ウエストライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェストライフから転送)
移動先: 案内検索
ウエストライフ
Westlifetour33.jpg
Westlife in a concert performing in 2006
基本情報
出身地 アイルランドの旗 アイルランド スライゴダブリン
ジャンル ポップバラッドダンスジャズビッグバンドアダルト・コンテンポラリーポップ・ロック
活動期間 1998年 (1998) - 2012年
レーベル ソニーBMGRCAサイコ・ミュージックアリスタ
公式サイト Official Westlife Website
メンバー ニッキー・バーン
キーアン・イーガン
マーク・フィーリー
シェーン・フィラン
旧メンバー ブライアン・マックファーデン

ウエストライフ(Westlife)は、1998年に結成され2012年まで活動していた男性5人組のアイルランド出身のバンド、アイリッシュ・ボーカルグループ、歌手である。

メンバー[編集]

概要[編集]

ウエストライフのファンは国際的で、アイルランドイギリスヨーロッパカナダオーストラリアアジアアフリカラテンアメリカで絶大な人気を誇る。また、イラクでも市場を展開している。

1999年から2007年の間に14曲ものUKナンバー1シングルをリリースしており、これはエルヴィス・プレスリービートルズにつぐ3番目の記録である。UK音楽史上7曲連続で1位を獲得したのはウエストライフだけで、UKでレコード・オブ・ザ・イヤーに4度輝き、またイギリスで唯一「レコード・オブ・ザ・イヤー」に4度輝いている。イギリスの有名なコンサート会場、ウェンブリー・アリーナで2006年に23回目のライブをしたのも新記録である。

たくさんのビッグ・アーティスト(マライア・キャリーダイアナ・ロスドニー・オズモンドルルドナ・サマー)とデュエットをしている。しかしながら、ウエストライフはアメリカ市場では成功をおさめていない。2000年に「愛の誓い〜スウェアー・イット・アゲイン」がリリースされ、MTVでも紹介されたが、ビルボード・チャート20位に終わる。アメリカで一番良く知られているのはUSチャート10位を記録した「フライング・ウィズアウト・ウィングス」。この曲はアメリカン・アイドル・セカンドシーズンの勝者、ルーベン・スタッダードのアルバムに収録されており、USチャート2位を記録した。ITVのレコード・オブ・ザ・イヤーに4度(Flying Without Wings:1999年、My love:2000年 Mandy:2003年、You Raise Me Up:2005年)輝き、ブリット・アウォーズは2度受賞している。

ニッキーは2003年7月に幼いときから付き合っていたアイルランドの首相の娘、ジョージナ・アハーンと結婚。'07年に双子の男の子の父になった。シェーンは、キーアンの従姉妹と2003年12月28日に結婚。2005年には父親になった。キーアンは元歌手のジョディ・アルバートと交際中。マークは2005年8月19日に自分がゲイであることをUKタブロイドサン紙にて公にした。すでに解散しているボーイズグループ「V」のケヴィン・マックデイドと交際中である。

来歴[編集]

結成[編集]

ウエストライフは1998年7月にアイルランドスライゴ出身のキーアン・イーガンシェーン・フィランマーク・フィリーと、アイルランドのダブリン出身のニッキー・バーンブライアン・マックファーデンによって結成された。

当初、キーアンシェーンマークの3人はIOUという6人組グループに属しており、この3人はバンドメンバーを探してダブリンで行われたオーディションでリクルート活動をするチャンスを与えられた。そこでニッキーブライアンと知り合う。最初は5人でウェストサイド(WESTSIDE)というバンド名で活動したが、アメリカに同じ名前のグループがいたため、新しいグループ名、ウエストライフWestlife)に改名した。(IOUというバンド名はすでに使われていた)。ボーイゾーンローナン・キーティングルイ・ウォルシュがマネージャーとして迎えられ、シェーン、ブライアン、マークがリードボーカルを担当。キーアンとブライアンがピアノギターを弾け、またメンバー全員が作詞をできる。(しかし、ほとんどのヒット曲がメンバー以外の作詞家によって作られている。)この年にはバックストリート・ボーイズの前座としてダブリンでライブをする。

デビュー[編集]

