トレニタリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トレニタリア
Trenitalia SpA
種類 国有企業 子会社
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
ローマ
設立 2000年
業種 運輸業
事業内容 旅客列車、貨物列車の運行
代表者 Marco Zanichelli, Presidente (Chairman)
Vincenzo Soprano, Amministratore delegato (CEO)
売上高 減少 54億9800万ユーロ (2012)[1]
営業利益 増加 3億4190万ユーロ (2012)[1]
純利益 増加 2億6050万ユーロ (2012)[1]
従業員数 減少 34,819人 (2012年末)[1]
主要株主 Ferrovie dello Stato Italiane
主要子会社 Thello (50%)
Trenord (50%)
外部リンク www.trenitalia.com
テンプレートを表示
フレッチャロッサ
ミラノ中央駅に停車するTAV塗装ETR500列車。 横の機関車はE402B(左)E632 (右)
インターシティの車両
トレニタリアのロゴ
自動券売機

トレニタリアTrenitalia) は、イタリアの国鉄 (Ferrovie dello StatoFS) の列車運行業務を引き継ぐ民営鉄道会社である。

概要[編集]

トレニタリアは、イタリアの国鉄 (Ferrovie dello Stato) の業務を引き継ぐ民営鉄道会社だが、イタリア国鉄自体は民営化しフェッロヴィーエ・デッロ・スタート株式会社 (Ferrovie dello Stato S.p.A.) となり、トレニタリアの株式を全てもつ親会社である。よって略称は国鉄時代を引き継ぎFSのままになっている。

長靴のようなイタリア全土をくまなくめぐり、主な電化方式は直流3000Vである。従来より日本と同様な電車列車に主力を置き、電車による特急列車も1930年代から運転している。

またこれらの特急型の電車は特にETR型と称し、連接型台車とカルダン駆動による先進的な設計であった。ETR200ETR250、ETR300(セッテベロ)が製造され、これらが発展してETR400(ペンドリーノ)やオイロスター・イタリアとなった。

路線[編集]

路線営業キロは約1万6000kmで、面積あたりの路線密度としては日本とほぼ同じ程度となる。ただ、イタリアの国内格差同様、ミラノトリノジェノヴァの3大都市を擁し、スイスフランスと国境を接する北部の鉄道網が密なのに対して、南部の鉄道網は北部ほどには密ではなくなる。

山岳国であるだけに電化率は約7割と高い。電化方式は直流3000Vを標準とする。一方で山岳国であることは、必然的にカーブが多い線形となる。そのため電車気動車のような分散動力車の技術、あるいは車体傾斜車両の技術が古くから発展してきているほか、都市間をより直線的に結ぶ高速線(ディレッティシマ)の建設も(スローペースながら)古くから進められている。この国土条件により、フランスドイツとは異なる技術過程を歩んできた「鉄道先進国」である。

複線化率は約4割で、左側通行である。

列車種別[編集]

トレニタリアに設定されている列車種別は、概ね以下のようなものがある。

優等列車[編集]

Frecciarossa(フレッチャロッサ)
「赤い矢」の意味。ETR500型およびETR400型による高速列車で、イタリアの「看板列車」である。高速新線(ディレッティシマ)を最高速度300km/hで走る。
Frecciargento(フレッチャアルジェント)
「銀の矢」の意味。ETR485型ETR600型又はETR610型車体傾斜式電車ペンドリーノ)による高速列車で、ディレッティシマを最高速度250km/hで走る。
Frecciabianca(フレッチャビアンカ)
「白い矢」の意味。都市間長距離列車で、機関車+客車の編成で運用される。運賃面でもInterCityより一段高い特急列車。
InterCity(インテルシティ)
イタリア国内の都市間を結ぶ特急列車。機関車+客車の編成で運用される。
EuroCity(ユーロシティ)
イタリアの都市と、国外の都市間を結ぶ国際特急列車。スイス方面へ運転されていたCisalpino(チザルピーノ; ETR470型又はETR610型電車により運行)も、チザルピーノ社営業終了に伴いユーロシティに統合された。ミラノフランスパリを結ぶ列車にはフランスのTGVが使用されるが、イタリア国内はユーロシティの列車種別で運転される。
InterCity Notte(インテルシティ・ノッテ)
イタリア国内の都市間を結ぶ夜行列車
EuroNight(ユーロナイト)
ヨーロッパの都市間を結ぶ国際夜行列車。

ローカル列車[編集]

Regionale Veloce(レジョナーレ・ヴェローチェ)
中距離運行の快速列車
Regionale(レジョナーレ)
普通列車

過去の列車種別[編集]

Diretto(ディレット)
快速(準急)列車2006年12月改正でRegionaleに統合。
Interregionale(インテルレジョナーレ)
比較的長い距離を走った普通列車。いくつかの駅を通過することもある。2006年12月改正でRegionaleに統合。
TrenOK(トレノーケー)
ローマミラノローマバーリを結んだ格安特急列車。全車2等車で、初代ペンドリーノのETR450型電車が使用された。2007年12月改正で廃止。
T-Biz(ティ・ビズ)
全車ビジネスクラスのビジネス特急。ミラノローマを、途中ボローニャのみの停車で運行する。平日のみ1日2往復が運転され、ETR480型電車が使用されたが、2008年12月改正でEurostar Italia Alta Velocitàに置き換えられた。
InterCity Plus(インテルシティ・プラス)
リニューアル客車を使用した全車指定席の特急列車。2009年6月改正で廃止され、Eurostar Cityに置き換えられたもの以外はInterCityに格下げされた。なお、同改正でInterCityも全車指定席となっている。
Eurostar Italia Alta Velocità(エウロスター・イタリア アルタ・ヴェロチタ)
2008年12月ダイヤ改正でディレッティシマを走る高速列車の種別として制定。2012年6月改正で、車両形式に応じFrecciarossaとFrecciargentoに分離された。
Eurostar City(エウロスター・シティ)
2006年12月ダイヤ改正で東海岸ルートのミラノ~レッチェ間に1日1往復運行されたが、2009年6月改正でInterCity Plusの多くが本種別に移行し、本数・走行線区とも大幅に増えた。2011年12月改正でFrecciabiancaに改称された。
Eurostar Italia(エウロスター・イタリア)
かつてイタリアの「看板列車」として、主にディレッティシマを走る列車の名称だったが、2012年6月ダイヤ改正でETR460型車体傾斜式電車(ペンドリーノ)で運行される在来線特急列車の名称となっていた。2012年12月ダイヤ改正でFrecciabiancaに統合された。
Espresso(エスプレッソ)
急行列車。末期は夜行列車の列車種別となっていたが、2012年12月ダイヤ改正でInterCity Notteに統合された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Financial Statements 2012”. Ferrovie dello Stato. 2013年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]