ボローニャ-フィレンツェ高速線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボローニャ-フィレンツェ高速線
基本情報
イタリアの旗 イタリア
起点 ボローニャ
終点 フィレンツェ
開業 2009年
運営者 イタリア鉄道
路線諸元
路線距離 78.5 km
軌間 1,435 mm
電化方式 交流 25 kV 50 Hz
最高速度 300 km/h
テンプレートを表示

ボローニャ-フィレンツェ高速線 (イタリア語: Ferrovia Bologna-Firenze) はイタリアの主要な高速鉄道路線である。2009年12月5日に開業し、以前は59分を要していたボローニャ - フィレンツェ間の所要時間が37分に短縮された[1]欧州横断ネットワークイタリア語版(TEN-T)の1号線(ベルリン - ミュンヘン - ローマ - パレルモ)の一部を形成している[2]

概要[編集]

起点はボローニャ中央駅、終点はフィレンツェ・カステッロ駅イタリア語版であるが、全列車がフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に乗り入れる。ボローニャ中央駅にてミラノ-ボローニャ高速線パドヴァ-ボローニャ線イタリア語版およびボローニャ-ヴェローナ線と接続し、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅にてフィレンツェ-ローマ高速線と接続する。高速旅客列車のための路線ではあるが、一部の優等列車は高速新線開業後も旧線であるボローニャ-フィレンツェ線イタリア語版を経由している。

脚注[編集]

関連項目[編集]