1999年4月、ウエストライフのファースト・シングル「愛の誓い〜スウェアー・イット・アゲイン」がUKでリリースされ、チャート1位を獲得する。8月には「イフ・アイ・レット・ユー・ゴー」が、10月には「フライング・ウィズアウト・ウィングス」がそれぞれ1位を獲得する。11月にはファースト・アルバム『ウエストライフ』がリリースされ、UKアルバム・チャート2位を記録した。

コースト・トゥ・コースト[編集]

2000年3月にデビュー・アルバムから最後のシングル「フール・アゲイン」がリリースされ、4月にはUKチャート1位を記録する。11月には早くも2ndアルバム『コースト・トゥ・コースト』がリリースされ、UK音楽史上4番目の売り上げを記録した。このアルバムからはフィル・コリンズのカバー曲「見つめて欲しい」と「マイ・ラヴ」をシングルとしてリリースする。「見つめて欲しい」はマライア・キャリーとのデュエットでUKチャート1位を、バラード調の「マイ・ラブ」も大ヒットしUKチャート1位を記録した。だが、8枚目のシングル「ホワット・メイクス・ア・マン」はBBCの子供向け教育番組ボブとはたらくブーブーズ』のテーマ曲『Can We Fix It?』に阻まれUKチャート1位を逃したため、ギネス記録はストップした。

ワールド・オブ・アワ・オウン[編集]

初めてツアーを回るようになる。また2002年12月には3rdアルバム『ワールド・オブ・アワ・オウン』がリリースされる。このアルバムにはウエストライフのメンバー自身が書いた曲が8曲収録されており、その中の「クイーン・オブ・マイ・ハート」と「ワールド・オブ・アワ・オウン」はUKチャート1位を記録した。

ベストアルバム[編集]

2002年12月に解散が噂される中、ウエストライフ初のベストアルバムとなる『ザ・グレイテスト・ヒッツ〜アンブレイカブル〜』をリリースした。全英アルバムチャート1位を記録する。日本でもオーストラリア地域と合わせてボーナストラックを加えて発売されている。[1]

ターンアラウンド[編集]

約1年ぶりに4thアルバム『ターンアラウンド』がリリースされる。このアルバムもUKチャート1位を記録し、4年で4枚のUKチャート1位を記録した。また、このアルバムからのシングル「哀しみのマンディ」はUKチャート1位を記録した。(この曲はバリー・マニロウのカバー曲。)また、この年には3度目となるUKレコード・オブ・ザ・イヤーを受賞する。(5年で3度受賞したことになる)

5人から4人へ[編集]

2004年3月9日にメンバーのブライアン・マックファーデンが脱退する。理由は、家族との時間が欲しいとのこと。ブライアンはアトミック・キトゥンケリー・カトーナと結婚していて、2人子供がいる。しかし、9月には離婚。離婚の後、すぐにソロとしてのキャリアをスタートさせ、自分のウエストライフ時代の思いをつづった「リアル・トゥ・ミー」はUKチャート1位を記録した。また脱退する際の記者会見で「(メンバーの)シェーンとマークの歌唱力にはかなわない。」とコメントしたことから、メイン・ヴォーカルを務めたかったのではないか、という理由もあげられている。(しかし、実際はブライアンもメインを務めることが多かった。)現在はオーストラリア出身の歌手、デルタ・グッドレムと交際している。詳しくはブライアン・マックファーデンを参照のこと。本来、メンバーを失うとグループは解散する傾向にあるが、ウエストライフは違った。ブライアン脱退後、4つのアリーナツアーを成功させ、またこの年の暮れにはフランク・シナトラボビー・ダーリンなどの曲をカバーしたスタンダード・アルバム『アラウ・アス・トゥ・ビー・フランク』をリリース。

フェイス・トゥ・フェイス[編集]

4ヶ月の休養の後、新曲を発表。ノルウェー・アイルランド出身の二人組の歌手で演奏家のシークレット・ガーデンのカバー「You Raise Me Up」とアルバム『フェイス・トゥ・フェイス』がリリースされ、このシングルとアルバム両方が12月6日全英シングルチャート、アイルランドシングルチャートで1位を記録した。シングルと、アルバムが同じ週に両方とも1位を記録するのは初めての出来事であった。ウエストライフはそれでも続く解散の噂を笑い飛ばし続け、取材の際「最低でも20曲、全英チャート1位を記録する曲を歌いたい」と、のコメントを残した。

