フリードリヒ・ヴィルヘルム (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フリードリヒ・ヴィルヘルム
Friedrich Wilhelm
Prins Vilhelm 1785-1831.jpg
グリュックスブルク公フリードリヒ・ヴィルヘルム
グリュックスブルク公
配偶者 ルイーゼ・カロリーネ・フォン・ヘッセン=カッセル
子女
全名
家名 グリュックスブルク家
父親 フリードリヒ・カール・ルートヴィヒ
母親 フリーデリケ
出生 (1785-01-04) 1785年1月4日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国、リンデナウ
死亡 (1831-02-17) 1831年2月17日(46歳没)
デンマークの旗 デンマーク王国
シュレースヴィヒ公国シュレースヴィヒ、ゴットルフ城
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルクドイツ語: Friedrich Wilhelm von Schleswig-Holstein-Sonderburg-Glücksburg, 1785年1月4日 - 1831年2月17日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク(グリュクスボー)公(在位:1825年 - 1831年)。新グリュックスブルク家の祖。デンマーク語名はフレゼリク・ヴィルヘルム・ア・スレースヴィ・ホルステン=セナーボー=グリュクスボーFrederik Vilhelm af Slesvig-Holsten-Sønderborg-Glücksborg)。デンマーク王クリスチャン9世の父親。

生涯[編集]

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク家の一員でプロイセンの軍人だったベック公フリードリヒ・カール・ルートヴィヒ英語版とその妻のシュリーベン伯爵夫人フリーデリケ英語版の間の長男として、東プロイセンのリンデナウ(現在のポーランド共和国ヴァルミア=マズールィ県リポヴィナ英語版)で生まれた。

若い頃に本家筋のデンマーク王フレゼリク6世とその王妃マリーに預けられた。フリードリヒ・ヴィルヘルムはフレゼリク6世から厚遇され、1810年には王妃の妹であるヘッセン=カッセル公女ルイーゼ・カロリーネ(デンマーク王フレゼリク5世の孫娘)と結婚し、義理の兄弟となった。

1816年、父の死に伴ってベック公爵位を相続した。1825年、王の許しを得てシュレースヴィヒ公国グリュックスブルク城英語版の城主となり、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公を称した。古グリュックスブルク家英語版は1779年に断絶していたため、その家名を引き継ぐ形となった。1831年、ゴットルフ城英語版で死去した。

子女[編集]

ルイーゼとの間に7男3女を儲けた。

  • ルイーゼ・マリー(1810年 - 1869年) - フリードリヒ・フォン・ラスペルク伯爵と初婚、アルフレート・フォン・ホーエンタール伯爵と再婚
  • フリーデリケ(1811年 - 1902年) - 1834年、アンハルト=ベルンブルク公アレクサンダー・カールと結婚
  • カール(1813年 - 1873年) - グリュックスブルク家家長
  • フリードリヒ(1814年 - 1885年) - グリュックスブルク家家長
  • ヴィルヘルム(1816年 - 1893年)
  • クリスティアン(1818年 - 1909年) - デンマーク王クリスチャン9世
  • ルイーゼ(1820年 - 1894年) - イッツェホーエの女子修道院長
  • ユリウス英語版(1824年 - 1903年) - エリーザベト・フォン・ツィーゲザーと貴賤結婚
  • ヨハンフランス語版(1825年 - 1911年)
  • ニコラウス(1828年 - 1849年)
先代:
フリードリヒ・カール・ルートヴィヒ
ベック公
1816年 - 1825年
次代:
(グリュックスブルク公へ称号変更)
先代:
フリードリヒ・ハインリヒ・ヴィルヘルムフランス語版
(古グリュックスブルク家)
グリュックスブルク公
1825年 - 1831年
次代:
カール