フリードリヒ・フランツ1世 (メクレンブルク=シュヴェリーン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリードリヒ・フランツ1世
Friedrich Franz I.
メクレンブルク=シュヴェリーン大公
Friedrich Franz I Dom Bad Doberan.jpg
フリードリヒ・フランツ1世の肖像画、ルドルフ・ズールラント英語版作。
在位 1815年 - 1837年
別号 メクレンブルク=シュヴェリーン公
在位 1785年 - 1815年

出生 (1756-12-10) 1756年12月10日
シュヴェリーン
死去 (1837-02-01) 1837年2月1日(80歳没)
ルートヴィヒスルスト英語版
配偶者 ルイーゼ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルク英語版
王家 メクレンブルク=シュヴェリーン家
父親 ルートヴィヒ・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーン英語版
母親 シャルロッテ・ゾフィー・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト英語版
テンプレートを表示

フリードリヒ・フランツ1世ドイツ語: Friedrich Franz I.1756年12月10日 - 1837年2月1日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン公(在位:1785年 - 1815年)、後にメクレンブルク=シュヴェリーン大公(在位:1815年 - 1837年)[1]

生涯[編集]

ルートヴィヒ・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーン英語版シャルロッテ・ゾフィー・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト英語版の息子として、シュヴェリーンで生まれた。1785年、伯父のフリードリヒ2世の死に伴いメクレンブルク=シュヴェリーン公に即位した[2]

ナポレオン戦争の後、ウィーン会議での決定により公から大公に昇格した[3]。いとこにあたるメクレンブルク=シュトレーリッツ大公とともに、当時のドイツ諸国の君主のうち最も反動的であると知られた。1837年に死去、孫のパウル・フリードリヒが大公に即位した。

家族[編集]

1775年6月1日、フリードリヒ・フランツ1世はゴータルイーゼ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルク英語版と結婚した[2]。2人は5男3女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ Marek, Miroslav. “House of Mecklenburg genealogy” (英語). Genealogy.EU. 2018年12月8日閲覧。
  2. ^ a b Online Gotha
  3. ^ Haydn, Joseph (1855). History of the Wars of the French Revolution. Bangs. pp. 555 
  4. ^ a b Schelfkirche St. Nikolai zu Schwerin in: worldhistory.de [retrieved 2 March 2017].
フリードリヒ・フランツ1世 (メクレンブルク=シュヴェリーン大公)

1717年11月9日 - 1785年4月21日

爵位・家督
先代:
フリードリヒ2世
メクレンブルク=シュヴェリーン公
1785年 - 1815年
大公に昇格
新設
公から昇格
メクレンブルク=シュヴェリーン大公
1815年 - 1837年
次代:
パウル・フリードリヒ