V250 (鉄道車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
V250
Fyra V250 4806.jpg
営業最高速度 250 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
減速度 4.3 km/h/s(常用最大)
編成定員 127人(1等車),419人(2等車)
最大寸法
(長・幅・高)
24,500mm×2,870mm×4,080mm
編成質量 432t
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25 kV,15 kV,直流3kV,1.5kV
編成出力 5,500 kW
保安装置 LZB
TVM
ERTMS/ETCS
BAcc/SCM
製造メーカー アンサルドブレーダ
ピニンファリーナ

V250は、ピニンファリーナスタイリングし、アンサルドブレーダが製造する、オランダ高速新線用の高速鉄道車両で、19編成が発注中である。

オランダ高速鉄道NS Hispeed)によって運行されるオランダ南高速線HSL-Zuid )や、ベルギー高速鉄道4号線HSL 4)沿線を結ぶシャトル列車フィーラFyra)に導入予定で、V250の名称は列車の営業最高速度である250km/hに由来している。他の高速鉄道車両に比べるとやや低い速度であるが、最高速度が160km/hであった従来のオランダの列車に比べると著しく高速化されている。独特の外観から、アルバトロスAlbatross)やドードーDodo)のあだ名の他、カモノハシに例えられることもある。

運行計画[編集]

車両はヨーロッパの主要な電化方式に対応した複電圧車で各国の自動列車保安装置にも対応している。ドイツでの走行も可能だが、アムステルダムロッテルダムハーグブレダアントウェルペンブリュッセルそれぞれを結ぶシャトル列車に投入されるため、ドイツまで直通する運行計画は無い。

もともとは2007年に引き渡される予定であったが計画は遅れ、2008年8月にプロトタイプチェコの試験線に配備され、2009年4月28日に最初のV250の編成がオランダに到着した[1]

2012年12月より運行が開始されたものの開始直後から車両に関する各種不具合や積雪による破損などが発生したため、2013年1月に運休が決まった。ベルギー国鉄は2013年5月末をもって車両購入中止を決定。オランダ高速鉄道も5月3日に撤退を表明し、同国政府が7日に了承した[2]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.youtube.com/view_play_list?p=2EDAE9401382C468
  2. ^ 高速列車、半年で廃止=トラブル相次ぐ-オランダ・ベルギー