アドルフ・フリードリヒ3世 (メクレンブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アドルフ・フリードリヒ3世
Adolf Friedrich III.
Adolf Friedrich III, Duke of Mecklenburg-Strelitz.jpg
在位 1708年5月12日 - 1752年12月11日
先代 アドルフ・フリードリヒ2世
次代 アドルフ・フリードリヒ4世
配偶者 ドロテア・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=プレーン
称号 メクレンブルク=シュトレーリッツ公
家名 メクレンブルク=シュトレーリッツ家
父親 アドルフ・フリードリヒ2世
母親 マリア・フォン・メクレンブルク=ギュストロー
出生 1686年6月7日
シュトレーリッツ
死亡 1752年12月11日
ノイシュトレーリッツ
テンプレートを表示

アドルフ・フリードリヒ3世ドイツ語: Adolf Friedrich III.1686年6月7日 - 1752年12月11日)は、神聖ローマ帝国の領邦国家であるメクレンブルク=シュトレーリッツの君主(在任:1708年 - 1752年)。

生涯[編集]

メクレンブルク=シュトレーリッツ公アドルフ・フリードリヒ2世とマリア・フォン・メクレンブルク=ギュストローの息子として、シュトレーリッツで生まれた[1]。父のアドルフ・フリードリヒ2世は1701年にメクレンブルク=シュヴェリーン公と合意して、メクレンブルク=シュトレーリッツ公国を成立させた。

1708年5月12日、父の死に伴いメクレンブルク=シュトレーリッツ公に即位した。1712年、メクレンブルクの市街地と城が焼け落ちてしまったため、アドルフ・フリードリヒ3世一家は狩り小屋に住むことを余儀なくされた。狩り小屋の周辺にノイシュトレーリッツという町が建設されると、アドルフ・フリードリヒ3世は1733年にノイシュトレーリッツを正式に設立、さらに1736年にはそれを首都と定めた。

アドルフ・フリードリヒ3世はノイシュトレーリッツで死去、甥のアドルフ・フリードリヒ4世が公位を継承した[1]

家族[編集]

アドルフ・フリードリヒ3世の妻ドロテア・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=プレーン。

1709年4月16日、アドルフ・フリードリヒ3世はラインフェルト英語版でシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=プレーン公ヨハン・アドルフの娘ドロテア・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=プレーンと結婚した。2人は娘を2人もうけた[1]

  • マリア・ゾフィー(1710年 - 1728年)
  • マグダレーナ・クリスティーネ(1711年 - 1713年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Marek, Miroslav. “House of Mecklenburg genealogy” (英語). Genealogy.EU. 2018年12月8日閲覧。
アドルフ・フリードリヒ3世

1686年6月7日 - 1752年12月11日

爵位・家督
先代
アドルフ・フリードリヒ2世
メクレンブルク=シュトレーリッツ公
1708年 - 1752年
次代
アドルフ・フリードリヒ4世