ラヴ・アルバム[編集]

初のアジア・ツアーを9月4日から開始。フィリピン韓国シンガポール香港台湾インドネシアで行われた。11月20日にはニューアルバム『ラヴ・アルバム』をリリース。アルバム・チャートでは、ウエストライフのアルバムがオアシスビートルズU2らの強豪を破り1位に輝いた。4アーティストのアルバムが同じ日にリリースされ、熾烈な争いが注目されたその週のチャート。結果は、ウエストライフ1位、オアシスの『Stop The Clocks』(2位)、ビートルズの『Love』(3位)、U2の『U218 Singles』(4位)の順に終わった。このアルバムからのシングル「ローズ」はウエストライフの14度目のUKチャート1位を獲得。クリフ・リチャードと同数で、上には偉大なエルヴィス・プレスリービートルズだけとなった。

バック・ホーム[編集]

メンバーはロサンゼルスに滞在し、マイケル・ブーブレのカバーをレコーディングとプロモーションビデオの撮影をした。このカバー曲、「ホーム」はUKで2007年10月29日に発売される前の10月初旬には彼らの公式ホームページで公開された。結果、同曲はUKチャート3位に終わる。オリジナルソング9曲、カバーソング3曲を含めた8枚目のスタジオアルバム、『バック・ホーム』は同年11月5日にリリースされ、UKアルバムチャートで1位を獲得。また、この日は再結成したスパイス・ガールズのベスト盤、『グレイテスト・ヒッツ』のリリース日であったが、スパイス・ガールズはウエストライフとの勝負を避け、リリース日を1週間遅らせた。ちなみに過去には会社側がスパイス・ガールズとアルバムの発売日を同じに設定し、マスコミもこれを大きく取り上げ壮絶な戦いとなったが、ウエストライフが圧勝した。

2枚目のシングルとして「アス・アゲインスト・ザ・ワールドを2008年3月3日リリースし、UKチャート8位を記録した。このリリースの前の2月25日からは「バック・ホームツアー」と題したツアーを始め、UKのみならず初めてニュージーランドでツアーを行い成功をおさめた。なお、ヨーロッパとアジアの一部の国では「サムシング・ライト」が2枚目のシングルとしてリリースされ、前述の「アス・アゲインスト・ザ・ワールド」は3枚目としてリリースされた。

ホエア・ウィー・アー[編集]

2009年7月1日から10枚目のニューアルバムにむけてレコーディング活動を再開。メンバーのニッキーはこれまでとは違ったプロデューサーや作詞家と共にアルバムを制作をしていくことを発表。ウエストライフの大ファンであることが分かったコールドプレイクリス・マーティンワンリパブリックのライアン・テダー、ダレン・ヘイズイン・シンクのJCシャゼイ、再結成したA1ベン・アダムスなどがその例である。

2009年11月30日にアルバム、『ホエア・ウィー・アー』が発売され、UKアルバムチャート2位を記録。また同アルバムからのシングル、「ホワット・アバウト・ナウ」は10月23日にリリースされ、UKチャート2位を記録した。また、2010年のハイチ大地震におけるチャリティソング、「エブリバディ・ハーツ」のレコーディングに参加し、同曲はUKチャート1位を記録した。

グラヴィティ[編集]

11枚目のアルバムはグラミー賞受賞者であるジョン・シャンクスのもとロサンジェルスで制作され、2010年11月14日にリリースされたシングル「セーフ」はUKシングルチャートで10位を記録。25回目のトップ10入りとなった。また、アルバム『グラヴィティ』はUKチャート3位、アイルランドチャート1位を記録した。

結成10周年[編集]

約10年活動を続けているウエストライフは解散する予定もなく、2008年6月1日には"10 Years of Westlife"と題したウエストライフ史上最大規模のライブを行った。ダブリンのクローク・パークで行われた同ライブはゲストにシェーン・ワードを迎え、収容人数は8万2300人の同スタジアムは満員となった。

