インターシティー225

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インターシティー225
クラス91機関車、2003年当時のGNER社による塗装。
クラス91機関車、2003年当時のGNER社による塗装。
営業最高速度 200 km/h
設計最高速度 225 km/h
編成長 270 m(編成によって異なる)
車体長 19,410 mm(クラス91交流電気機関車)
23,400 mm(マーク4客車)
18,830mm(制御荷物車)
車体幅 27,400 mm
車両質量 84 t(クラス91電気機関車)
電気方式 交流2万5000V 架空電車線方式
編成出力 4700 kW
製造初年 1989年
製造メーカー BRELGECアルストム
備考 一部、週刊鉄道データファイルから引用
更新された1等車

インターシティー225(InterCity 225)はイギリスロンドンエディンバラ間を結ぶ客車列車で、ユーロスターを除くとクラス390電車と並びイギリスで一番速い列車である。「225」は設計最高速度が時速225キロであることに由来する。

歴史[編集]

イギリス国鉄時代の1990年に東海岸本線にて運行を開始し、ロンドン - エディンバラ間約630kmを約4時間半で結んだ。ロンドンのキングス・クロス駅を午前10時に発車する「フライング・スコッツマン」の運用にも投入された。

当初はAPT計画の一環として、1974年西海岸本線に試作導入されたAPT-Pに続いて東海岸本線へも投入予定があったが、APT自体が失敗続きで1980年代に計画が消滅した。インターシティー225はその代替として開発されたものである。

1996年の国鉄民営化後はGNERに継承、2007年からのナショナル・エクスプレス・イースト・コーストNational Express East Coast)、2009年からのイースト・コーストEast Coast)と運行会社の変遷を経て、2015年からはヴァージン・トレインズ・イースト・コーストが運用している。

車両[編集]

インターシティー225の編成の両端のうち片側は動力車91形Class 91)電気機関車、もう一方の片側は付随車の制御荷物車(Driving Van Trailer)がそれぞれ配置されたプッシュプル方式である。そして両車両の間には9両のマーク4客車を連結した合計11両で1編成として運用される。1988年から1991年にかけてGEC、メトロキャメル、BRERの製造製造により31編成が用意された。

運行路線の信号システムが高速運転に対応していないため、設計最高速度225km/hに対して運転最高速度は200km/hに留まっている。1995年6月にヨーク近郊で行われた高速走行試験では、時速154.1マイル(260.2km/h)を記録した。

2001年から2006年にかけて、マーク4客車の更新工事が「マラード計画」の一環として実施された。

都市間高速鉄道計画の一環により、インターシティー225は2017年より800系801系への置き換えが開始される。

関連項目[編集]

参考資料[編集]