フレゼリク・ア・ダンマーク (1753-1805)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フレゼリク・ア・ダンマーク
Frederik af Danmark
Arveprins Frederik (Juel).JPG
出生 (1753-10-11) 1753年10月11日
 デンマークコペンハーゲンクリスチャンスボー宮殿
死去 (1805-12-07) 1805年12月7日(52歳没)
 デンマークコペンハーゲンアマリエンボー宮殿
配偶者 ゾフィー・フリーデリケ・ツー・メクレンブルク
子女 一覧参照
父親 デンマークノルウェーフレゼリク5世
母親 ユリアーネ・マリー・フォン・ブラウンシュヴァイク
テンプレートを表示

フレゼリク・ア・ダンマークFrederik af Danmark, 1753年10月11日 - 1805年12月7日)は、デンマークフレゼリク5世の末息子で、クリスチャン7世王の異母弟、クリスチャン8世王の父親。同国の摂政宮(在位1772年 - 1784年)。

生涯[編集]

フレゼリク5世王とその2番目の妃でブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯フェルディナント・アルブレヒト2世の娘であるユリアーネ・マリーの間の一人息子として生まれた。

3歳でホルシュタイン=ゴットルプ家リューベック司教フレゼリク・アウグスト(後のオルデンブルク公)の協働司教に叙階され、ゆくゆくは次期司教となる予定だったが、デンマーク王室が王族男子を確保しておく必要から、デンマーク国外の司教領を継ぐことは中止された。1774年10月21日、メクレンブルク=シュヴェリーンクリスティアン・ルートヴィヒ2世の孫娘ゾフィー・フリーデリケと結婚した。

異母兄のクリスチャン7世王が精神錯乱に陥り、さらに王妃キャロライン・マティルダとその愛人で独裁者のヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセが1772年に失脚すると、わずか18歳のフレゼリクが摂政宮に任命された。しかしフレゼリクによる統治は名ばかりで、国政の実権は母ユリアーネ・マリーと大臣オーヴェ・フーイ=グルベア英語版が握っていた。

1784年に甥のフレゼリク王太子(国王フレゼリク6世)がクーデタを起こすと、フレゼリクは摂政の地位を王太子に譲った。

子女[編集]

妻との間に5人の子女をもうけた。