熊野聰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熊野 聰(くまの さとる、1940年2月11日[1] - )は日本歴史学者名古屋大学名誉教授、元豊田工業大学教授。専門は北欧中世史。増田四郎門下。1994年から1996年まで日本アイスランド学会会長。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『共同体と国家の歴史理論』青木書店、1976年
  • 『北の農民ヴァイキング 実力と友情の社会』平凡社、1983年
  • 『北欧初期社会の構成』滋賀大学経済学部、1984年
  • 『北欧初期社会の研究 ゲルマン的共同体と国家』未來社、1987年
  • 『サガから歴史へ―社会形成とその物語』東海大学出版会、1994年
  • 『北欧史 新版世界各国史21』山川出版社、1998年(百瀬宏、村井誠人共編著)
  • 『ヴァイキングの経済学―略奪・贈与・交易』山川出版社、2003年
  • 『続・サガから歴史へ』麻生出版、2011年、ISBN 978-4-905383-02-4

訳書・共訳書・監訳書[編集]

  • M.ブロック「古代奴隷制の終焉」(三好洋子、熊野聰訳)M.I.フィンレイ編(古代奴隷制研究会訳)『西洋古代の奴隷制 学説と論争』東京大学出版会、1970年
  • K.ハストロプ編(早野勝巳、清水育男、熊野聰訳)『北欧の自然と生業 北欧社会の基層と構造』東海大学出版会、1996年
  • J.G.キャンベル編(熊野聰、神田姿子、角谷英則、伊東豊訳)『ヴァイキングの世界 図説世界文化地理大百科』朝倉書店、1999年
  • B.アンブロシアーニ、H.クラーク著(角谷英則訳)『ヴァイキングと都市』東海大学出版会、2001年
  • R.ボワイエ(持田智子訳)『ヴァイキングの暮らしと文化』白水社、2001年

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.313