2008年11月24日にはこのライブのDVDが発売され、UK、アイルランド、南アフリカ、香港、ニュージーランドのDVDチャートで1位を記録した。

"Back Home Tour"終了後、マネージャーであるルイ・ウォルシュから2009年7月1日までの1年間の休養宣言が公表された。しかし2008年12月13日にオーディション番組、Xファクターでパフォーマンスをしボーイゾーンのスティーヴン・ゲイトリーと共にテレビ出演を果たしている。この休養期間中、メンバーのシェーンはインタビューですでに次のアルバムに収録される6曲は仕上がっていると発言し、またニッキーは2009年3月にはレコーディング活動を始める予定であると発言した。また、レオナ・ルイスブリトニー・スピアーズとコラボレーションをする噂もある。

マネージャーのルイ・ウォルシュサイモン・コーウェルは2009年あるいは2010年にはアメリカ市場を狙ったプロモーション活動をすることを公にした。

グレイテスト・ヒッツ[編集]

2011年の年末、2枚目のグレイテストヒッツリリースとともに2012年にフェアウェル・ツアーと称した解散ツアーをすると発表。2012年7月にはアイルランドで解散ライヴを行ない、解散した。

解散とその後[編集]

シェーン・フィランはアルバムリリースを目指してソロ活動を行い、マーク・フィーリーはソングライターとして活動、ニッキー・バーンはスポーツ番組などの司会者とした活動するようである。またキーアン・イーガンはX-Factorなどにも興味を示しており、解散前ではあったがThe Voice of Irelandでコーチとして番組を盛り上げた。また、キーアン・イーガンは2013年にバンドを組んでツアーを行うことを発表している。しかしそれについての詳細は現時点では明かされていない。そのほか、キーアンはいくつかの音楽祭から声が掛かったがそれは断ったことを明かした。彼はまた朝の番組に出演するなど、すぐに公の場に姿を現している。

世界記録[編集]

7曲連続でUKチャート1位

2000年12月にリリースされた8曲目のシングル、"What Makes A Man"が2位にとどまり記録が止まる。

UKチャート1位最多獲得数

1999年5月から2006年11月にかけてウエストライフは14曲チャート1位を獲得。

デビューシングルからチャート1位最多連続獲得

デビューシングル、Swear It AgainからMy Loveにかけて7曲連続UKチャートで1位。

UKチャートトップ5にランクイン連続最多記録

1999年の"Swear It Again"から2007年の"Home"にかけて、9年間かけて22曲連続でトップ5にランクイン

1枚のアルバムで5曲のチャート1位シングル曲

デビューアルバム、"Westlife"から5曲、UKチャート1位を記録した。

ライブ活動[編集]

  • Where Dreams Come True Tour(2001年)
  • World Of Our Own Tour(2002年)(イギリス本土のみ)
  • The Greatest Hits Tour(2003年)
  • Turnaroud Tour(2004年)
  • The No1's Tour(2005年)
  • Face To Face Tour(2006年)
  • The Love World Tour(2007年)
  • Back Home Tour (2008年)
  • Where We Are Tour (2010年)
  • Gravity Tour (2011年)

