メクレンブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク家の紋章

メクレンブルク家Haus Mecklenburg)は、ドイツ北東部、メクレンブルク地方の統治者の家系。スラヴ人の部族国家オボドリト族の首長の家系に起源を持ち、オボドリト家Obodriten)とも呼ばれる。メクレンブルク家は、ポンメルン公国の統治者家門であるグライフェン家、ポーランド王家から枝分かれしたシレジア・ピャスト家を除けば、神聖ローマ帝国において唯一、スラヴ人の王を先祖に持つ諸侯の家系であり、ポメラニアにおけるその支配は1131年から1918年まで連綿と途切れることなく続いた。一族の男子はメクレンブルク公爵の称号を有し、1815年以後は家長がメクレンブルク大公を称した。1918年に君主が退位したのち、21世紀の現在でもメクレンブルク家は存続している。

歴史[編集]

12世紀のオボドリド族長ニクロトは、ヴェンド十字軍を機に、1142年にドイツ人による植民に対し蜂起し、ホルシュタイン伯アドルフにより建設されたリューベックを破壊した[1]が、ハインリヒ獅子公によるオボドリド族制圧の争いの中、1160年にヴァ―レの戦いで戦死した[2]。1167年にニクロトの息子プリビスラフはザクセン公の封臣となり、1170年には帝国諸侯(フュルスト)となった。以後、一族はメクレンブルクの領主としての地位を確立し、1348年には公爵に陞爵した。メクレンブルク家当主の居所は、最初はヴィスマール郊外のメクレンブルク村(Dorf Mecklenburg)にあったが、1256年にはヴィスマールに移された。

メクレンブルク家は長い歴史の中で家領を何度も分割し、複数の分邦に分裂しながら存続した。最初の領土分割は1229年であり、本家筋のメクレンブルクからヴェルレ(Herrschaft Werle)、パルヒム(Herrschaft Parchim-Richenberg)、ロストック(Herrschaft Rostock)の3つの分邦が分かれた。また1352年には、メクレンブルクがメクレンブルク=シュヴェリーン(第1次)とメクレンブルク=シュタルガルト(Mecklenburg-Stargard)に分裂したが、こうした領土の分裂状態は1471年までには一時的に解消された。2度目の領土分裂は1621年で、メクレンブルク=シュヴェリーン(第2次)とメクレンブルク=ギュストロー(Mecklenburg-Güstrow)に分かれた。三十年戦争中の1628年から1631年までは神聖ローマ皇帝軍の将軍アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインがメクレンブルクを占領し、自らメクレンブルク公を称していた。1695年には再統合が実現したが、その6年後の1701年には再びメクレンブルク=シュヴェリーン(第3次)とメクレンブルク=シュトレーリッツに分裂した。

1815年のウィーン会議後、メクレンブルク家の統治者たる公爵はメクレンブルク大公の称号で呼ばれることになり、2つのメクレンブルク公爵領も大公国に昇格した。分邦体制を特徴とするメクレンブルクでは、個々の分邦は限られた自治権しか持たなかった。しかし1848年革命に際し、メクレンブルク=シュヴェリーンでは政治改革が実施され、立憲君主制の近代国家が誕生した。もっとも、1850年までには全ての法律が1848年以前のものに戻され、国家体制も旧に復している。

最後のメクレンブルク=シュトレーリッツ大公アドルフ・フリードリヒ6世は君主制廃止の直前の1918年2月24日に自殺し、同年11月14日にはメクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ4世が退位を余儀なくされて、メクレンブルク家は諸侯の地位を失った。メクレンブルクの領土の分裂状態は、2つの大公国が共和制に移行してそれぞれ自由州となって以後も、1934年まで継続した。

系図[編集]

 
 
 
 
ニクロト
(-1160)
オボドリド族長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プリビスラフ
 
 
 
 
 
ヴェルティスラフ
 
プリスラフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ・ボルヴィン1世
 
マティルデ
ハインリヒ獅子公娘)
 
ニコラウス1世
ロストック領主
 
クヌート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ・ボルヴィン2世
 
ニコラウス2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニコラウス1世
ヴェルレ領主
 
ユッタ
(アンハルト伯ハインリヒ1世娘)
 
ハインリヒ・ボルヴィン3世
ロストック領主
 
 
 
プリビスラフ1世
パルヒム領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ1世
 
アルブレヒト1世
 
ニコラウス3世
 
ヨハン2世
 
ポッポ
 
エリザベート
=ホルシュタイン伯ゲルハルト1世
 
ヴェルレ領主家
 
ヨハン
ロストック領主
 
ヴァルデマール
ロストック領主
 
プリビスラフ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベアトリクス
(ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト3世娘)
 
ハインリヒ2世
 
 
 
 
 
ヨハン3世
 
ルイトガルト
(1261-1283)
=ポーランド王プシェミスウ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニコラウス
ロストック領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルブレヒト2世
シュヴェリーン公
 
エウフェミア
(スウェーデン王マグヌス4世妹)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン1世
シュタルガルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インゲボー
(デンマーク王ヴァルデマー4世娘)
 
ハインリヒ3世
 
メヒティルト
(ヴェルレ=ヴァーレン領主ベルンハルト2世娘)
 
アルブレヒト3世
スウェーデン王
 
マグヌス1世
 
ヨハン2世
シュタルガルト公
 
ルドルフ
スカーラ司教
 
ウルリヒ1世
シュタルガルト公
 
アルブレヒト1世
シュタルガルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルブレヒト4世
 
マリア
ポメラニア公ヴラティスラフ7世
 
マルガレーテ
(ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世娘)
 
アルブレヒト5世
 
ヨハン4世
 
ヨハン3世
シュタルガルト公
 
 
 
 
 
