キーアン・イーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キーアン・イーガン

キーアン・イーガンKian Egan本名:Kian John Francis Egan(キーアン・ジョン・フランシス・イーガン)1980年4月29日 - )アイルランドスライゴ出身の歌手。人気グループ、ウエストライフのメンバー。

来歴[編集]

生まれ故郷であるスライゴで高校を卒業し、パンク・ロックグループの一員として、そしてグループ、IOUのメンバーとして活躍した。ここで後にウエストライフを共に結成することになるシェーン・フィランマーク・フィリーと出会う。(IOU時代に仕上げた曲、"Don't Let Me Go"やWhen You Come Around"はウエストライフの3rdアルバム、"World Of Our Own"に収録されている)。多数の楽器をこなせ、主にギターを得意としており、コンサートなどではたびたび披露している。お気に入りのバンドとして、メタリカもあげている。

趣味はサーフィンで、休日はビーチで過ごすことが多い。

ウエストライフでは、バックコーラスを担当することが多く、ソロパートはほとんどない。しかし、メンバーであったブライアン・マックファーデンが脱退して5人から4人になってからはソロパートを受け持つことが多くなった。

2012年からはThe Voice of Irelandのコーチを務めている。

2014年にソロデビュー。3ヶ月という短期間で制作を強いられたイーガンは、1stアルバム"Home"をリリース。ソロデビューとしてはまずまずなセールスを記録し、現在は2015年のリリースを目指して、2ndアルバムを製作中。1stアルバムはお気に入りの10曲をカバーしたものであるが、2ndアルバムはオリジナル曲になるだろうと本人は公言している。なお、1stアルバムは「Westlifeから遠くないことをやっている」といっていたが、1stアルバムについては「Westlifeからかけ離れたものになる」と断言すると同時に「チャートインしなくても気にしない」とも述べている。

私生活[編集]

2007年12月25日に以前から交際していたイギリスの女優ジョディ・アルバート(Jodi Albert)と婚約。[1]

2009年5月8日に結婚する。[2]

2011年12月20日に第一子となる男児が誕生する。[3]コア(Koa)と命名。コアはハワイ語であり、「勇敢な」という意味を持っている。[4]

2015年5月21日に第二子となる男児が誕生する。ジーキー(Zekey)と命名。[5]

2017年3月30日(現地時間)に、第三子を授かったことをInstagramにて報告した。[6]

2017年9月29日(現地時間)に、第三子となる男児が誕生する。コビー(Cobi)と命名。[7]

脚注・出典[編集]