来日公演[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
IRE
[2]
AUS
[3]
AUT
[4]
GER
[5]
NLD
[6]
NOR
[7]
NZ
[8]
SWE
[9]
SWI
[10]
UK
[11]
1999 Westlife
  • 発売日: 1999年11月1日
  • レーベル: BMG
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全英売上: 67万枚[12]
1 15 55 8 1 5 5 25 2
  • IRE: 15× プラチナ[13]
  • AUS: ゴールド[14]
  • NLD: ゴールド[15]
  • NZ: 2× プラチナ[16]
  • PHI: 25× プラチナ[17]
  • SWE: プラチナ[18]
  • UK: 5× プラチナ[19]
2000 Coast to Coast
  • 発売日: 2000年11月6日
  • レーベル: BMG
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全英売上: 168.5万枚[20]
1 40 59 19 13 6 2 3 38 1
  • IRE: 7× プラチナ[21]
  • AUS: ゴールド[22]
  • GER: ゴールド[23]
  • JPN: ゴールド[24]
  • NLD: ゴールド[15]
  • NZ: 4× プラチナ[25]
  • PHI: 9× プラチナ[17]
  • SWE: プラチナ[18]
  • SWI: ゴールド[26]
  • UK: 6× プラチナ[19]
2001 World of Our Own
  • 発売日: 2001年11月12日
  • レーベル: BMG
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全英売上: 120万枚[19]
1 9 8 10 7 3 1 19 1
  • AUT: ゴールド[27]
  • GER: ゴールド[23]
  • NLD: ゴールド[15]
  • NZ: 2× プラチナ[28]
  • SWE: プラチナ[29]
  • SWI: ゴールド[26]
  • UK: 4× プラチナ[19]
2003 Turnaround
  • 発売日: 2003年11月24日
  • レーベル: BMG
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全英売上: 60万枚[19]
1 42 20 33 37 42 5 24 1
  • SWE: ゴールド[30]
  • UK: 2× プラチナ[19]
2004 Allow Us to Be Frank
  • 発売日: 2004年11月6日
  • レーベル: BMG
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 60万枚[19]
2 30 32 5 75 3
  • UK: 2× プラチナ[19]
2005 Face to Face
  • 発売日: 2005年10月31日
  • レーベル: Sony BMG
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 130万枚[20]
1 1 18 30 7 9 14 1
  • IRE: 8× プラチナ[31]
  • AUS: プラチナ[32]
  • SWE: ゴールド[33]
  • UK: 4× プラチナ[19]
2006 The Love Album
  • 発売日: 2006年11月20日
  • レーベル: Sony BMG
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 100万枚[20]
1 11 49 34 49 1 2 3 27 1
  • IRE: 10× プラチナ[34]
  • AUS: プラチナ[32]
  • NZ: 3× プラチナ[35]
  • UK: 3× プラチナ[19]
2007 Back Home
  • 発売日: 2007年11月5日
  • レーベル: Sony BMG
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 90万枚[19]
1 14 65 45 48 18 12 33 19 1
  • IRE: 5× プラチナ[36]
  • NZ: ゴールド[37]
  • SWE: ゴールド[38]
  • UK: 3× プラチナ[19]
2009 Where We Are
  • 発売日: 2009年11月30日
  • レーベル: Sony
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 60万枚[19]
2 53 42 13 8 25 2
  • IRE: 3× プラチナ[39]
  • NZ: ゴールド[37]
  • SWE: ゴールド[40]
  • UK: 2× プラチナ[19]
2010 Gravity
  • 発売日: 2010年11月22日
  • レーベル: Sony
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 35.8万枚[20]
1 76 22 46 50 3
  • IRE: 2× プラチナ[39]
  • UK: プラチナ[19]
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

コンピレーション・アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
IRE
[2]
AUS
[3]
AUT
[4]
GER
[5]
NLD
[6]
NOR
[7]
NZ
[8]
SWE
[9]
SWI
[10]
UK
[11]
2000 No.1 Hits and Rare Tracks[41]
  • 発売日: 2000年8月23日
  • レーベル: BMG, RCA
  • フォーマット: CD
2001 Golden Hits[42]
  • 発売日: 2001年
  • レーベル: BMG, RCA
  • フォーマット: CD
2002 Grandes Exitos[42]
  • 発売日: 2002年
  • レーベル: BMG, RCA
  • フォーマット: CD
Unbreakable: The Greatest Hits Volume 1
  • 発売日: 2002年8月23日
  • レーベル: BMG
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全英売上: 200万枚[43]
1 66 14 7 3 10 1 2 14 1
  • NLD: ゴールド[15]
  • NZ: 2× プラチナ[37]
  • SWE: プラチナ[44]
  • SWI: ゴールド[26]
  • UK: 6× プラチナ[19]
2005 Released[45]
  • 発売日: 2005年3月28日
  • レーベル: Sony BMG
  • フォーマット: CD
2011 Greatest Hits
  • 発売日: 2011年11月18日
  • レーベル: Sony, RCA
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 60万枚[19]
1 75 64 31 17 46 96 4
  • IRE: 3× プラチナ[46]
  • UK: 2× プラチナ[19]
2014 The LoveSongs[47]
  • 発売日: 2014年3月3日
  • レーベル: Camden, Sony
  • フォーマット: digital download
89
Best of the Best[48]
  • 発売日: 2014年7月14日
  • レーベル: Sony
  • フォーマット: CD
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

ナンバー1シングル&トップ3[49][編集]

