エリク12世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリク12世マグヌソン
Erik XII Magnusson
スウェーデン王
Eric of Sweden (1282) seal 1905.jpg
エリク12世のシール
在位 1356年 - 1359年(父と共治)
出生 1339年
死去 1359年6月21日
配偶者 ベアトリクス・フォン・バイエルン
王家 フォルクング家
王朝 フォルクング朝
父親 マグヌス4世
母親 ブランカ・アヴ・ナムール
テンプレートを表示

エリク12世マグヌソン(Erik XII Magnusson, 1339年 - 1359年6月21日)はスウェーデン王。1356年から1359年まで父マグヌス4世と共同の王位に就いた。母はナミュール侯ジャン1世の娘ブランカ。弟はノルウェーホーコン6世。1355年に神聖ローマ皇帝およびバイエルン公ルートヴィヒ4世の娘ベアトリクスと結婚した[1]

脚注[編集]

  1. ^ Louda & Maclagan, p. 64

参考文献[編集]

  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.
先代:
マグヌス4世
スウェーデン王
1356年 - 1359年
共同統治者:マグヌス4世
次代:
マグヌス4世