フェッロヴィーエ・デッロ・スタート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェッロヴィーエ・デッロ・スタート
203
Sede Centrale FS.jpg
本社建屋
営業権: トレニタリア(列車の運行業務)
レーテ・フェッロヴィアーリア・イタリアーナ(路線の管理)
主な運営地域: イタリアの旗 イタリア
テンプレートを表示

フェッロヴィーエ・デッロ・スタート (Ferrovie dello Stato S.p.A.) は、イタリア鉄道会社である。名称はイタリア語で「国有鉄道」(直訳では「国の鉄道」)を意味する。

概要[編集]

1905年に設立された当時は国営であったが、1985年公社化、1992年には国が株式を保有する株式会社となり、2001年には持株会社となった。

略称で「FS S.p.A.(エッフェ・エッセ、エッフェッセ)」と呼ばれることも多いが、以前のままイタリア国鉄と訳されたり、イタリア鉄道と意訳される場合もある。現在は、グループ会社のトレニタリア列車の運行、RFIが鉄道網の管理業務を行っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]