リリース日 タイトル タイトル(原題) アルバム名
1 1999年4月12日 "愛の誓い〜スウェアー・イット・アゲイン" "Swear It Again" ウエストライフ 2
2 1999年8月9日 "イフ・アイ・レット・ユー・ゴー" "If I Let You Go" ウエストライフ 1
3 1999年10月18日 "フライング・ウィズアウト・ウィングス" "Flying Without Wings" ウエストライフ 1
4 1999年12月6日 "アイ・ハヴ・ア・ドリーム / そよ風のバラード" "I Have a Dream / Season In The Sun" ウエストライフ 4
5 2000年3月17日 "フール・アゲイン" "Fool Again" ウエストライフ 1
6 2000年9月18日 "見つめて欲しい"(with マライア・キャリー "Against All Odds(Take A Look At Me Now)"with Mariah Carey コースト・トゥ・コースト 2
7 2000年10月31日 "マイ・ラヴ" "My Love" コースト・トゥ・コースト 1
8[50] 2000年12月18日 "ホワット・メイクス・ア・マン" "What Makes a Man" コースト・トゥ・コースト 2
9 2001年2月26日 "アップタウン・ガール" "Uptown Girl" コースト・トゥ・コースト 1
10 2001年11月5日 "クイーン・オブ・マイ・ハート" "Queen of My Heart" ワールド・オブ・アワ・オウン 1
11 2002年2月18日 "ワールド・オブ・アワ・オウン" "World of Our Own" ワールド・オブ・アワ・オウン 1
12 2002年10月28日 "アンブレイカブル" "Unbreakable" ザ・グレイテスト・ヒッツ〜アンブレイカブル〜 1
13 2003年11月10日 "哀しみのマンディ" "Mandy" ターンアラウンド 1
14 2005年10月24日 "ユー・レイズ・ミー・アップ" "You Raise Me Up" フェイス・トゥ・フェイス 2
15 2005年12月12日 "ホエン・ユウ・テル・ミイ・ザット・ユウ・ラブ・ミイ (with ダイアナ ロス)" "When You Tell Me That You Love Me(with Diana Ross)" フェイス・トゥ・フェイス 2
16 2006年11月 6日 "ローズ" "The Rose" ラブ・アルバム 1
17[50] 2007年10月29日 "ホーム" "Home" バック・ホーム 1
18[50] 2009年10月23日 "ワット・アバウト・ナウ" "What About Now" ホエア・ウィー・アー 2

脚注[編集]

