ルイーゼ・フォン・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイーゼ・フォン・メクレンブルク

ルイーゼ・フォン・メクレンブルク:Luise von Mecklenburg, 1667年8月28日 - 1721年3月15日)は、デンマーク=ノルウェーの王フレデリク4世の最初の妃。グスタフ・アドルフ (メクレンブルク公=ギュストロー公)英語版フレゼリク3世 (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)の娘マグダレーネ・ジビッレとの間にギュストローで生まれた。

1695年、王太子であったフレデリクと結婚した。2人の間には5子が生まれ、息子で唯一成人したのがクリスチャン6世である。