そよ風のバラード (テリー・ジャックスの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そよ風のバラード
テリー・ジャックスシングル
リリース 1974年
録音 1974年
ジャンル ポップ
レーベル Bell Records
チャート最高順位

1位(US、UK、カナダ、ドイツ) 84位(日本)

テンプレートを表示
Seasons In The Sun
ウエストライフシングル
収録アルバム ウエストライフ
A面 アイ・ハヴ・ア・ドリーム
B面 そよ風のバラード
リリース 1999年12月6日(UK)
録音 1999年
ジャンル ポップ
レーベル Sony BMG
チャート最高順位

1位(UK) 24位(ドイツ) 73位(US)

ウエストライフ シングル 年表
フライング・ウィズアウト・ウィングス
(1999年)
アイ・ハヴ・ア・ドリーム/そよ風のバラード
(1999年)
フール・アゲイン 
(2000年)
テンプレートを表示

Seasons In The Sun邦題:『そよ風のバラード』)は1974年に世界中でヒットしたテリー・ジャックス(Terry Jacks)の楽曲である。

概要[編集]

原曲はジャック・ブレル1961年に発表したシャンソン、"Le Moribond"("The Dying Man"、瀕死の人)。アップテンポのものとバラードと二つのヴァージョンがあるが一般にはバラードヴァージョンが広くカバーされている。この曲はアメリカの詩人歌手、ロッド・マッケン(Rod McKuen)によって英語に意訳[1]され、この翻訳された曲はキングストン・トリオ(The Kingston Trio)のボブ・シェーン(Bob Shane)によってレコーディングされた。しかしセールスは芳しくなかった。同じように、ザ・ビーチ・ボーイズが1970年にポピー・ファミリー(The Poppy Family)のテリー・ジャックス(Terry Jacks)のプロデュースで同曲をレコーディングしたが、結局発売しなかった。

ザ・ビーチ・ボーイズが発売しないことを決めた後、テリー・ジャックスは自らこの曲を歌うことを決意、1973年にレコーディングする。発売されたシングルは、テリーの母国カナダはもとより、アメリカビルボード(Billboard)Hot100では1974年3月2日から3月16日まで3週連続でチャート1位となり、この年の年間チャートでも2位となる大ヒットとなった。全世界での売上は1150万枚に達し[2]、しかし日本ではカントリー歌手ボビー・ライト(Bobby Wright)のヴァージョンと競作となり、大ヒットには至らなかった。

また、多くのアーティストがカバーをしている。ナナ・ムスクーリ、レイ・コニフ(Ray Conniff)、ルーベッツバッド・レリジョン、トゥーマッチジョイ(Too Much Joy)、ブラック・ボックス・レコーダー(Black Box Recorder)、ニルヴァーナブリンク182がその例で、最近では1999年ウエストライフがカバーをした。

参考文献[編集]

  1. ^ 原曲の「友と妻の不貞を知っていながら知らない振りをしてきた」という生々しい部分はオブラートに包み、一般大衆にも受け入れられるような抽象的表現に変えている。
  2. ^ 『Billboardただ1曲のスーパーヒット・2(1968~1984)』ウェイン・ジャンシック(著)、加藤秀樹(訳)、音楽之友社、1991年。ISBN 4276236126

外部リンク[編集]