クヌート1世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クヌート1世
クヌート・エリクソン
Knut I / Knut Eriksson
スウェーデン王
Canute I of Sweden c 1290.jpg
在位 1167年 - 1196年

出生 1150年
 スウェーデンヴェステルイェートランド
死去 1196年4月8日
 スウェーデン、ヴェステルイェートランド
埋葬  スウェーデンヴァーンヘム修道院英語版
配偶者 セシリア・ヨハンスドッテル
子女 エリク10世
家名 エリク家
父親 エリク9世
母親 クリスティナ・ア・ダンマーク
宗教 キリスト教ローマ・カトリック
テンプレートを表示

クヌート1世スウェーデン語: Knut Eriksson1150年 - 1196年4月8日)は、エリク家の第2代スウェーデン王(在位:1167年 - 1196年)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1150年にエリク9世長男として生まれた。母クリスティナインゲ1世の孫娘であるためクヌートはステンキル家の血を引いている。

即位とその治世[編集]

10歳ごろに父によって使節としてローマに派遣され、ローマ教皇と面会した。父エリク9世がマグヌス2世に暗殺された際もクヌートはローマにいたため助かった。マグヌス2世が死ぬとスウェーデンに戻り、マグヌス2世を殺して王位を奪ったカール7世英語版を殺して王位に就いた。即位したクヌートはローマの教会を模した教会を建て、異教徒を弾圧した。クヌート1世の治世に、王による文書の発行も始まった。さらに戴冠式を行おうとしたが、その前に死去した。この時代の王としては長く在位し、死因は暗殺ではなく自然死だった。後にスウェーデン王に即位した息子のエリク10世は、スウェーデンで初めて戴冠式を行った。

子女[編集]

クヌート1世はセシリア・ヨハンスドッテルとの間に以下の子をもうけた。

先代:
カール7世
スウェーデン王
1167年 - 1196年
次代:
スヴェルケル2世