ヴァルデマー2世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァルデマー2世
Valdemar 2.
デンマーク王
Valdemar Sejr (kongefrisen).jpg
在位 1202年 - 1241年

出生 (1170-06-28) 1170年6月28日
 デンマークリーベ
死去 (1241-03-28) 1241年3月28日(70歳没)
 デンマーク、ボアディングボー城
埋葬  デンマークリングステズ、聖ベント教会
配偶者 ダウマー・ア・ブーメン
  ベレンガリア・デ・ポルトゥガル
子女 一覧参照
家名 エストリズセン家
王朝 エストリズセン朝
父親 ヴァルデマー1世
母親 ソフィヤ・ウラジミロヴナ
テンプレートを表示

ヴァルデマー2世Valdemar II, 1170年 - 1241年3月28日)は、デンマーク王(在位:1202年 - 1241年)。ヴァルデマー1世(大王)の次男で、クヌーズ4世の弟。エストニア征服など一時はバルト海南部を制覇したが、晩年に多くの領土を失った。勝利王(デンマーク語:Valdemar Sejr, 英語:Valdemar the Victorious)あるいは征服王(英語:Valdemar the Conqueror)と称される。

生涯[編集]

1182年に父が死去すると、兄のクヌーズ4世がデンマーク王位を継いだ。1202年の兄の没後、当時スレースヴィ(シュレースヴィヒ)公であったヴァルデマーが、デンマーク王ヴァルデマー2世として即位した。

治世前半は好調で、北ドイツに勢力を伸ばしつつ、1219年にはエストニアの征服を果たし、バルト海南部における覇権を握った。しかし、当時バルト海沿岸への勢力拡大を図っていたドイツ勢力は、こうしたデンマークの台頭を望まなかった[1]

1223年シュヴェリーン伯ハインリヒ1世によって、ヴァルデマー2世と長男のヴァルデマー若王は誘拐され、3年にわたって幽閉される[2]。ヴァルデマー2世は解放の条件として多くの領土喪失を受け入れるとともに、ハンザ同盟に対して広範な商業特権を認めざるを得なかった[1]。残された海外領土は、ドイツ北東部に位置するリューゲン島エストニアを残すのみとなった[1]。解放されたヴァルデマー2世は、失地回復を図って北ドイツを攻めるも、多大な兵の犠牲を招いたのみであった。

1241年、70歳で死去した。長男のヴァルデマーに先立たれていたので、次男エーリク4世が王位を継いだ。

デンマーク国旗をめぐる物語[編集]

デンマーク国旗

デンマークの国旗については、以下のような物語が残されている。

1219年のエストニアとの戦争に際して、赤地に白い十字を描いた旗が舞い降りた。その旗を掲げればデンマークは勝利するというのお告げに従い、デンマークはエストニアに勝利した[3]

しかしながら、実際にデンマーク国旗のデザインが確認されるのは、14世紀半ばにおけるヴァルデマー4世の時代である[4]

子女[編集]

1205年ボヘミアオタカル1世の娘ダウマー(マルケータ)と結婚、2人の子を儲けた。

  1. ヴァルデマー若王(1209年 - 1231年) - デンマーク共治王(1215年 - 1231年)、レオノール・デ・ポルトゥガルと結婚。
  2. 息子(1212年)

1214年ポルトガルサンシュ1世の娘ベレンガリアと再婚、4人の子を儲けた。

  1. エーリク4世(1216年 - 1250年)
  2. ソフィア(1217年 - 1247年) - ブランデンブルク辺境伯ヨハン1世と結婚
  3. アーベル(1218年 - 1252年)
  4. クリストファ1世(1219年 - 1259年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 百瀬 他, p。61.
  2. ^ Petersen 2010, p. 160.
  3. ^ 武田、p. 1.8
  4. ^ Pajung, Stefan (2019年3月8日). “Dannebrog”. danmarkshistorien.dk. 2023年1月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 百瀬宏 他 『世界各国史21 北欧史』山川出版社、60-61頁。 
  • 武田龍夫 『物語 北欧の歴史』中央公論社、1993年。 
  • Valdemar Sejr, 1170-1241”. danmarkshistorien.dk (2012年5月30日). 2023年1月8日閲覧。
  • Petersen, Leif Inge Ree (2010). "Battle of Bornhöved". In Rogers, Clifford J. (ed.). The Oxford Encyclopedia of Medieval Warfare and Military Technology. 1. Oxford University Press.
先代
クヌーズ4世
デンマーク王
1202年 - 1241年
次代
エーリク4世