マグヌス2世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マグヌス・ヘンリクソン / マグヌス2世
Magnus Henriksson / Magnus II
スウェーデン王
Magnus II of Sweden & Eric the Holy of Sweden battle drawing 1719.jpg
エリク9世を殺害するマグヌス(Johan Peringskiöld画)
在位 1160年 - 1161年
出生 1148年
死去 1161年
配偶者 ブリギット
子女 一覧参照
王家 エストリズセン家
王朝 エストリズセン朝
父親 ヘンリク
母親 イングリッド
テンプレートを表示

マグヌス・ヘンリクソン (スウェーデン語: Magnus Henriksson、1148年 - 1161年)は、スウェーデン王(マグヌス2世、Magnus II、在位:1160年 - 1161年)。王位簒奪者として知られる[1]

生涯[編集]

マグヌスの母はスウェーデン王インゲ1世の孫娘イングリッド、父ヘンリクはデンマークの貴族で、デンマーク王スヴェン2世の庶子スヴェンの息子だった。マグヌスはノルウェー王ハーラル4世の娘ブリギットと結婚した。

スウェーデン王位請求者であったマグヌスは、1160年にエリク9世(聖王)がウップサーラ近郊ウストラ・アロスの教会から出たところを待ち伏せして殺害した。これによってマグヌスはマグヌス2世としてスウェーデンのほぼ全域の王となったが、翌1161年にイェータランドの支配者で先々代の王スヴェルケル1世の息子カール・スヴェルケルソンの軍勢によって処刑された。

マグヌス2世の死後、カール・スヴェルケルソンはカール7世として即位し、スヴェルケル朝を復興した[2]

マグヌス2世のものと考えられている墓石(ヴレタ修道院)

脚注[編集]

  1. ^ Hans Gillingstam. “Magnus Henriksson”. Svenskt biografiskt lexikon. 2016年5月20日閲覧。
  2. ^ Karl Sverkersson”. Nordisk familjebok. 2016年5月20日閲覧。