アルブレヒト2世
シュタルガルト公
 
ハインリヒ
シュタルガルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーリク7世
デンマーク王
 
ドロテア
(ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世娘)
 
ハインリヒ4世
 
ヨハン5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルリヒ2世
シュタルガルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルブレヒト6世
ギュストロー公
 
ヨハン6世
ギュストロー公
 
マグヌス2世
シュヴェリーン公
ギュストロー公
 
バルタザール
シュヴェリーン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルスラ
(ブランデンブルク選帝侯ヨハン・ツィーツェロ娘)
 
ハインリヒ5世
シュヴェリーン公
 
ヘレネ
(プファルツ選帝侯フィリップ娘)
 
アルブレヒト7世
ギュストロー公
 
アンナ
(ブランデンブルク選帝侯ヨアヒム1世娘)
 
カタリーナ
=ザクセン公ハインリヒ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マグヌス3世
 
フィリップ
 
アンナ・ゾフィー
(プロイセン公アルブレヒト娘)
 
ヨハン・アルブレヒト1世
シュヴェリーン公
 
ウルリヒ3世
ギュストロー公
 
エリーザベト
(デンマーク王フレゼリク1世娘)
 
ゲオルク
 
アンナ
=クールラント公ゴットハルト・ケトラー
 
ドロテア
(デンマーク王フレゼリク1世娘)
 
クリストフ
 
エリサベト
(スウェーデン王グスタフ1世娘)
 
カール1世
ギュストロー公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルブレヒト
 
ゾフィー
(ホルシュタイン=ゴットルプ公アドルフ娘)
 
ヨハン7世
シュヴェリーン公
 
ジギスムント・アウグスト
 
ゾフィー
=デンマーク王フレゼリク2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ・フリードリヒ1世
シュヴェリーン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン・アルブレヒト2世
ギュストロー公
 
エレオノーレ・マリー
(アンハルト=ベルンブルク侯クリスティアン1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスティアン・ルートヴィヒ1世
シュヴェリーン公
 
ヨハン・ゲオルク
 
グスタフ・ルドルフ
 
フリードリヒ1世
グラーボウ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ・フリードリヒ2世
シュトレーリッツ公
 
 
 
 
 
 
 
グスタフ・アドルフ
ギュストロー公
 
マグダレーネ・ジビッレ
(ホルシュタイン=ゴットルプ公フレゼリク3世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゾフィー・シャルロッテ
(ヘッセン=カッセル方伯カール娘)
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム1世
シュヴェリーン公
 
カール・レオポルト
シュヴェリーン公
 
エカチェリーナ
(ロシア皇帝イヴァン5世娘)
 
クリスティアン・ルートヴィヒ2世
シュヴェリーン公
 
ゾフィー・ルイーゼ
=プロイセン王フリードリヒ1世
 
アドルフ・フリードリヒ3世
シュトレーリッツ公
 
カール・ルートヴィヒ
 
エリーザベト
(ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ1世娘)
 
ヨハン・アルブレヒト
 
カール
 
ルイーゼ
=デンマーク王フレデリク4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントン・ウルリヒ・フォン・ブラウンシュヴァイク
 
エリーザベト
 
フリードリヒ2世
シュヴェリーン公
 
ルートヴィヒ
 
シャルロッテ・ゾフィー(ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・ヨシアス娘)
 
アドルフ・フリードリヒ4世
シュトレーリッツ公
 
カール2世ルートヴィヒ
シュトレーリッツ大公
 
ゾフィー・シャルロッテ
=イギリス王ジョージ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イヴァン6世
ロシア皇帝
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・フランツ1世
シュヴェリーン大公
 
ゾフィー・フリーデリケ
=デンマーク王子フレゼリク
 
 
 
 
 
ゲオルク
シュトレーリッツ大公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレナ
(ロシア皇帝パーヴェル1世娘)
 
フリードリヒ・ルートヴィヒ
 
カロリーネ・ルイーゼ
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アウグスト娘)
 
シャルロッテ
 
クリスチャン8世
デンマーク王
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム
シュトレーリッツ大公
 
ゲオルク・アウグスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パウル・フリードリヒ
シュヴェリーン大公
 
ヘレーネ
=オルレアン公フェルディナン・フィリップ
 
 
 
 
 
フレデリク7世デンマーク王
 
 
 
アドルフ・フリードリヒ5世
シュトレーリッツ大公
 
ゲオルク・アレクサンダー
カルロフ伯
 
カール・ミヒャエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・フランツ2世
シュヴェリーン大公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ・フリードリヒ6世
シュトレーリッツ大公
 
ゲオルク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・フランツ3世
シュヴェリーン大公
 
ハインリヒ
 
ウィルヘルミナ
オランダ女王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲオルク・アレクサンダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・フランツ4世
シュヴェリーン大公
 
 
 
オランダ王家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

引用[編集]

  1. ^ 瀬原、p.395
  2. ^ 瀬原、p.415

参考文献[編集]

  • Ilka Minneker: Vom Kloster zur Residenz. Dynastische Memoria und Repräsentation im spätmittelalterlichen und frühneuzeitlichen Mecklenburg. Rhema-Verlag, Münster 2007, ISBN 978-3-930454-78-5, (Symbolische Kommunikation und gesellschaftliche Wertesysteme 18), (Zugleich: Münster, Univ., Diss., 2001).
  • Almanach de Gotha. Gotha 1936.
  • Bernhard Friedmann. Untersuchungen zur Geschichte des abodritischen Fürstentums bis zum Ende des 10. Jahrhunderts. Duncker und Humblot, Berlin 1986, ISBN 3-428-05886-0, (Osteuropastudien der Hochschulen des Landes Hessen Reihe 1, 137), (Zugleich: Frankfurt am Main, Univ., Diss., 1980).
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.

関連項目[編集]