ヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Italo
Italo
路線図

ヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリNuovo Trasporto Viaggiatori、以下NTV) はイタリア鉄道事業者である。

イタリアの高速新線TAV高速列車を運行することを目的に設立された。

概要[編集]

2006年12月に、フィアットの会長ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロトッズディエゴ・デッラ・ヴァッレ社長などの実業家が共同出資のうえ、設立された。欧州連合(EU)域内の国際旅客鉄道輸送自由化が背景にある。

Nuovo Trasporto Viaggiatoriとは「新旅客輸送」(in English, New Passengers Transport)を意味する。

2012年4月28日に開業した[1]。年間輸送人員は2015年時点で1,000万人/330億人キロを目標としている。

車両[編集]

アルストム製のAGVである[2]。11両(最大14両)編成で、最高時速360キロ、旅客定員は460名。

「イタリアの」という意味のイタロ(Italo)とよばれる車体は赤色(フェラーリと同じ色)に塗装される。車内のデザインはイタルデザインジウジアーロ)による。

運行区間[編集]

2013年10月現在の運行区間は、トリノ・ポルタ・スーザ駅 - ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅 - ミラノ・ロゴレード駅 - (レッジョ・エミーラ) - ボローニャ中央駅 - フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 - ローマ・オスティエンセ駅 - ローマ・ティブルティーナ駅 - ナポリ中央駅 - サレルノ駅及びローマ - フィレンツェ - ボローニャ - パドヴァ駅 - ヴェネツィア・メストレ駅 - ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅の2ルートである。 

予定区間 予定所要時間
ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅orミラノ・ロゴレード駅 - (フィレンツェ-ボローニャ) ローマ・ティブルティーナ駅orローマ・オスティエンセ駅 2:57 h (non-stop)
ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅orミラノ・ロゴレード駅 - フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 - ボローニャ中央駅 - ローマ・ティブルティーナ駅orローマ・オスティエンセ駅 3:30 h
トリノ・ポルタ・スーザ駅 - ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅orミラノ・ロゴレード駅 0:47 h
トリノ・ポルタ・スーザ駅 - ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅 - ボローニャ中央駅 - リミニ駅 - アンコナ駅 4:02 h
ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅orミラノ・ロゴレード駅 - ボローニャ中央駅 1:05 h
ボローニャ中央駅 - フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 0:37 h
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 - ローマ・ティブルティーナ駅orローマ・オスティエンセ駅 1:29 h
ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅orヴェネツィア・メストレ駅 - パドヴァ駅 - ボローニャ中央駅 - フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 - ローマ・ティブルティーナ駅orローマ・オスティエンセ駅 3:43 h
ローマ・ティブルティーナ駅orローマ・オスティエンセ駅 - ナポリ中央駅 1:10 h
ナポリ中央駅 - サレルノ駅 0:29 h

クラス[編集]

  • クラブ(ファーストクラス) - 1号車
  • プリマ(ビジネスクラス) - 2から5号車
  • スマート(エコノミークラス) - 6から11号車

料金設定[編集]

  • クラブ - Base
  • プリマ - Economy、Base
  • スマート(エコノミー) - Low Cost、Economy、Base

脚注[編集]

  1. ^ 「イタリアで高速列車“.italo”が運行開始」、『鉄道ジャーナル』第46巻第8号、鉄道ジャーナル社2012年8月、 74-75頁。
  2. ^ “仏アルストム、次世代高速列車AGVの大型契約を受注”. AFPBB News (フランス通信社). (2008年1月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/2336284?pid=2521843 2017年11月7日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]