プファルツ=ノイマルクト家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プファルツ=ノイマルクト家(Pfalz-Neumarkt)は、プファルツ(ライン宮中伯)系ヴィッテルスバッハ家の分家の1つ。ノイマルクト・イン・デア・オーバープファルツ(現バイエルン州オーバープファルツ県の都市)に拠点を置いた。

概要[編集]

1410年神聖ローマ皇帝プファルツ選帝侯ループレヒトの死後、プファルツ系ヴィッテルスバッハ家は4人の息子達の家系に分かれた。ハイデルベルクに拠点を置く次男の選帝侯ルートヴィヒ3世の家系、三男ヨハンに始まるプファルツ=ノイマルクト家、四男シュテファンに始まるプファルツ=ジンメルン家、五男オットー1世に始まるプファルツ=モスバッハ家である。

プファルツ=ノイマルクト家の初代、プファルツ=ノイマルクト公ヨハンはカタリーナ・フォン・ポンメルンとの結婚でクリストフ(クリストファ)(1416年 - 1448年)を儲けた。母がエーリク・ア・ポンメルンの妹であった縁により、クリストファはカルマル同盟下のデンマークノルウェースウェーデンの君主となった。

クリストファが嗣子を残さずに早世した為、プファルツ=ノイマルクト家は2代で断絶した。北欧3国では新たにオルデンブルク朝が開始された。父ヨハン以来の遺領はクリストファの従兄弟であるプファルツ=モスバッハ公オットー2世が継承し、プファルツ=モスバッハ=ノイマルクトと呼ばれる領邦が成立したが、こちらもオットー2世の代で断絶し、宗家の選帝侯フィリップが獲得した。

関連項目[編集]