クヌート2世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クヌート2世
Knut Långe
スウェーデン王
Canute II of Sweden coin 1905.jpg
在位 1229年 - 1234年
戴冠 1231年
全名 クヌート・ロンゲ・ティル・スコ; クヌート・ホルムイェルソン
死去 1234年
埋葬 1234年7月22日
配偶者 ヘレナ・ピエダシュダッター・ストレンジ
子女 ホルムイェル・クヌートソン
フィリップ・クヌートソン
王家 エリク家
父親 ホルムイェル
テンプレートを表示

クヌート2世長身王 (スウェーデン語: Knut Långe till Sko、生年不詳 - 1234年) は、スウェーデン王(在位: 1229年 - 1234年)。

出自[編集]

本名はクヌート・ホルムイェルソン(Knut Holmgersson)。彼の父ホルムイェルはクヌート1世の甥とされる[1]。これが正しければ、クヌート2世はエリク9世(聖王)の曾孫にあたり、父ホルムイェルはエリク9世の末子フィリップ・エリクソンの子となる。

生涯[編集]

クヌート2世は教会勢力や王権の縮小を望むフォルクング家と同盟関係にあった。 1222年から、クヌートはフォルクング家のウルフ・フォースとともに、幼王エリク11世の摂政の一人だった。しかし、1229年にクーデターを起こしてセーデルマンランド地方におけるオルストラの戦いに勝利したクヌートは、エリク11世を追放して王位を簒奪し、1231年クヌート2世として即位した。しかしその在位は短く、1234年に死去した。その後、エリク11世が帰還して復位した。

家族[編集]

妻ヘレナの家柄や死期については様々な説が述べられている。一説には、彼女はヤールのフォルケ・ビルイェルソンの娘で、1227年に死んだとされる。息子はホルムイェルフィリップの2人がいたが、共にビルイェル・ヤールとの戦いの中でそれぞれ1248年1251年に死亡している[2]

脚注[編集]

  1. ^ Lars O. Lagerqvist & Nils Åberg Litet lexikon över Sveriges regenter Vincent förlag, Boda kyrkby 2004 ISBN 91-87064-43-X, p. 14
  2. ^ Anteckningar om svenska qvinnor This source (in Swedish) follows old legends and romantic genealogies without modern criticism.

参考文献[編集]

  • Adolfsson, Mats När borgarna brann - svenska uppror (Stockholm: Natur och kultur, 2007)
  • Larsson, Mats G. Götarnas riken : upptäcktsfärder ill Sveriges enande (Bokförlaget Atlantis AB. 2002) ISBN 978-91-7486-641-4
先代:
エリク11世
スウェーデン王
1229年 - 1234年
次代:
エリク11世