国際関係』(有信堂高文社、1996年)
  • 『変貌する権力政治と抵抗――国際関係学における地域』、彩流社、2012年

共編著[編集]

  • 小倉充夫)『現代国家と移民労働者』(有信堂高文社, 1992年)
  • 植田隆子)『欧州安全保障協力会議(CSCE)――1975-92』(日本国際問題研究所、1992年)
  • 村井誠人)『北欧』(新潮社、1996年)
  • 熊野聰村井誠人)『北欧史』(山川出版社、1998年)
  • (石野裕子)『フィンランドを知るための44章』(明石書店、2008年)

訳書[編集]

  • デイヴィッド・カービー『フィンランドの歴史』(共監訳、明石書店、2008年)
  • ハッリ・リンタ・アホ他著『世界史のなかのフィンランドの歴史』(監訳、明石書店、2011年)