  1. ^ 日本では過去に『ナンバー1ヒッツ&レアトラックス』として企画盤によるベスト的内容のアルバムを発売している。
  2. ^ a b Irish Charts > Westlife”. irish-charts.com Hung Medien. 2011年2月7日閲覧。
  3. ^ a b Australian Charts > Westlife”. australian-charts.com Hung Medien. 2011年2月7日閲覧。
  4. ^ a b Austrian Charts > Westlife” (German). austriancharts.at Hung Medien. 2011年2月7日閲覧。
  5. ^ a b Charverfolgung / Westlife / Longplay” (German). musicline.de PhonoNet. 2011年2月7日閲覧。
  6. ^ a b Dutch Album Charts > Westlife” (Dutch). dutchcharts.nl Hung Medien. 2011年8月30日閲覧。
  7. ^ a b Norwegian Charts > Westlife”. norwegiancharts.com Hung Medien. 2011年3月8日閲覧。
  8. ^ a b New Zealand Charts > Westlife”. charts.org.nz Hung Medien. 2011年2月8日閲覧。
  9. ^ a b Swedish Charts > Westlife”. swedishcharts.com Hung Medien. 2011年2月8日閲覧。
  10. ^ a b Swiss Charts > Westlife” (German). hitparade.ch Hung Medien. 2011年2月8日閲覧。
  11. ^ a b UK Charts > Westlife”. Official Charts Company. 2011年2月8日閲覧。
  12. ^ Google News Archive (1999年12月25日). “UK Awards Show Packs Retail Show”. Billboard Newspaper. 2015年12月23日閲覧。
  13. ^ Westlife biográfia – music.hu”. pop.music.hu. 2011年9月25日閲覧。
  14. ^ ARIA Charts > Accreditations > 2000 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2011年2月8日閲覧。
  15. ^ a b c d NVPI Goud & Platina” (Dutch). NVPI. 2011年2月8日閲覧。
  16. ^ RIANZ Top 50 Albums > 9 July 2000”. Recorded Music NZ. 2008年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  17. ^ a b Google News Archive (2001年5月15日). “Westlife brings Coast to Coast in Manila”. Philippine Daily Inquirer. 2012年4月8日閲覧。
  18. ^ a b IFPI Swedish Certifications > 2000 (PDF)”. International Federation of the Phonographic Industry. 2011年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r BPI Certified Awards”. British Phonographic Industry. 2011年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  20. ^ a b c d Jones, Alan (2011年11月28日). “Official Album Chart Analysis: Rihanna LP sells 163,819 units”. Music Week. 2011年11月29日閲覧。
  21. ^ Westlife's Christmas song chosen by fans: What makes a Man”. ShowBiz Ireland. 2012年2月9日閲覧。
  22. ^ ARIA Charts > Accreditations > 2001 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2011年2月8日閲覧。
  23. ^ a b "Gold-/Platin-Datenbank (Westlife)" (German). Bundesverband Musikindustrie. 2011年2月8日閲覧. 
  24. ^ RIAJ > The Record > July 2001 > Page 8 > Certified Awards (May 2001)” (Japanese). Recording Industry Association of Japan. 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月21日閲覧。
  25. ^ RIANZ Top 50 Albums > 2 September 2001”. Recording Industry Association of New Zealand. 2008年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  26. ^ a b c IFPI Switzerland > Edelmetall” (German). International Federation of the Phonographic Industry Hung Medien. 2011年8月28日閲覧。
  27. ^ IFPI Austria > Goud & Platin” (German). International Federation of the Phonographic Industry. 2010年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月28日閲覧。
  28. ^ RIANZ Top 50 Albums > 6 October 2002”. Recording Industry Association of New Zealand. 2008年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  29. ^ IFPI Swedish Certifications > 2001 (PDF)”. International Federation of the Phonographic Industry. 2011年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  30. ^ IFPI Swedish Certifications > 2003 (PDF)”. International Federation of the Phonographic Industry. 2012年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  31. ^ IRMA Certification Awardss > 2005”. Irish Recorded Music Association. 2009年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  32. ^ a b ARIA Charts > Accreditations > 2006 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2011年2月8日閲覧。
  33. ^ IFPI Swedish Certifications > 2006 (PDF)”. International Federation of the Phonographic Industry. 2012年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  34. ^ IRMA Certification Awards > 2006”. Irish Recorded Music Association. 2011年2月8日閲覧。
  35. ^ RIANZ Top 40 Albums > 5 March 2007”. Recording Industry Association of New Zealand. 2008年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  36. ^ IRMA Certification Awards > 2007”. Irish Recorded Music Association. 2011年2月8日閲覧。
  37. ^ a b c Latest Gold/Platinum Albums > Radioscope New Zealand”. Recording Industry Association of New Zealand. 2011年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  38. ^ IFPI Swedish Certifications > 2007 (PDF)”. International Federation of the Phonographic Industry. 2012年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  39. ^ a b IRMA Certification Awards > 2009”. Irish Recorded Music Association. 2011年2月8日閲覧。
  40. ^ IFPI Swedish Certifications > 2009 (PDF)”. International Federation of the Phonographic Industry. 2011年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  41. ^ Westlife – No.1 Hits & Rare Tracks”. Discogs (2014年8月23日). 2015年10月11日閲覧。
  42. ^ a b Westlife – Golden Hits”. 2015年10月2日閲覧。
  43. ^ Moss, Liv (2015年3月19日). “Official Biggest Selling Albums of the Millennium so far revealed!”. Official Charts Company. 2015年12月23日閲覧。
  44. ^ IFPI Swedish Certifications > 2002 (PDF)”. International Federation of the Phonographic Industry. 2012年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  45. ^ Westlife – Released”. Discogs (2014年3月28日). 2015年10月11日閲覧。
  46. ^ Jaclyn Ward (1962年10月1日). “The Irish Charts – All there is to know”. Irishcharts.ie. 2012年8月1日閲覧。
  47. ^ Westlife – The Lovesongs”. iTunes. Apple Inc.. 2015年10月2日閲覧。
  48. ^ Westlife – Best of the Best”. Discogs (2014年7月14日). 2015年10月11日閲覧。
  49. ^ 全英チャートに基づいて掲載。他のチャートで1位を獲得している場合あり。
  50. ^ a b c (8,18)の曲は2位、(17)の曲は3位となる。

外部リンク[編集]