フレッチャロッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタリア高速新線網

フレッチャロッサ (Frecciarossa) は、イタリアの鉄道会社トレニタリアが運行する高速列車の名称。ETR500を用い最高速度300km/hで走行する列車として2008年12月に初めて設定された。2012年6月には、それまで高速鉄道サービスとして展開していたユーロスター・イタリアを廃止し、フレッチャロッサフレッチャルジェント(Frecciargento)の2つのカテゴリーに完全に振り分けた。2015年6月14日からは、新型車両ETR400を使用したフレッチャロッサ1000(Frecciarossa1000)が運行を開始した。

フレッチャロッサは『赤い矢』、フレッチャルジェントは『銀の矢』という意味の造語である。

2014年冬ダイヤでは、ローマ・テルミニ駅ミラノ中央駅をノンストップで結ぶ幹線系統に1時間に1本(1日19本)の列車が運行され、その一部はトリノナポリまで延長運転されている列車もある。また、途中停車ありでミラノ中央駅ナポリ中央駅を結ぶ幹線系統も1時間に1本運行され、この列車は途中ボローニャフィレンツェローマ・ティブルティーナ駅に停車する[1]

2014年冬ダイヤにおける各駅間の所要時間の例として、途中停車しないタイプである9614列車のローマ・テルミニ駅ミラノ中央駅間の所要時間は2時間55分である[2]

車両[編集]

ETR500型電車[編集]

ETR500

フレッチャロッサの運行開始時から使用されている車両で、最高速度は300km/h。11両編成で運行されている。

座席は4つのクラスが導入されており、上位よりエクゼクティブ、ビジネス、プレミアム、スタンダードである。エクゼクティブクラスの乗客には、飲み物や食事、新聞、雑誌が無料で提供され、ビジネス、プレミアムの各クラスの乗客にはウエルカム・ドリンク(飲み物と菓子)と新聞(13時まで)が無料で提供される。また、食堂車が連結されている[1]

ETR400型電車[編集]

ETR400

2015年から運行を開始した車両で、フレッチャロッサ1000、ETR1000とも呼ばれる。営業最高速度はETR500と同じく300km/hだが、将来は360km/hでの運行も視野に入れている。8両固定編成となっているが、2編成を繋げ16両編成で運行する場合もある。

座席はETR500と同じ4クラス制である。

運行区間[編集]

2019年現在は以下の区間で運行している[3]

  • トリノ - ミラノ - レッジョ・エミリア - ボローニャ - フィレンツェ - ローマ - ナポリ - サレルノ
  • トリノ - ミラノ - ブレシア - ヴェローナ - パドヴァ - ヴェネツィア - トリエステ
  • ベルガモ - ブレシア - ヴェローナ - ボローニャ - フィレンツェ - ローマ
  • トリノ - ミラノ - ブレシア - ヴェローナ - パドヴァ - ヴェネツィア - トレヴィーゾ - ウーディネ
  • ジェノヴァ - パヴィーア - ミラノ - ブレシア - ヴェローナ - パドヴァ - ヴェネツィア
  • ヴェネツィア - パドヴァ - ボローニャ - フィレンツェ - ローマ - ナポリ - サレルノ
  • ヴェネツィア - パドヴァ - ボローニャ - フィレンツェ - ローマ - フィウミチーノ空港
  • トリノ - ミラノ - レッジョ・エミリア - ボローニャ - フィレンツェ - ローマ - ナポリ - サレルノ - ターラント
  • トリノ - ミラノ - レッジョ・エミリア - ボローニャ - リミニ - ペーザロ - アンコーナ - ペスカーラ - バーリ - ブリンディジ - レッチェ
  • ペルージャ - アレッツォ - フィレンツェ - ボローニャ - レッジョ・エミリア - ミラノ - トリノ
  • ヴェネツィア - パドヴァ - ボローニャ - フィレンツェ - ローマ - ナポリ - サレルノ - サプリ
  • ナポリ - ローマ - フィレンツェ - ボローニャ - ミラノ - ブレシア

事故[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b イタリア鉄道オフィシャルページ Frecciargento http://www.trenitalia.com/cms/v/index.jsp?vgnextoid=89ddbd6bc1abf310VgnVCM1000008916f90aRCRD (英語)
  2. ^ トレニタリア 列車検索による http://www.trenitalia.com
  3. ^ Collegamenti e servizi Frecciarossa”. 2019年12月5日閲覧。
  4. ^ “イタリア「高速列車脱線」早期回復のカラクリ”. 東洋経済オンライン. (2020年2月13日). https://toyokeizai.net/articles/-/329956 2020年10月31日閲覧。